道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/20(日)18:25
繰り返すように1ヶ月前の事なんですが…背中丸め乍ら書きます。
その1のつづきです。

家族対抗歌合戦
本当にメンバーのご家族を出演させるとは!
一日目はMC破壊、審査員暴動、審査委員長暴動のお母様、そして出場者がカヲルさんの御両親、石鹸の御両親、そして遅刻の御両親と弟さんと言う顔ぶれ。
先程までの大物総合司会っぷりとはうってかわって身を小さくして登場したカヲルさんに笑う。
落ち着かない暴動の笑顔全開に和む。
トップバッターカヲルさんのお父様が歌い出す時暴動と破壊が爆笑している。カヲルお父様がステージ中央から何故か下手の方にピッと斜め向いたまま歌っていらっしゃる。次にカヲルお母様が歌う時に破壊がすかさず「こちら向いて下さいね」と同じ方向を示して、笑った。
それと、審査する直前で暴動お母様が暴動にヘッドホンちゃんとつけるようにアドバイス。
「ヘッドホンのコードは実は途切れていて繋がっていないので寧ろ聞こえづらくなるんですけどね」とか言い乍ら審査委員長の使命感の熱さに舌を巻く暴動。
カヲルさんのお母様が偶々破壊の質問に答えなかった時に「無視ですか?僕も息子さん無視するからおあいこですよね」。
石鹸の御両親は手を繋いで登場!ああなりたいものだと羨ましくなった。普通に。
マトリョーシカの様に大中小と並んだ姿が可愛い。歌の後で1句、の構成が謎で笑った。

そして次は?と待ち構えていたら遅刻登場にどよめく観客。
家族を出すといわれて真剣に魂脱退を考えたと言う悩める遅刻。
御両親と「1頭身」と遅刻に呼ばれる弟ススムさん。遅刻と異なるがっしりした体型に感嘆の声。
「遅く刻む」名前のフォローをするお母様に和む。
そして何と遅刻も加わり一家の熱唱。優勝を攫って行きました。

審査委員長の「審査」は日本舞踊で。あの噂の「冬のソナタ」で!あの「ヨン様!」(合いの手)でお馴染みの!曲名聞いた時凄く嬉しかったです。
踊りを始める事に専心しスタート位置に付く審査委員長、それを追っかけて行く破壊、苦笑する暴動の姿になんかほのぼのした。一緒に行った友人曰く踊りの間暴動はまともに顔を上げていられなかったそうで。「審査中です」笑った。


向井秀徳さん。うっとり。良い声だあ。日が傾いて来てバラード。アコースティックギター。生で聞けて嬉しい。カバーも歌っていました。「恋しちゃったんだ♪」
曲終わり、左側バルコニーに、ナベアツシ登場!観客が大移動するのが凄い。ミューズパーク関係者に叱られるんじゃないかと危惧する様な天井の見立てをしやがりましてあえて書きませんが、その後の、女性にむかって「どけ!○○○」と繰り返したのは笑いました。すいません。まあその血を飲め!だからな。ナベアツシ。
そのまま向井徳次郎さん登場。中州元気くんも登場!秩父に吹き荒れる血なまぐさい旋律。
良々さんDJタイム。ヘッドホンオンヘッドギア。曲お洒落でした。DJタイムだし踊っていいのかとも思いましたがなんかそんな雰囲気でもなかったので小さく体揺らしといた。

いよいよグループ魂!
暴動が予告していた通り新アルバムの歌が主でしたね。
聞き込みが足りなくて「?」を時折点灯させあやうい足取りながらも、のった。
前に書きましたが破壊が皆ちゃんとアルバム聞いたかテストする為に「パッパッパッパッパッパッパッとしねえ!」とコールしたんだけど私は答えられなかった。家帰って歌詞見てみたら「どうせ天気もパッとしねえ!」か!粋なコールだったじゃないか!その直前に天気悪いねーみたいな流れだったんだよね。不甲斐無いや自分。つぎちゃんとするから。

「アイサツはハイセツよりタイセツ」破壊と暴動のツインボーカルって画で見られて嬉しい。凄く格好いい絵面だと思う。「High School」可愛いよね。絵で見たい歌なんだがPVないんだろうか。ぴょんぴょん跳ねた。
「欧陽菲菲」すごく格好良かったーーー!アルバム一度聞いた時から大好きな曲で是非ライブで聞きたいと思っていたのでこればっかりはまだ馴染みの薄い新曲の中でもイントロで大喜びした。「暑いですね」は破壊が言いました。格好いい。やりなおしさせて冒頭二回やったけど二回目の「暑いですね」を1回目よりおざなりにしたのもツボりました。カヲルさんとバイト君の踊りもいいんだよね。

