道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/28(日)01:05
自虐の詩 (上)
自虐の詩 (上)


自虐の詩 (下)
自虐の詩 (下)



映画化される、という話を聞いていたら無性に読み返したくなったので読む。泣く。毎回、読む度に泣く。堪らない。後半。ラストページなんて鼻水。
それどころか、上巻の解説の内田春菊さんも仰っているけど、読み返す度に感動する場所が増えている。
泣きどころだけじゃなくて、心に留まる所。
毎日働いて、「日常」が待っている幸江さんと、部屋で寝転がるイサオの時の流れが違うこと、作者の業田良家さんは何回も繰り返しているから描きたかった所だろうに、なんか今迄は余り気に止めなかったけれど今回読み返したら凄く面白いと感じた。
エビの尻尾が上アゴに刺さる所、私も好きです。細かい所も「わかるわかる」って心に響いて来る。だから笑うし、泣く。

映画は昨日から公開。
まだ見ていないけど、まず私が映画化の話を聞いた時に気にかかったのは熊本さんのキャスティングだ。「熊本さんは?誰なの?似合うの?」熊本さんでしょう。まず。
成人後のキャストがアジャ・コングさんだと聞いて期待が膨らみました。似合う!ハマる筈!

定食屋の主人は遠藤憲一さんなんだね。格好いいな。幸江さんはそれでもよろめかないんだろうな。名前や宣伝の写真だけで見ると幸江さんが中谷美紀さんというのは美しすぎる気もするが実際に作品の演技を見れば、はまっているのかもしれない。

路地に入り込んだ熊本さんの震える後ろ姿。一番心に残るコマだ。
弁当を皆の前に出して拍手される幸江。
幼少時の幸江が万引きをしてバレた時の警官。
「頑張れ幸江」(ゴン)「今何か言わなかった?」「別に」
「藤沢さんと手をつなぐと世界が変わった」
藤沢さんに頭を下げる幸江。
「16発、17発、ごめんごめんって一生言い続けるか」
東京への電車で髪を切る幸江。餞別を渡す時の熊本さんの涙の美しさ。
「あなたのすべて」足蹴にされながら言い放つイサオの言葉。
「私は母の顔を思い出した」
「幸や不幸はもういい、どちらにも同じだけ価値がある。人生には明らかに意味がある」

数え切れない心に響く場面、言葉を映画でも表現して欲しい。映画見たいなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。