道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/12(月)04:18
大学で民俗学の教鞭を取る宗像教授(高橋英樹)。
ある日、彼の元に平将門伝説を研究している相馬という男が現れる。
彼は自説を披露し、宗像教授に協力を依頼する。
そして呟く。「時間がない。自分は命を狙われているのだ。」
宗像教授はその言葉を信じず、専門外であると依頼を断る。

しかしその後、相馬はこめかみを殴打された死体で見つかる。
宗像教授は自分に憤りを感じ、相馬の息子が主催するツアーに参加する。

その息子の名は相馬大二郎(阿部サダヲ)。
父親の遺志を継いで平将門伝説と西遊記を絡ませた謎に挑むツアーを主催していた。

しかしそのツアーには様々な思惑が潜んでいて…


ってな感じの粗筋だったと思いますが間違っていたらスイマセン。
阿部さんは殺害された研究者の息子役で、
哀しみを抱き乍ら、健気に父親の遺志を受け継ごうとする青年役。
抑えた口調に、スーツを着込みピシッとした外見。
旅の進行役纏め役で、真面目でしっかりした所作ですが、
時折乱れた前髪に疲れと気苦労が見えかくれ。

村杉さんはツアー参加の編集者役です。
怪しいサングラス着用でファーストショットからガッツポーズ。私が。
嫌(や)ーらしくってイイです。

以下ネタバレ。






番組開始当初は犯人役だったら嬉しいなあとか思っていたのですが
そんな思惑も申し訳なくなるくらい真面目で健気でいたいけ
(いたいけは漢字で幼気だが使わせてくれ三十代男に)な大二郎さん。
哀しみを堪え怒り等激しい感情を秘め、静かに行動する様に胸を打たれます。
なんか皆に詰め寄られて大変そうなんだもの。

犯人役だったら嬉しいなあの私の手前勝手な欲望は
疑惑・仮説シーンで解消されますし。
(サスペンスドラマってこういう所一粒で二度美味しいよね)
村杉さんを殴打!スパナで!うっとり。

高杉亘さんを見つめる目とか。怖いです。
ふとした時の、瞬間的な「好青年」との落差が。
底の見えない感じと相乗効果で。

村杉さんと阿部さん絡むシーンが結構多くて嬉しかったです。
詰め寄る村杉さん。困る阿部さん。流石に息がピッタリ。
魂の時のイメージと比べてつい楽しくなる。
休憩時間とかも話したりしたのだろうか。何の想像だ。ついつい。
大人計画の舞台とか、松尾ちゃん/宮藤さんのテレビ・映画作品以外で
大人の役者さんが一緒なのって余り見なくて新鮮で嬉しい。
村杉さんは死に様の白目の剥き方がお見事。

津田寛治さん(出てて嬉しい)の宗像教授に出逢った時の嫌悪感が
栗鼠が牙を剥く様な小動物威嚇っぽくて素敵でした。
高杉さんの役が死んだ辺りの真相って余り語られなかった気が
するんだけど…見逃した?

阿部さんの好青年と村杉さんの厭な男を楽しみました。
大二郎さんが最後に平将門の首の在り処とされる場所を見つめる表情が素敵でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。