道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/24(日)04:55
夏目漱石の「夢十夜」を十人の監督が映像化。
比較的原作の流れに沿った物から「元はどんな話だっけ?」と言う物迄。


目当てにしていた物が期待通り、
いや期待を飛び越えて面白かった時の嬉しさ/なぜか誇らしさ。

見ている間松尾ちゃんやっぱり凄いー!の思いに溢れました。
のっけからもう格好いい!

岩場を奔り抜けて来る男。
モノクロでアップの阿部サダヲさん。迫力。
阿部サダヲさんならではの迫力。
ああ大画面で見られて嬉しい。
ああ松尾ちゃん、私はあなたの描く阿部さんが大好きです。

阿部さんの文章の読み方がナゼだか凄く可笑しみを誘う。
本当にこういう装い、阿部さんは着こなすなあ。
撮影風景を写真で見た(以前リンク張りましたけど)
時の色彩も美しかったですがモノクロも美しいですね。

音楽がかっこいいーと思ったらヨタロウさんが絡んでいらっしゃるんですね。

TOZAWAさんは私は今回の事で初めて知ったのですが凄いなあ。
あの身体の動きにただただ圧倒される。同じ人間とは思えませんでした。

伊勢志摩さんの「moe!」が残ります。
字幕が可笑しい。DVDでゆっくり見直したいな。

熊のところで場内から笑いが。あははは、ああするか。

そして石原良純さん!!本当だよ、良純!なんであんな夢を。と、こっちが言いたい。
本当はキャストに名前載せない方が効果あるんだろうなしかしそうも行かないんだろうなという位のオチ人選に思えました。

鏡の前で汗だくで湾曲しているズミ最高。

そして楽屋の端っこには赤鬼のコスチュームが!
えらいツボでした。松尾ちゃん素敵。

とにかく凄く格好良くて面白かったです。
映画館内の空気をがあっと持って行く迫力。



第一夜の役者の松尾ちゃんはヒゲがなくて若い。

第六夜以外では第十夜が好きです。
漫☆画太郎好きにはそりゃ堪らない。
本当に「ぶべらっ!」って言っているんだもの松山ケンイチが。
船に乗るシーン、なにあの悪夢。
チョコレート工場?と言ってもマリリンマンソンの方の。
本庄まなみさんも石坂浩二さんも可笑しいよー。
そしてパナマ帽を狙う感じがあんな風になっているとは。
板尾創路さんの佇まいは何故あんなに面白いのか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。