道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/30(土)00:48
今週分かった事:鮫島は恐妻家!!

こいつこんなんで、家でどんななんだろう…ってうっすら抱いていた疑問に答える鮫島のプライベート映像に涙。
寝起きのボサボサなヘアー。奥さんキャンキャンと同じ事を2回言われる。直接大きい声じゃ言えない愚痴をぐつぐつ呟く。
あーこの人、こんななのか!と笑って納得。
その分の鬱憤を「買いまくれー!」ッと発揮しているに違いねえ。と思いました。
もっと鮫島家庭出て欲しいです。と言うか鮫島クローズアップってやっぱり人気や反響があるからだよね?

壹岐と千里はやっと反抗期を終えた息子(誠)を再び熱した。千里わざとじゃねえの?って目で見てしまう。

今週の田原!
特ダネゲットで楽しそうでした。細(こま)いの駆けて来た!

里井副社長はこのままフェイドアウトやもと思ったら又出るのか。出なくなったら寂しかったので嬉しい。あそこの夫婦には愛があるんだね。奥さん紅会の意地悪番長かと思ったら。

大門社長は相変わらず格好良いです。
自動車編終了ですねえ。次回最後のプロジェクトだそうで。
そっかもう最終回に向けているのか。長いドラマだと思っていたけれど。
スポンサーサイト
2010/01/24(日)23:58
木更津キャッツアイ再放送中ですね!(関東)
やっぱり面白いわー愛おしいわー。
皆若いなあ!猫田もなんかつるんって感じだ。
バンビってこんなツンツン立てた髪型だっけかー最近の印象が強くてちょっと驚く。ぶすくれた感じがいいよね。モー子と付き合う前。新鮮。
うっちー可愛い。アニもマスターも!皆が集う場面が心地良い。
ぶっさんは本当に魅力的な主人公。&美礼先生の関係大好きです。
とかいちいち感動し乍ら見て話も演出も最高ッス。
2回のラストのピストルのシーンとか鳥肌。写真館のシーンは笑顔になるな。
映画DVD引っ張り出したくなりました。
とりあえずワールドシリーズ公開辺りの番組宣伝出演とかCMとか
個々のいいともテレフォンショッキング出演とか引っ張り出して見ていました。

そんな櫻井翔さん主演の「特上カバチ!!」第2回。
面白いです。そして今回は吉田栄作さんと田口浩正さんの抱擁に潤みました。
主人公・田村の秘策(田口さんの旧友達を集めて金策に充てる、自腹を切って貸す)に驚愕する堀北さんの一連の表情がいいなあ。
住吉さんにお帰りください、って時エンケンさん高橋さんが現れたのは、カラーチンピラ登場って感じで住吉さん可哀想だろ!と笑いました。
エンケンさんは所長の前だと行儀良くなるのが可愛い。
第2回にしてつながらない生電話がグダグダになったのは残念。事前に連絡したはずだよね。何でー。
次からは住吉さんも同じ事務所になるんですね。確かに敵対より味方の方が見ていて気持ち良いかもだ。
2010/01/21(木)23:59
番組の波は、いよいよ「壹岐VS鮫島」を押し出している様な。
このままこれ押しで、いってくれたら嬉しい。楽しかったです今回。

遅ればせ乍ら明けましておめでとうございますとばかりに、2010年、初鮫島。in温泉。最早、年跨いで普通の登場はしない貫禄が。
湯舟で熱燗。後半ここで叙述トリックですよ!もう1つ現れる盃に笑いました。
お見舞いで、他人の花を押し退けて確認「よしっ!」
里井副社長を見かけた時の「プッ」にこっちも笑った。「ニヤリ」じゃだめなのか。だめなのだな。

壹岐&鮫島の居酒屋シーン。。そりゃ鮫島の隣の席空いているよな…。まだ息子の結婚認めていないのか。この二人そういや親戚になるのにね。直接やり取りの緊迫感大好物なり。

物語後半、全てをひっくり返せるのか?と言う、鮫島の八面六臂の活躍に、もう満足です有難う。


今週の田原。
田原が請われて登場する時がいよいよやって参りましたよ!
粘着力が役に立つ時がやって来ましたよ!
初めずっとシルエットかと思った。
「鮫島です」と言うアングルが斜め上から俯瞰でなんだか男前。
と思ったら次の場面で早速壹岐がスルーしたくなるべっとりした明るいご挨拶。
「たかり」と言う言葉が浮かびました。

