道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/29(日)02:07
今から凄く見たい。「座頭市」!
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070726-OHT1T00045.htm

哀川翔さんと舞台で共演。しかも演出は三池崇史!

(哀川さんは)
>三池監督からは「すさまじい立ち回りを行う」と脅しをかけられたそうで
とか

>共演は阿部サダヲ(37)、長門裕之(73)、遠藤憲一(46)といった個性派キャストが顔をそろえる。阿部は耳の不自由な琵琶弾き役。初主演映画「舞妓Haaaan!」(公開中)では、舞妓しか愛せないサラリーマンを好演したが、この舞台では一転、シリアスな役を演じる。

とか見ると…シリアス!胸が高鳴ります。
スポンサーサイト
2007/07/29(日)01:56
2回目見に行って来ました。
あー面白かった。

1回目はやっぱり阿部さん!って感じで目がいって
緊張した意気込みで見ていたかもしれなく、
作品全体、としては1回目よりもリラックスして楽しみました。
初見より早く時間が過ぎた感覚。
あと、好きなシーンになると嬉しい、気持ちいいい。

駒子ちゃん可愛いよー!
公彦対内藤が初めて出逢うシーン。
一度目の時は2人に目がいって余り分からなかったのですが、
内藤が隣の座敷から現れて以来、駒子は目を伏せて
悲しそうな顔をしているんですね。
一見、不粋な振る舞いに嫌悪感を抱いているかの様ですが
心情を知ってから見ると、豆福に生乳のシーン、目を背けているのが切ない!

脚本を読んでから、公彦と駒子のデートシーンを見て
公彦の台詞を噛み締める。
あとやっぱり叫び声チェック。

柴咲さんはちゃんとその役に見えるのがいい。
みっともなく顔をくしゃくしゃにして泣くシーンが好きだ。

最後の踊りのシーン、阿部さんが堤さんを見て笑っているのが素っぽくてかわいいな。

もう公開終了間際だけど混んでいたし嬉しい。
こういうコメディ映画は皆でわあっと笑いながら見るのも楽しいですね。

2回目には2回目の面白さがあって、楽しかったです。
見る度にそれぞれの楽しさを感じ取るんでしょうね。
2007/07/26(木)01:47
一流と麺を啜る二階堂のシーンが可愛かったです。
一流からのお勧めの味付けはいけたのに二階堂のは×?
ケチャップかなんか。確信犯か二階堂。

えー。翼君が可哀想だな。兄からのフォローなしかよ。
2話目よりは好きだったです。
2007/07/25(水)01:01
ドブの輝き、8月17日(金) 深夜0:00放送。
http://www.wowow.co.jp/stage/otona_dobu/

wowowマガジン8月号は阿部サダヲさんからの
「大人計画に寄せる思い」インタビューが少し載っています。
「今回は話し合いをする機会も多くてその点も楽しかったです」っていう言葉に目が留まりましたです。インタビュー微笑んで話していそう。
いよいよ大人計画の、最新作放送ですね。
ちゃんとえっくすも放送されるとの事で安心。

それに伴いミニ番組
大人計画「ドブの輝き」放送記念 少路勇介のボクの親睦会
#1男子部 8月2日(木)深夜4:23 ほか
#2女子部 8月1日(水)午前11:23 ほか

少路さんが案内役!


関連番組
大人計画「まとまったお金の唄」 8月14日(火)深夜0:00 [193ch]
大人計画ウーマンリブVol.10「ウーマンリブ先生」 8月15日(水)深夜0:00 [193ch]
2007/07/23(月)02:43
別冊宝島 1418 この海外ミステリードラマがすごい!
別冊宝島 1418 この海外ミステリードラマがすごい!

「24」は2ndシーズン終了まで、「LOST」も「プリズン・ブレイク」も1stシーズン終了まで、「CSI」は各シリーズ飛び飛び、「デスパレートな妻達」も現在NHKで放送された所迄しか見ていない私がネタばれせんようにびくびくしながら読んでいます。あ、唯一「トゥルー・コーリング」部分だけびびらないで読めます。何度もいいますがあんなに面白いのに何故打ち切りだ。


んで、びくびくとばしとばし読んだ感想というか感じ。
巻頭の俳優さんの写真は、マイケルやソーヤー等、美形達が眩しい事。
制作側の話も載っていて嬉しい。各話ダイジェストは便利ですね。
ホレイショ名台詞、記者座談会、等楽しいです。

余り知らない見た事ないドラマにも興味が沸いていいですね。
海外ドラマ年代毎の歴史も追えます。

全部怯えずじっくり読める日を夢見て。


演劇ぶっく 2007年 08月号 [雑誌]
演劇ぶっく 2007年 08月号 [雑誌]

山内圭哉さんと片桐仁さんの表紙がほのぼのだ。
「ドブの輝き」特集8Pです。ちゃんと三部作に分けてあります。
まだちゃんと読んでいません。でもゴミ達の写真が可愛いのだったら。


2007/07/21(土)00:29
木っ端♪

いやでも舞妓直前位からはっているんですが
今月9で丁度いいと思うですけどなあ。

引き続き張り込みます。
いいとも!
2007/07/20(金)00:30
宮藤さんお誕生日おめでとうございます。(7/19)

今日のいいとものテレフォンショッキングのゲストは
高見沢俊彦さんらしいです。
グループ魂が参加した高見沢さんの新作ソロアルバム発売中です。
Kaleidoscope(初回生産限定盤)(DVD付)
Kaleidoscope(初回生産限定盤)(DVD付)


さあ皆で祈ろう。
2007/07/17(火)01:00
アジアカップのハーフタイムの時にHEY!HEY!HEY!に替えたら
ちょうどTHE ALFEEの高見沢さんが出ていて、

