道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/13(土)02:35
最終回。
壹岐と大門社長のやり取りは全身傾けて見ていました。
それでも社長が、最後は壹岐の言葉を受け入れてくれる人で良かった…と安堵の様なものが広がり。
そっと帰る里井副社長が寂しい。後ろ姿が乙女のように儚げだ。
決別の言葉を向けた時は既に吹っ切って潔かったですが。←ここの彼にも安堵。タクボで穏やかにね。

鮫島、壹岐のファン過ぎるだろ。
空港での「辞めるな!」の悲痛な響きに外人さんもキョトン面。
悲しいな。本当にいいシーンだ。壹岐の笑顔は鮫島には見えない。
「違う世界の人間ですから」って親戚な訳なんだが…。
壹岐ったら冷たい。わからんでもないが。
盆暮れ正月と「本当は復帰するんでしょう?」って五月蝿いのだろうなと想像。

千里は最後になって来てうざくなくなりました。彼女の中でも決心が固まったからだろう。
しかし兄ちゃんは結局なんだったのだ。

今週の田原
最終回まで出られて良かった!「最後まで出たいです!」って阿部さんの願いが叶ったな。
ずっと1本通して壹岐の活動を見守って来た人なんだなあと思うと凄い。

シベリアの大地に降り立つ壹岐。見事なラストシーン。堂々の締めくくり。
前回も言いましたが、エンディング曲の年老いた姿に感動。前回と見比べて確認しちった。
初めは戸惑ったED曲も今じゃこの歌しか考えられないと思える嵌り方ですね。
社長の声に似ていますよね。←それはずっと変わらぬ思いです。

繰り返しですが、「長いドラマだ」と言う認識で見始めたけど、最終回を終えて「なんかもっと長く見たかった。」と思いました。大河ドラマみたいにしてはどうでしょう。

私がこのドラマを見始めた一番の動機は、やっぱり阿部サダヲさんなのだけど、阿部さんが出ていようが作品としてつまらなかったらそれなりの姿勢で見ますから。この作品は熱中して見ていました。
特に最後に向けての盛り上がりは凄かったです。

重厚な、緊張感を視聴者の空間に浸透させる、面白い作品をどうも有難うございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。