今週も周囲と私を翻弄する里井副社長。ああたまらん。
鮫島と、里井副社長のシーンは全然眠くならないですね。

千里の兄役、佐々木蔵之介さんが久々登場でした。この役ずっとこんな感じで出るのかな。本筋にはあんまり入り込まないというか。
演じているのが蔵之介さんだから、もっと目立つかと思ったし、中心にも入り込んで欲しいんだけどな。

来週は田原がアクティブそうだし展開も楽しみです。
2010/01/19(火)02:02
wowowで。久々に映画を見乍ら「ああ、こら酷いな」と繰り返し自然に口から漏れた作品。
ネタバレしています。


人それぞれツッコミどころはあるのでしょうが、
私にとっての致命傷は
「医者であるはずの妻夫木さんと壇さんが危険な場所でもマスクとゴーグルをしない」でした。
するんですけど別のシーンですぐ取るんですよ。していないシーンが多いんですよ。
病原菌の原因と疑って乗り込む島でも、しないんですよ。そりゃ壇さん感染するよ。しなかった主人公凄いよ。最後の方では「頼みますよして下さいよ」って呟きましたよ。

で、まあなんでマスクゴーグルしないかって言ったら「役者の顔が隠れるから」だろうなと。

元々、壇さんだけ顔の見え易い透明保護マスクみたいのをしていたんですよね。ヒロインの特権のように。
んでクライマックス。壇さんの最期に駆け付ける主人公。
そんな表情を見せたい「見せ場」のシーンでは、妻夫木さんも「そこだけ」その透明マスクをしている。
これ見てもやはり「役者の顔を見せたかった」から危険な場所でもマスク外していたんだろうなと。
そりゃ確かに表情見せるのは大切。でも他にやり方なかったのか。
見えないから、外しちゃう。安易な理由で物語の説得力ゼロにしちゃって良いのかと。

その他。上と同じくこの作品には見た目ばかり重視して空洞化している部分が多々あると感じました。
・なんで血反吐吐いて見るも無惨な様で死んでいく人と、矢鱈綺麗なまま死ぬ人と差があるのでしょうか。制作側役者側どちら側の要望なんだか知りませんが、演じた女優さん二人の印象もなんだかがっかりなものに。
 壇さんが目から涙のように血を流したシーンでは「ああこれがやりたかったから目から血がでる症状だったんだ」と思いました。
・異常事態下でずっと身なりも綺麗なままのヒロイン。こんな状況で首を傾けて「変わっていないわね」とか呑気。

その他
・人手が足りないのに屋上で黄昏れる主人公とヒロイン。
・感染の可能性があり乍ら日本に一時帰国しちゃう医師の嶋田さん。
・え、あんな解決の仕方。

などなど。様々ありますがトータル時間かえせ、と思いました。

唯一、カンニング竹山さんは格好良かったです。似合っていて美味しい役。
あ、佐藤浩市さんも格好良かったか。いかにも友情出演なんでこれしか出られませんって退場っぷりでしたけど。

当時爆笑問題のラジオを聞いていて、太田さんが「中に入れて下さい~」みたいにふざけて言ってからかって、田中さんがツッ込んでいて、そん時は「真面目な映画なのに茶化しちゃって」とか笑っていたけどそんな真面目な出来でもなかったんだな…。

まあ自宅でわいわいツッコミ乍らみたのでその楽しみはあるか…といいたいところですが、
……映画に限りませんが、悪口って言い過ぎると言った方も心虚しくなるよね。

2時間超え、空虚な昼下がり。

感染列島 スタンダード・エディション [DVD]
感染列島 スタンダード・エディション [DVD]
2010/01/17(日)23:16
見ました。面白かった。

生で見てもらおう、という試みの為、クイズで生電話企画があったり
テロップの多用など一風変わった演出。
初めテロップはちょっと戸惑ったけどその内慣れるかな。専門用語や知識を交えるから字幕はあった方が有難いし。
昼間の宣伝番組も、みましたが嵐の名古屋コンサート会場(リハーサル後)と生で繋いだりでした。
クイズ電話かけましたよ。最初混み合っていたけどリダイアルして櫻井さんの声で「正解です!」って。嬉しいもんだ。

ストーリーそのものにも引き込まれたし
事務所のメンバーがチンピラみたいに柄が悪くて、ツボでした。
その筋の人がお礼を言いに来たシーンも「若頭に報告ですか?」って趣き。勿論エンケンさんのせいですが。
衣装も皆派手な色合いで、櫻井さんは可愛く纏めていましたが、遠藤さん高橋さんがドちんぴらで特にエンケンさんの豹柄にはうっとりせざるをえませんでした。

