道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/31(日)01:24
マダガスカル プレミアム・エディション "ペンギン大作戦"ディスク付 (初回限定生産)
マダガスカル プレミアム・エディション

日本語吹替版で見ました。
都会育ちの動物達がジャングルに行って大騒動!というプロットにわくわく。
以下ネタバレです。


漂流したり喧嘩したり、でも仲の良い4頭の姿は理屈抜きに楽しい。
人間をごく当たり前に求める都会暮らしの彼等。
ひとり、はしゃぐマーティーが後ろの方に映っている画面は笑います。

仲の良いライオン&シマウマ、アレックスとマーティの姿に
「あらしのよるに」的な事態にはならないの?と軽く思いきや
やはりそこらへんも描かれています。自然な流れでそういう重い現実を描いて
笑っていた前半からすっと入り込んで、とぼとぼと歩く3頭の姿には涙。
自ら皆の元を去るアレックス。尖らせた木の中に住まう姿が切ない。
食欲が満たされていれば仲良し、危機的状況に押さえ切れない野生。
キャラデザインのかくかくしたところが可愛いなあと思っていたのですが
その1つ、アレックスのたてがみが野生に目覚めてから
ぼさぼさになっているのが又切ない。

彼等は今迄都会の動物園で食料を与えられ、自分達が「違う立場」だという事を
初めて目の前に提示されたでしょう。その哀しさが伝わります。

重い現実も描きつつ着地した期待通りのハッピーエンド。
友情の復活には笑顔。ほのぼのと全体を通して流れるコミカルさの中に
野生動物の立場の違いという点を描いているのが面白かったです。

ペンギンズは動きがユーモラスで行進する並びが可愛い。
んで、格好良い。
お猿は何処かにいったのかな。

時々付いていきづらいギャグシーンもあったりしたんですが
(何でそんなにキレてんのばあちゃん、とか。いやイキのイイばーちゃんキャラ自体は好きなんだが。)楽しみました。

声の出演がピッタリ!
玉木宏さんのアレックス、いつもの玉木さんのイメージとは違う
ハスキーでワイルドな声で熱演。主人公!の存在感でした。
柳沢慎吾さんのマーティが兎に角魅力的。
元々私が柳沢さんが好きという事を差し引いても魅了されまくり。
岡田義徳さんのメルマン。のったりして可愛い。芸達者っぷりを確認。
高島礼子さんのグロリア、高島さんのしっとりしたイメージとはまた
ひと味違って、肝っ玉母さんでおばちゃんな感じの声でいいです。
「この声聞くとホッとするうー」みたいな台詞に頷いた。

おぎやはぎのお二人。
小木博明さんのキング・ジュリアン、歌も歌って大活躍!
小木さんって「王様」似合うんだな…。抜けた感じが又。ウザい感じが又。
矢作兼さんのモーリスも賢い執事な感じが嵌っています。

アンタッチャブル。
普段のイメージと逆で、山崎さんが渋いペンギンズ隊長、柴田さんが損な役回りの
新人隊員っていうのが可笑しかった!でもこれまたハマっていて
意外なキャスティングの妙を最も感じました。山崎さんの格好良い事。

字幕だとベン・スティラーが主人公なんだ。そっちも見てみたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。