道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/04(木)03:26
真面目なんだけど優秀なんだけど、
陽気で要領のいい秀吉に良い所を持って行かれて損な役回り。

日本人で、信長より秀吉より、なんだか明智光秀が気になる、
っていう人も多いんじゃないか?と思っていたので
今回の唐沢寿明さんの主役ドラマは嬉しいと思いました。
いや本当、大河の主人公でじっくりやれば結構恒久的に
人気の出る存在なんじゃないかと思うんだけどもな光秀。
つうか単純にそういうの観たいんですけども。

事ある度光秀が秀吉に感じる敗北感と苛立ち。前半は面白く観たのですが、
ラスト、皆良い人で収めて描こうとするのはちょっと好みではありませんでした。
信長を討つ理由が、自己犠牲で秀吉に天下をとらせる為というのは。
いや、あなたにも一族があるだろうと。
家臣に「命が危なくなったら逃げろ」って戦に連れて来てそれもないだろう。

今迄と違う解釈、新しい光秀像って事なんだろうけど。
普通に信長に恨み重ねて謀反、でも
主人公として魅力損ねちゃう、って事にはならないと思うんだけどな。
でも秀吉との間に奇妙な友情が少し芽生える感じは好きでした。
(あくまで「少し」のレベル迄の話であって、
「謀反ではない」とか光秀の最後とかは行き過ぎな感じなのであまり。)



唐沢さんは光秀ハマっていてすてきでした。秀吉にジリッとする感じが伝わって。
本能寺で上川隆也さんの信長と、弓、刀が交わる一瞬のシーン格好良かったです。

ラストの大泉洋さんの表情が静かで魅力的でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。