櫻井さんは主人公が似合いますね。
特に、この未完成だけど、心優しく熱い応援したくなる主人公は嵌り役。
堀北真希さんの役は、むかつく役なんでしょうけど彼女の元々の静かなイメージと相俟って、かわいらしく見えました。
田丸麻紀さんに驚きました。あの美貌を崩した役初めてじゃないですか?面白かったです。
遠藤さん高橋さんの先輩コンビにも期待です。昼の番組で夫婦みたい、と櫻井さんに言われていましたね。
ていうかその番組でペットの小犬に追い立てられる遠藤さんと言う只の萌え動画を頂いて有難うございます。

ラストシーン、尤もな様な事を言われた主人公がそれでも反論するシーンはホッとしたし、胸にぐっと来て、嬉しい主人公だと思いました。
1話完結かと思ったら続くんですね。どうなるのか次回が気になるかぎり。

特上カバチ!! (Vol.1) (モーニングKC―カバチタレ! (1473))
特上カバチ!! (Vol.1) (モーニングKC―カバチタレ! (1473))
2010/01/17(日)03:13
不毛地帯がいよいよ後半戦突入!でその日の朝めざましテレビで特集。
噴いたのが、生出演するのが 壹岐正(唐沢寿明)と鮫島辰三(遠藤憲一)ってこと!

なんすか。このコンビ押しですか。ありがとうございます!
と言う訳で、爽やか唐沢さんと、狐かネコのような目でにんまり笑ったエンケンさんを朝から拝めました。

特集の主題はやはりこの二人の対決っぷり。
鮫島の「買いまくれ~」リピートにめざましキャスター陣から笑いが漏れてこちらまで笑う。うんうん。笑いますよね。共有出来て嬉しいです。ネットでは評判なんでしょうけどテレビでは鮫島クローズアップって少ない印象だったので。
エンケンさんナレーションのPR映像とかもあって至れり尽せり。
格好いいい!壹岐VS鮫島クローズアップ仕様だし。

そして共演者からのメッセージと言う事で、大門社長役の原田芳雄さんだけでも嬉しかったのに!何と!阿部サダヲさんからの映像が~!
うわわ。壹岐&鮫島だからって録画していたけどタナボタです。大正解。

まだ壁がある、とか唐沢さんに「まだいるの?」って言われた話とか酒の席でのお話とか。お馴染みのあの控えめな喋り方で。面白かったです!
「まだいるの?」は田原記者は原作でそんなに出番がないからって、「僕最後まで出たいです」笑いました。

この二人のライバルに焦点当ててもらっただけでも嬉しいのに阿部さんまで。有難うめざまし。ナイスチョイスの賞賛しかでてこねえ。


そんで本編!第十一話ですね。
今回は里井副社長に翻弄され捲りの回でした。
不調を押して飛行機乗ったりそんで意味ありげにCMまたぎとかハラハラさせられた後は
大門社長に八つ当たり激昂で「そないに怒らんでも~」と戸惑う社長、のシーンでは笑ってしまった。
うもう。チャーミングで参るぜ。

今週の田原。大概寄って行くと嫌がられる田原ですけど(大塚さんにも言われていて笑った。)大門社長は陽気に挨拶、表面上は無難にあしらって流石だなあと大人物振りを確認しました。里井副社長の入院で思いやるシーンでも。

めざましで特集したのに鮫島はお休み回でズルッ。めざまし見て興味を持った新規さんは次回も是非!なんか一緒に飲むシーンが予告であったよね?ワクワク。
あと佳子さん久々登場の回想シーンが珍しいなと思いました。

まだまだ手強い里井副社長に頼もしさと胸の高鳴りを感じつつ次回へ!
鮫島のシーンも楽しみ。
2010/01/17(日)02:46
『阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間
 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~』

ドキュメンタリー部分を織りまぜて
阪神・淡路大震災を記者の目線から描いた力作。

観ている最中から、ああ、これは見なきゃいけない作品だ、と実感し、視聴者の目にも熱の入る作品でした。

この現状を伝えるんだ、と災害下でも休まず発行し続ける神戸新聞。
シャッターを切る事で被写体を傷つけないか、と苦悩するカメラマン達。

吹石一恵さんの震える涙、
骨を拾う少年を前にしてすいません、撮らせて下さいと言ってシャッターを押す萩原聖人さん
被災者にカメラを向ける意味に付いて思いをぶつけあう記者達の争い、
泣き乍らオレンジジュースを流し込む山本圭さん
震えてシャッターの切れない櫻井翔さん
神戸新聞をエールで送りだす京都新聞の記者達。

