道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/14(火)18:32
ティム・バートンのコープスブライド 特別版ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートン ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下ネタバレ





監督の暗い物への愛情が大好き。

生者の世界が色がなくて冷たいのに対し
死者の世界はおどろ乍らに色がついて賑やか。

もう、エミリーの憂いを帯びた笑顔をみて心は釘付け。
目に蛆虫飼っていたり、青を基調とした配色やぼろぼろのヴェール、
片手片足が骨だったり、何より口を引きつらせて寂しげに笑う表情…
いいデザインだなあ。
仰りのアングルの登場シーンも、格好いいな。

エミリーだけでなくデザインが皆可愛い。
スクラップス普通に凄く可愛い!最初バラバラなのもすてき。
死者の世界の人たちは色々工夫されているわ歌うわ魅力的。
見ていてカイゼル髭の骸骨紳士に恋をしました。
破れましたが。そこもまたよし。
町の人と再会して行くシーンは涙出た。

すごく楽しく見てい乍ら、心の何処かが不安なのは果たして
エミリーは花嫁になれるのか?が引っ掛かっているから。
だってビクトリアもいい子そうだし。

でも毒薬を飲むのを止める所で「こっちが花嫁だ!」と
思ったんだけどな。
(戦いの最中殺されるのかとも思った。ビクター。)
だって花嫁2人並んでいて主人公庇おうと動いたのは
エミリーだったのに…。
ビクターも結婚式に迄臨んでおいて勧められたらあっさり心変わりって。

でも成仏(って言うの?外国)したシーンは綺麗だった。
解放されたのならいいのかな。

凄く楽しみました。世界観が好き。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。