道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/06(火)01:05
ブログ休んでいる最中にサバンナの京風トークライブに行ったんです。
すごく今更ですが感想。記憶曖昧になっています。色々間違っていたらゴメンナサイ。

草月ホール。4/6(日)。
開演前、赤い茶店風のセットに流れる琴の音。
登場したサバンナのお二人。高橋さん会場見るなり「嘘でしょ?」と一言。何が?と思いきや始まる直前迄八木さんが「お客が二人しか入っていないらしい!」との噂を聞き騒いでいたとか。実際は入っていたので、見回して驚いたと。ちなみに八木さんよくいじられていたお馴染みの服で無くおニューの服でしたよー。

いつも単独ライブのタイトルは高橋さんが決めるそうで「何で京風?」と八木さんが聞いたらこのセットとか琴の音とか…だと説明。あと、おみくじを引いて出て来たテーマにそってトーク、というあたりも。いつの間にか八木さんがおみくじ係になってこきつかわれいました。

因みに「京風トークライブ」を「恐怖のトークライブ」と八木さんは初め聞き違えていたらしい。
野性爆弾ロッシーの話になって、八木さんが「俺も色々深く考え過ぎてしまう方やけど、ロッシーもそうやから…」って言っていて、ロッシーを語る時「天然」て多く用いられる言葉だと思うんだけど、八木さんはそこから一歩踏み込んでいると言うか、理解、通じ合っている感じがして流石と思いました。
「考え過ぎる」の内容とは、「ポストが赤いのは何故」とか(これちょっと怖かった)、
あと「シュウマイにグリーンピースが乗っているは何故なのか?」等で、二人で話し合ってロッシー「シュウマイの中央を表す」とか八木さん「数を数え易いようにじゃないだろうか」(←これちょっと感動したんだけど)、等の意見が出たらしいです。「その内『ロッシーと八木の恐怖のトークライブ』を是非ね」と高橋さんが言っていて……本当に開催されたら凄い行きたいぞ!吉本興業さん本気で御検討を!

二人のみのトークライブの後、ゲストを交えて。
ゲストは順にCOWCOW、土肥ポン太さん、FUJIWARA!嬉しいキャスティングです。
FUJIWARAの登場時に呼んでも暫く出て来なくて、舞台袖を見て高橋さんが笑っている、と思ったらCOWCOWの真似してゆっくりにやにやあの感じで登場したので笑いました。
FUJIWARAとは「ブッサイ君」や「超合金」の思い出話なども。高橋さんVS藤本さん「はい自分の単独ライブですべったー!」とか、の構図が可笑しかった。FUJIWARA堂々としていて余裕で面白くて格好良かったなあ。


楽しい話ばかりでしたが。いくつか。順不同。

八木さんのブログの話。高橋さんも時々読むそうで(仲いいなあ)
4/1、「ネコに噛まれました」そのすぐ後のエントリ「嘘ですビックリした?」とあって
高橋さん「しょうも無い嘘書くな!」って、私もあれは笑いました。その後「最近の犬の写真見た?」「見ていない」「見てへんの?めっちゃ可愛い犬の写真!鼻と目の大きさが一緒なん!」4/4のですね。あれは可愛かったー!可愛さの余り写真とってアップしちゃう八木さんのブログ大好き。

COWCOWがギャグで「EXILE先生」をネタにしていたら本物のエグザイルと食事する事になった、その際多田さんがファンの人に本物のUSAさんと間違われた。因みに八木さんはホリエモン(ちゃんと堀江社長って言っていたのがなんかツボ)と食事する機会があって二人きりになった時間、何喋ればいいか戸惑ったそう。

マキシマムザホルモンのダイスケはんに会ってCDを貰った高橋さんが、聴いたらすごいハマって、マキシマムザホルモンばかりヘビロテで聞いている最中にマキシマムザ亮君に偶然駅で会った(初対面)、「ああ、今聴いていて、CD、ダイスケはんに!ダイスケはんに!」と興奮して話し掛けるも、事情を知らない、高橋さんの事も知らないお相手はキョトン。その間に高橋さんにサインを求めるおじさんが現れてサインをし乍ら興奮して話し続ける高橋さん。「こいつ急に話し掛けて来るしサイン求められているし、何者なんやと思ったと思う」

数年前、八木さんが「スプーン!パフェのスプーン!」というギャグをやっていた頃、家のポストにスプーンが落書きされた。数日後そのスプーンにプリンが乗って描かれていてストーリー展開して行った話、を八木さんが話していて高橋さんが微妙な表情で聞いているなと思ったら「それ、描いたん俺やで」「アレお前!?」場内拍手&笑いでゆれた。「何年も、黙っていて今白状したん?」



後半は全員集合でゲーム対決。わーい!サンサンテレビみたいだ。
八木ちゃんのゲームワールド、の音楽が流れて派手なジャケット着込んだ八木ちゃんが登場して感動した。今迄と切り替えた高橋さんの仕切り声の張りに惚れ惚れする。

ゲーム1「はりあい」舞台上で離れた所に二人が立ち、お互いジャンプで好きな所迄近付いて行って、相手に手が届くと感じたらビンタ、当てる事が出来たら勝ち。途中から「避けるのあり」とかルール改正を経て、(私はゲームを行う際の八木さんの一種の厳しい律が好きだ)後の方は三方向から三人で対決して面白かった。

ゲーム2「ギャグカードバトル」
原西さん、多田さん、八木さんとギャガーが集合と言う事でカードゲームのように他の出演者が三人の名前カードを出してギャグをさせ、一番受けた人のカードを出したプレイヤーが勝ち、というルール。
この際、藤本さん(※だったかな?)が「ホンマにこのゲーム八木が考えたんか、大丈夫か~?」みたいに煽ったんだけど、八木さんが自信満々に舞台端からゆっくりと歩み寄って来て、「オール新ネタですよ!」と胸を張り…
一瞬の沈黙と緊張、そして弛緩と集合、総ツッコミ。
うわわ八木さんの天然を生で体験してしまった!鳥肌。嬉しい。場内爆笑。すごい。これかあー!感動した。
※台詞も不確かなんだけど何にせよ八木さんの返しは、ずれていた。
その後はギャガーの競演を楽しみました。贅沢。八木さんは本当にオール新ネタでしたよ。ギャグっていいよなあ。笑いに身を晒し、包まれて改めて。

この他、いつのタイミングだか定かではありませんが、八木さんがバーッと喋った後に高橋さんが「…今のお客さんの気持ち代弁しようか?『あれ?迷子になったン私だけ?』って。」と八木さんのちょっと纏まらなかった話を整理していたり、可笑しかった。いいコンビですね本当。

二時間楽しかったです。
又東京でどんどんライブやって欲しいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。