印象に残る場面の数々が力強く胸に訴えかけて来ます。
骨を拾う少年の写真は衝撃でした。当時紙面にも載せられなかったと言っていたと思いますが。

力のある役者さん揃いで皆さん真摯に向き合って演じているんだと伝わって来ました。
櫻井さんは表情がいいですね。彼が主演する事で、震災を知らない世代やこのテーマを敬遠していた人との掛け橋になっていると思います。

惨状を伝える記事の数々。「被災者になって分かったこと」という社説。
次第に希望を人々の心に灯す様な記事が紙面に増えて行く。
その意図に、重ねられる紙面の構図に、復興へ手を伸ばす人間の強さを感じました。

何より説得力のある事実を伝える写真。
水を運ぶ少女の現在の姿に目が潤みました。

後半CMが多くなったのが残念ですが、素晴らしい作品を見せて頂いた事に感謝。
神戸新聞の100日 (角川ソフィア文庫)
神戸新聞の100日 (角川ソフィア文庫)
2010/01/12(火)03:44
嵐5人が勢ぞろいする事で話題のドラマ。
益子悟(大野智)/富澤友紀夫(櫻井翔)/棚田昭(相葉雅紀) /山際修司(二宮和也)/後藤望(松本潤)

その前放送の「めちゃイケ」でずん・飯尾さんが「ガッツだぜ?」(爆笑した…やっぱりこの方面白いわ)でブレイクした後の、小堺さんの役名「飯尾」のタイミングのよさに笑う。
嵐の役名も微妙に芸人さんっぽいけど、狙ったのかな?棚田と山際がわからないけど。

余談はさておき、ドラマについて。ネタバレ含んでいます。


んー惜しいなあ。

主役の5人+入れ替わる5人+イギータ1人=11人 →サッカー→90分の試合
ってアイデアは面白いと思うし、

被害者と思われていた主人公が黒幕でした、しかも全員、っていう設定とかは
個人的に「犯人探しの推理」が好きな体質なので胸踊るんだけど。

この手の話は、マスクを取った瞬間に視聴者を驚かせるのが醍醐味だったんだろうと思うけど、

なんせ犯人グループの緩さが目に付くから主人公側に「グルなのでは?」と疑いの目が行ってしまったし
怪しげな動きを提示した櫻井君、相葉君→でもCMで絆を強調していたし→じゃあ5人全員犯人?とか推測してしまう。

「入れ替わる5人」が後輩じゃなくて
これ又嵐5人自体でやって、犯人グループが5人いるかのように見せかけていた(いもしない5人を5人でつくり出していた)ら個人的に好みだったなあ。
個人行動していた相葉君とか、トイレに閉じこもっているように思わせて実際は動き乍ら電話していた、とか。
このシーンの黒づくめ犯人は実は相葉君でしたよ、みたいなネタばらしを後からされて「ああそうだったのか」と思えたら気持ちよかったかもだ。それだと同伴者いる他四人は難しいから時々別行動させて。

本格推理とかじゃないんだから、と「アイドルドラマ」と思うなら、
前半は脇キャラに振り回されてばかりで脇の方がキャラ立って活躍していたと思ってしまったし(社長令嬢の黒木メイサさんの「強い」「父親への葛藤」設定や、元泥棒役の小堺さんのキャラの立ちっぷり&目立ちっぷりに「このキャラの濃い設定をそれぞれ松潤、大野君にやらせればよかったのでは?」と。)(後に予定外に振り回されなくては話が成立しないと分かったので仕方ないけど)

後5人の絡みをもっと早めに持って来て欲しかったかな。これもネタばらしのタイミング的に仕方ないのかも知れませんけど。松潤&相葉君のやり取りとか面白かったです。
あとは犯人ばらしのシーンで「お前も怪しいだろ」みたいに藤木さんに指摘された時の二宮君の幽かに微笑む口元とかが快かったです。

