道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/11/24(木)01:27
ハードラックヒーロー (通常盤)
V6 SABU 坂本昌行
B0000DJW29



V6主演。SABU監督作品。2003年。

大変な男達のお話。

V6が井ノ原&岡田組、坂本&長野組、森田&三宅組に別れ
それぞれ大変な目にあってクライマックスに向け疾走。
感情がギリギリと最高潮に高まった時邂逅する3組の男達の運命は…?

以下ネタばれです。









脚本、展開に無理目なとこが、とかは
こういう勢いありき!な作品では「まあイイじゃん」なのだろうなとは思いますが。

それとは別に台詞がもうちょっと削れるんではないかなあと思いました。
冒頭の「来ないんだよ」の遣り取りとか。
でも寺島進さんが擬音だけで喋るところは笑いました。
古田新太さんがカッコ良くてダメで面白かった。

マトモそうな長野さんが一番ブチぎれて
威勢の良かった坂本さんが怯えると言う構図は
ありがちなんだけど心地いいなあ。
坂本さんは翻弄され、怯えさせたら本当に似合う。(褒め言葉)

井ノ原さん岡田さんの話の部分はコメディ部分とは言え
疾走する動機(と言うか追われる動機)が今いち弱いかも。
コメディタッチ部分だから抜き所を作らないと
見ている側が辛くなるとの脚本の配慮でしょうか?

喧噪の中静かに話の進む森田三宅組が、なんだか印象的でした。
でも静かな印象なので(結構叫んだりしているんだけどね。何となく。)
こちら側の感想も静めに言葉少なにしてみる。ヒッソリ。


クライマックスに向け感情が昂って叫んで走る!って言うのは
SABU監督!って感じですね。

個別で動いている人々が混じりあってリンクするって言う構図は好きです。
個人的好みを言うなら(↑いままでも全部個人的好みですが)
今度はもっと六人の入り乱れて関連しあう話が見たいかな。
次回作も見てみたいと思いました。

現在公開中最新作
「ホールドアップダウン」公式
http://www.holdupdown.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。