道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/28(木)01:34
北の零年 通常版
那須真知子 行定勲 吉永小百合
B000929WJO


タイトル通り北の大地を拓いて行く人たちの話。
以下ネタバレあり。


悪役を一手に引き受ける香川さんが活き活きして
登場シーンから怪しくて狡くて素敵でした。
あとモロ師岡さんが格好良いなあと思いました。

豊川悦司さんの役は女性が好きになるように出来ているよなあと思いました。
女性が。というかヒロインが。揺らめいてしまうのにうってつけな。

渡辺謙さんの役は後半ああなるとは…前半格好良かったのに…
中傷されて疎外されて、それでも信じていたヒロインは一体。


阿部サダヲさん出演との事で劇場に見に行こうかと思っていたのですが
当時、事前PR番組を観たところ、余りのスルーっぷりに
出演時間は推して知るべしなのかなあと思い今回のテレビ放送で観ました。 

実際は、閉じられた区域の人々の人生を描く話なので
縦に伸びても横には広がらない。その地域にはずっといる役でしたね。
ただ登場人物大勢でまくる話なので、暫く中盤でてこなくて、
逆に、描かれていない時は又十郎は何しているんだろうなと思いました。

集団の中でもコミカルな役割で良いなあと。足丸出しだったり。
モテなさそうな感じが又ツボでした。踊ってはしゃいで叱られたり。
その踊りの方をもっと観たい!と思いました。
終盤はその中でも皆と違う微妙な立場に立つ役で。
ラスト、大事な台詞を言っていたりで嬉しかったです。
和装と洋装が楽しめます。

明らかにいてもおかしくない状況のモブシーンにいない時は
「なんか別の仕事?」とか思ったり。阿部さんだけでなく他の役者さんも。


カットされてもいるんでしょうが壮大な話を纏めて描こうとしている為か
「小松原が帰って来ない、その間皆大変で色々ありました」という事象を
取り敢えず次々提示しているだけと言うバタバタした印象を途中、受けました。

豪華キャスト多数の映画ですが
それでも結局はやはり吉永小百合さんの為の映画でしたね。

放送時間が長いので録画して何回かに分けて見ようかなあ、
定まったメンバーの年月を描く話なので連ドラみたいに区切って見ても面白いかも
と思いました。結局一気に見ましたけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。