道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/31(木)01:58
今年ももう終わり。早い。って言うのに書いていなかった!
なくもんか感想。

まず宮藤さんがあてがきしていない役を阿部サダヲさんが演じると言うのが一番興味深い所でした。
Hのインタビューでも言っていましたけど「いい人」を演じると言う。

目に飛び込んで来る商店街がセットだと言うのに驚き!
冒頭、兄弟の「なんで、」「え?」「なんでそんなに、」といった言葉に出さない会話にはゾクッとしました。

いつも元気でお人好し。「いい人」に対する宮藤さんの解釈、思いが面白いです。
「いい人」表面的にはその言葉で納得して受け止めてしまいそうだけど、こう形成されてこういう思いで日々過ごしていて。とすんなり伝わって来ます。
日頃温厚な関係が保たれていたと思っていた商店街の人々に裏切られたりがあるのもリアルで頷けます。
皆川さんはやっぱり面白い!絡みを待ってしまいますね。

途切れる事なく笑顔の日中から、日が落ちて夜に声をかけられた際に見せるふっと見せた凄みのある目はナイス!と心の中で叫びました。流石です。

父親を招いた食卓で「謝らないでくれ、謝ったら…」の言葉は凄く胸に来てハッとさせられました。宮藤さんやっぱり凄い。


笑ったのは色々ありましたけど「行ってらっシャイニング~」良く予告で映るシーンだけどこうだったのか!という。そういや似ている!
あとキスして泣き出す子供達とか。劇場も沸いていました。

エコや沖縄はちょっと唐突に感じました。ロハス化して行く店には笑いましたが。

塚本さんは毎回宮藤さんの作品で大切な所を握って行くなあ。


以下スイマセン辛口。

あとはやっぱり私水田監督の音楽の使い方が好きではないなと感じました。
特に今回は喜と悲がくるくる入り乱れる話で、泣いたすぐ後に笑わせたり、なのにまだ音楽は悲しいまま続いているとか。
しかも少し古っぽく、大仰に煽る音楽に感じたので。
最後の漫才のシーンはBGMなしでもいいんじゃないかと思ったくらい。
すいません、好きな俳優さんの出ている作品だからこそ辛めの目で見てしまうんでしょうけど。

でもしかし。色々書きましたが個人的に舞妓Haaaan!!!よりも好きです。
阿部さんの次回作にもまた期待します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。