道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/03(土)02:35
本多劇場、5/21(昼)

ばっちりネタバレしています御注意。




今迄の大人計画の公演の世界とひと味違う
独特の時代の空気で面白かったです。
私はその時代、その地をしらないけど。
「おおちゃか」って、こういう松尾さんの言語感覚が好きだ。

脇にメイクするテーブルが設置されていて
実際そこで役者さん達がメイクしているのが面白かった!
最後にも繋がって、ああ…!と口が開いた。



ヒカルちゃん可愛かったです。
冒頭、暫くの間意味不明な言葉ばかり発するのが面白くてツボでした。
「む、むへらま!」とか、松尾さんの書く言葉に
阿部さんは、やはりよくハマると感じました。

爆発力の凄い、パワーの溢れる弾けた役、
でも細かい阿部さんの仕種はいちいち女の子で可愛かった。内股だし。
靴下の生足も黒いストッキングの足もベットで寝転ぶ裸足も綺麗でした。
…スイマセン、アシばかり観ていた訳ではないです。

阿部さんの目がキラキラ輝いていた…。
市川さんの目も輝いていた。凄く大きかった。
舞台の端とかでも、姉妹2人が、目線合わせて微笑みあったりする
とこが凄く優しくて可愛くていいなと思った。

阿部さんの動きが凄く面白かったです。生霊とか。
連続回転キック凄い!感動とともに笑いました。
ヒトエさんの上を滑り降りたり
新宿さんと同時にジャンピング座り着地とか
痛みを恐れないって感じで
(勿論、痛めない様上手く動いているんだろうけど)
思いきり動いていて圧巻。
これ毎公演やっているんだよなあ…と改めて感動。

ヒカルが実は男で、度々話にのぼった
過去の事件と関係して…っていう話の展開が鳥肌。
さまざまに張られた伏線、回収。
広げたおっさんの両手が太陽の塔に。
上手くできているなあ…。

心の中で憧れていたおっさんは、会いたいんじゃなくて自分がなりたくて
でも成長しておばちゃんにしがみついて
だけどやっぱりスミレちゃんのお姉ちゃんで…って凄く
じいんと来ました。

格好いいよヒカルちゃん。


荒川さんの「まるねん」、市川さんが仰っていた通り凄くよい!と
始まってすぐ感じました。
本当にああいうおばさんに見える。
記憶を失って「メメント」みたいな事になって
(筆跡がそれぞれ違うのが書いた状況を伺わせて又切ない)
それでも旦那さんへの愛を呟き「情けない」って泣く所が悲しかった。

伊勢さん格好良かった…フライパン持って登場する姿が凄くて
馬場さんじゃなくても惚れた。

村杉さんが衛生サックを拾う時の足が、爪先立ちで
プルプルなっていてすごく面白かったです。
後、荒川さんが途中で村杉さんの足を「今こきッとなったで」(?)
みたいな事呟いていて笑った。

衣装替えして現れた村杉さんのスカートがまくれていて
阿部さんが横からスッと直してあげたのが
お姉さんな感じで素敵でした。(毎回?)
あと、「クヒオ」の名前に笑う。


馬場さんの神木君との対峙、
ふとシリアスになった時の「え?」って言い方にドキッと。怖かった。
演奏もしていて、ギターを弾く手が綺麗だなあ。
うんことカレーはくだらなくて笑いました。汚ぇよー!
でもその際お尻のポケットにスプーン突っ込んでいたのが
何かかっこよくて悔しいぞ。

蝶子さんのために、研究対象を、食→排泄へと
まるっきり逆にしたって言う設定がゾクリ。
後エロ目線が本当にエロくて最高でした。
宮藤さんは、植物っぽくもあるのに、
色気を出すと、非常に色っぽくて凄いと思う。
「涙を催涙弾で薄めるな」みたいな台詞のシーンは切なくて
緊張感張り詰めて見とれた。


松尾ちゃんのレザーの警官姿が素敵。
ちょこちょこ色々な役で出ていて登場の度に嬉しい。
にしきのの赤シャツステキ。

近藤さんなんとなく顔が赤かった様な。
今回渋くて素敵な役でした。新幹線で泣く所が静かに印象深かったです。
神木君とのキスシーンが普通に美しくて参った。
カクマルはなんだか心に残る役でした。

「やさしすぎるおまわりさん」の話が凄くツボで笑った。
ハンカチ取ったり鳩出したりの音とやり取りが面白くて好きです。


最前列で観て、迫力でした。
ヒカルちゃんが土下座する時の阿部さんの開いている目を見たり。
紙ちゃんのスイッチを消す手がこちらを指す様でどきりとしたり
松尾ちゃんの飛ばした水が掛かるんじゃないか(でも実際は絶妙な距離感)
と怯んだり臨場感満載。
舞台からはみ出る様な動き、感情のこもった熱気が伝わります。

ラストシーンは明るくて力強くて。
阿部さんの唄は流石の迫力。
おっさんになったヒカルちゃんは素敵でした。

ヒカルを守り切れなかった事への悔やんでも悔やみ切れない気持ち、
秘密を抱え、記憶を失いながら、家族への愛を持ち続けるヒトエさん。
張り合ったり喧嘩したりイガイガをはらみながらも
それでもお互い、やっぱり思いやりと愛情一杯の姉妹。


贖罪。過去の因縁に囚われ生きて来た人々。

チン切りされた者、自分が何者か、何を求めているのか知ったヒカル、
チン切りした者、愛する人の為に罪を犯しその罪の意識を抱えて
家族を見守って来た馬場。
最後には一緒に演奏してって言う構造を噛み締める。

傷付いた体で、大きな声を上げる蝶子さん。
再び育った場所に戻って来たスミレ。

瓦礫の中に唄。力強いラストシーンが印象的でした。
時の流れ。毎日毎日明日も逞しく生きて行く。

松尾さんのカーテンコールの言葉は
「沢山のまとまったお金を有難うございます。伝わりましたよ」
でした。(と思います。)

最初にも書いた通り私はその時代を知らないし
ある意味ちょっと離れた世界の話って感じだったんだけど、
でも、その離れた世界の人々の心に寄りたい、って思いました。
台詞を言った人でなく言われた人の表情を普通に見遣ったり
(こう言っているよ、みたいな気分)、入り込みました。


早く映像で見直したいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/06(火) 17:12 | | #[ 編集]
感想有難うございます
>ふる さん

こんばんは!見て来られたんですね!
体験談有難うございます♪

会場が違うとまた異なった雰囲気だったんでしょうね。
笑えて切なくなって色々な要素がたっぷりな時間でしたよね。
私はまだ、心中でまとめ切れていません;

阿部さんの生歌は迫力でしたよねー。
もうジェンダー蒼木かっこいい!
アクセサリーじゃらじゃらであの唄。目が釘付けで耳も釘付けですよ。
歌う時のパワーみたいなのが伝わって来てじいっと聞き入っていました。

それでは書き込み有難うございました!
またぜひ遊びに来て下さい♪
2006/06/08(木) 01:27 | URL | 昼 #.HXFY1uI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。