道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/04(木)01:42
「女教師は二度抱かれた」
2008年8月4日(月)~8月27日(水)
於:Bunkamuraシアターコクーン
作・演出:松尾スズキ

出演:
市川染五郎 大竹しのぶ 阿部サダヲ 市川実和子 荒川良々 池津祥子 皆川猿時 村杉蝉之介 宍戸美和公 平岩紙 星野源 少路勇介 菅原永二 ノゾエ征爾 浅野和之 松尾スズキ

先日wowowで放送していましたね。
インタビュー等の特別映像はなかったです。
休憩前の松尾ちゃんの「上乗せして20分」が放送では90分と字幕が出たり。あとは皆川さんがカメラさんにお臍のアップをおねだり。

なんかタイミング失って観劇してから感想書いていませんでしたが凄く面白い作品でした。
冒頭で「ああもう一回みたい!」と思いました。

そして私はやはり舞台の阿部さんが一番好きだなあと思わされました。
松尾ちゃんに感謝。

染五郎さんとしのぶさんの二人きりのシーンはもっと見たかったです。
どろっとした閉塞感を。
終盤の大竹さんの虚空を見つめる瞳が怖い。
二階席だったんだけど高さ的にこちらを見る様な何処も見てはいない様な。

鉱物さんの「嬉しいなあ!」率直な言葉。心に響く。恐ろしい程の只ひたすらの、愛。
只ひたすらのものって、混じりっ気だらけのこちらは太刀打ち出来なくて、怖い。

滝川栗乃介の「壊せないだろ?壊せないんだよ」。松尾さんが伝統芸能の歌舞伎をどのように捉えて見つめているのかが感じられて凄く興味深く見ました。最も心に残った場面の内の1つ。

歌はどれも耳に残って良かったー!
交尾したい!コモエスタ二丁目、お目溢しをください。キモイでしょう?のあの方も。

後日文学界を買って戯曲を読みました。
文学界 2008年 09月号 [雑誌]
文学界 2008年 09月号 [雑誌]


会場ではTシャツ、一番淫猥な(そのままじゃないか)ピンクを購入。

観劇後は暫く河井克夫さんの「キスが好き!」「回文ね!」パーン!が目の記憶から離れず。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。