不確かな話ですけど。
「沖縄行きたい」の時だと思うのですがプチざわめく近辺。何事かと思ったら、先程歌合戦に出ていた出演者のお父様が通路に。温かく迎え喜ぶ周囲の観客。んでも何で?と思ったら何か探しているご様子。
こっから先、想像も混じるのですけど、席を探していたのかな?と。
というのは私は芝生席の、前から数列目だったのですけど、芝生席の一番前が17列目で、結構空席が目立っていたんですよね。で、魂近くになったら結構後ろから移動して来た人たちがいて、通路に座っちゃったり空いているスペースに入ったりして係員の人に注意されたりされなかったりで、で、17列目にも空いているから(「空けて」あったのかと思うんですが)って、ずっと私の近くの席だった人が魂の時に移動して座っていて、その辺りをメンバーのお父様が席番確かめていて、それに気付いたその座った人が慌てて退きます、って言っている様だったんだけど。メンバーのお父様はいいよいいよーって遠慮した感じで笑って去って行ってしまいましたという。
以上、確実とは言えないんですが、自分の席じゃない所に移動していたのは事実な訳で。
確かに17列目は芝生とは言えギリ屋根に入って雨に濡れにくいとは思うんですが。……野外、指定席、肚、決めようぜ。

私は雨に濡れる席でしたが、指定席にしてもらったのは有難かったです。と言うのは空き時間に顔田さんのマジックや紙オケやバイト君の絵等、ちょっと後ろに行ってそれらを楽しんで来て戻ってこれたり、自由に行き来出来て、色々楽しめたから。観客に向けて盛り沢山に詰めてくれる思いに嬉しくなったから。ミニ大人フェスぽくて楽しかった。
雨も、一日目はそんなでもなかったと思うんですが。まさに「パッとしねえ」空模様で日射しにぶっ倒れる心配もなく私はこれ幸いくらいに感じたけどな。雨もステージが楽しくて気にならなかった。終了間際カヲルさんの三三七拍子辺りから激しくなりましたけどね。

「おかあさん」
歌合戦に出て来た各お母さんが着物で再集結。ポンポン持ってそれぞれ「産んだ覚えのある」息子の横で応援。破壊が明日の事を気にしているのが可笑しい。次の日、見ていないけど破壊はオリジナルなメッセージを言ったのでしょうか。ひと味違った趣きの「おかあさん」和み笑える光景でした。

「SSABLH06」は聞きたかったので嬉しい!夏フェスっぽいから。
「TMC」は最早アンコールの定番なのか。毎度これで走り切って放熱して清清しく燃え尽きる印象。

最近のアンコール請負人、中村屋華左右門登場。
「くん兄さんVSアン姉さん」破壊のタガの外れ具合の見せ処。確認処。
でも罪深きは彼一人じゃない。のけぞって爆笑する暴動。
破壊の暴走をただひたすら傍らで笑って眺めるように見えて、しかし辞めさせ時のギター切掛を出すのはこの人な訳で。
ああ、緑深き秩父の奥地で猥歌(二文字で纏めるな)。
まあこんな山奥じゃ何歌ってもだいじょう
「駅まで飛んで行けー!」……惚れるしかねえな。
カヲルさん叱咤登場。「おかあさんたち、昏ーい(←あえてこの字で書いてみる)顔していたよ?」

その他ミニネタ。
バイト君は魂の演奏順までに絵を完成させるミッション。暴動のお題で「地獄」にメンバーと自分。破壊を忘れ会場からブーイング。「伝説の少女」で裸の女性の局部を林檎で隠し、その林檎にカヲルさんが「何あれ?」とまあ予想通りの言葉を。その時のバイト君の「違!バッ…」って急いたツッコミと暴動の「何でも思った事口にすりゃイイって訳ではないんですよ」に笑った。小園のお題「あると思います」は「吟じます!」のあれでしょうか。関係ないがゴールデン仕様の「和らげた」バージョンもそれはそれで聞き手に想像させて趣きがあっていいよね。関係ないが。

左右にあるバルコニーからは出番のない人がステージを眺める事も。平岩紙ちゃんと近藤公園さんがいらしていて、気付いた観客が手を振ったり。応えたり。ちょっと王室。

顔田さんのマジックの歓声に、横で絵を描いていたバイト君が反応してみたりしていて楽しかった。

色々書きましたが、まとめると楽しかった!の一言につきます。
主体でフェスをやるって改めて凄い。一日楽しませちゃうんだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。