色々書いたけど期待していたからと言う事で、実際は色々つっこみ乍ら結構楽しく拝見していました。
又、嵐5人でドラマやって欲しいです。
2010/01/06(水)02:13
紅白歌合戦。
今年はAKBとEXILEがインフレ起こしているのか、やたら人数の多いステージが多々見られた様な。
素敵だなあと印象に残ったのは
坂本冬美さん(CMでも聞いていたけどいい歌だ~大勢のステージが続いた中でひとり立つ姿が格好良かった)
ジェロさん(心に染みた。群舞とのバランスも素敵)
嵐(祝、初出場。いい歌揃いのメドレー。早着替えに驚き。鮮やかでした)
布施明さん(潔い引退宣言だけど、確かに代わり映えしないメンバーの中にはもういいよって人もいるけどあなたは違う。まさに歌の力。もっと聞きたい素晴らしいお声でした。)


ガキの使い
こちらは録画。CM多いし。前田美波里さんの「エンドレ」がツボすぎる!
あとは大地真央さんがすごかった。


爆笑ヒットパレード
みっちゃんのヘリコプターレポが楽しいです。最後の逆切れとナイナイ&鋭い高島アナとの応酬に笑いました。


ドリームマッチ2010
個人的に好きだった!のは
東京03&サンドイッチマン伊達組(続くクスクス幸せな心地良い笑い。最後空間を活かしたオチにオオ!)と
ロッチ中岡&次長課長井上組(やっぱり井上さんの世界好きだ。中岡さんのグネグネした様も嵌っていました)


ネプリーグSP
松潤かっこいいったら(西川センセイに笑った)。
5人の個性が出ていて楽しかったですねートロッコも乗れたし。
2010/01/04(月)01:55
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

新春浅草歌舞伎に行ってまいりました。今年で四度目。
全然歌舞伎初心者なのですが、あの町の空気含め好きで、楽しんでいます。
1/3 第2部。3階席。夜公演は初めてです。

お昼頃浅草に着いて、まず浅草寺にお参り、と思いきや浅草寺への人波がほぼ進まない状態を目の当たりにして怯む。
終演後なら空いているかな?と予定変更して、お昼御飯にうどん食べたり「亀十」さんのドラ焼きとかお土産に買ったり(皮がフワフワで美味しいです!)道端に立って団子食べたりしながら正月の浅草をお散歩。
このざわざわした雰囲気が楽しいです。お正月っぽいです。

とかやっている内に時間が迫ってきたので浅草公会堂に。
第一部の客出しが終わっていなくてロビーに人が溢れ返っていました。
パンフレット等を買っていたらすぐ開演。わわわ。

今回のお年玉挨拶は、片岡愛之助さんでした。
演目の解説とか、演技がいい時は拍手して下さい、って拍手の練習とか質問コーナー。質問は趣味は?とか今後やってみたい役はとか。(それぞれドライブ、皆色々やってみたい、とかだったかな)質問者には手拭いプレゼント。
客席に降りられる際に舞台の板(?)が剥がれてしまいました。すぐ御自分で直されていましたが。

ちなみに去年も行ったのですが日記書いていなかったなあ。回想。
去年行った日のご挨拶は勘太郎さんでした。
質問コーナーで「今ツボな事は?」か「好きなお笑い(テレビ?)は?」みたいな質問(すいません曖昧)の答えが「そうですね、今はやっぱり『エリザベス!』(真似付き)ですかねー」と答え、反応の薄い劇場内に「あ、いいですいいです」みたいな笑い。
私の連れも「何?」って聞いてきたな。んで「ザブングルだよねっ」と私はなんだか嬉々として友に返事…私もあれ好きなんで。
そういえばレッカペにゲスト審査員で出ていらっしゃった事ありました(よね?)ものね。
って1年越しのお笑い好きの記憶はさておき。

以下素人ながらの感想。
「袖萩祭文」
勘太郎さんの一人二役に驚きました。
パンフレット読んでそうなるのは知っていましたが、あ、ここでもう変わるんだーと。
怒りの正体バレが迫力で格好いいです。
七之助さんはやっぱり美しいですね。
途中、直方が手を付いていた門が外れるハプニングも。すぐ黒子さんが冷静に直していました。ところで黒子って雪のシーンだと白いんですね。そりゃそうか。

「悪太郎」
笑いました。亀治郎さん演じる主人公は正に憎めない困った男。
亀鶴さん演じる智蓮坊の翻弄された様と、二人のやり取りが可笑しかったです。
最後四人で踊る所も面白かったです。


劇場出ると通りのイルミネーションが綺麗。
浅草寺へ。段違いに空いています。正解正解。
夜の浅草もいいですね。
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。