「コントをやりたいんですって?」てな質問に、
「アルバムでコントをグループ魂としたんですけど、
そういうのをライブでもしたいなって」みたいなことを言っていて、
魂のライブに高見沢さんがゲストで出演した対みたいに
高見沢さんのイベントに魂が呼ばれるなんて事もあるのかなあ?と思いました。分かりませんが。

録画していた訳じゃないんで正確じゃ無いですが。
魂は、写真が一瞬映っていましたよ。



佐藤寿人選手が出場して嬉しいな。
2007/07/17(火)00:49
「ファースト・キス」カテゴリ作りました。

二階堂のDJ OZMAの時の笑顔が凄かった。
真面目な一流のTMRが最高。流石あ。
美緒の着メロは24なんだね。
向こうにいた時に見ていたのでしょうか。

先週分、結構面白いと書いた舌の根も乾かぬうちになんですが
今週の感想は「余り…。」
いくら離れて暮らしていたからって
「妹の為に恋人を作る!それが俺の目標だ」と決心した兄が
ラブホテルで妹を意識するでしょうか。
今迄の話の流れで「ドキドキする」設定だった訳でも無いのに。




AVで「お兄ちゃん」が流れてドキリって………きもいよ。
2007/07/16(月)01:41
小島よしおさんと阿部サダヲさんって共演していたんですね。びっくりした。

Wikipediaで小島よしお→WAGEって辿って行ったら
出演作に下妻物語が。

阿部さんと絡むシーンあるかなーと思って見返したら
絡むも絡まないも、乳首吸えーって押し付けられていましたよ阿部さん。

DVDスペシャルエディションの特典映像、一角獣初恋ものがたりの
龍二の同級生をスピードワゴンのお二人と一緒に。
(当時は小島義雄表記)

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉


すいません、私「WAGE」時代の事を知らなくて、今見て驚きました。

筋肉が見事な体はこちらでも披露。
あの「オッパッピー」ネタのイメージが先行して……なんかまともだ。
2007/07/16(月)01:20
見て来ました。以下ネタバレです。





彦四郎には申し訳ないですが「貧乏神、厄病神、死神」が主人公の元に次々現れると言う設定は、ワクワクしました。


西田敏行さんの貧乏神が面白かったー!
佐藤隆太さん演じる小文吾に苦しまされる場面、
「可哀想だー」と去って行く場面、
何回も笑わされました。


厄病神さんは特に「~でごわす」口調になると棒だとおもう。

死神さんが主人公に惹かれて行く過程はもう少しじっくり描いてくれると嬉しかったかもだ。

いつも思うのですが佐々木蔵之介さんの苦しむ演技は本当にこっち迄息苦しくなる様な迫力です。「ん!」って軽い返事が可笑しかった。

妻夫木聡さんは好青年も似合うけど慶喜みたいな役、はまるなあ。
他の作品でも思ったけど悪い役とか無気味な役とか感じ悪い役とか怖い役やると、別人の様。
キャッツの野球選手の役とか、本当にふてぶてしく見えた。

神達の衣装が素敵。
カメラの切替が少ない印象。

ラストシーンは蛇足では無いかなー。

EDの直筆がユニークでした。
2007/07/15(日)04:40
横浜黄金町の映画館の屋上に事務所を構える、私立探偵濱マイク。
永瀬正敏さん主演で、90年代半ばに林海象監督が撮った映画シリーズを、TVドラマシリーズにした作品。
2002.7~9月迄全12話、NTV系。
ドラマの後興味が沸いて映画も見たのですが、マイクのキャラも茜を演じる女優さんも全体の雰囲気も違ってまた別の世界と言った感じです。それぞれ別の魅力を見せます。
私立探偵 濱マイクシリーズ BOX
私立探偵 濱マイクシリーズ BOX

↑映画版です。

このドラマの第一の特徴は何と言っても、それぞれの話を別々の十二人の監督が製作すると言う事。
当時ドラマシリーズでは斬新な手法で、話題を集めました。
基本的に永瀬さんとお仕事を一緒にした事がある監督さんが選ばれていた様ですね。
また、フィルム撮影、全編ロケ、豪華ゲスト、ファッションや小物が細かい所迄こだわりを見せて製作されていた所等も話題のドラマでした。

視聴率は高く無かったようですが、私は楽しく見ていました。
今回の話はイマイチかな、と思っても次は又違う監督だから面白いかもしれないし!と毎回飽きず見られて。同じシリーズ内でカラーの違うお話が毎週見られるのは贅沢。

OPが格好良かったなあ。
松尾ちゃんが「業音」の中でそのEGO-WRAPPIN'の曲「くちばしにチェリー」を使っていて、伊勢さんが踊り狂っていたり、「ミント」酒井若菜さん、「ノリコ」川村亜紀さんの真似して「マイク~マイク~」ておっぱいゆさゆさしていたりなのが思い出されます。
あと、メインテーマも勿論格好いいです。

とか、書いていたら川村亜紀さんがブログに阿部さんの事を書いていらっしゃいました。
http://ameblo.jp/aki-kawamura/entry-10039766325.html

阿部サダヲさんの役は「誠」。
きゃっきゃとしたオカマちゃん。
主人公濱マイクの幼馴染みで、マイクと中島美嘉さん演じるマイクの妹茜を見守る存在。
親から継いだコンビニショップの店長。
いじめられがちなキャラ。
…後半二つについては殆ど出て来なかった様な。
また、オカマキャラと言う設定とは言え誰か男性に恋したりする描写も特に無いです。

松田美由紀さん演じるさよこママが経営する喫茶マツモトに
いりびたり、毎回2人で歌を披露。
大概さよこママとセットで出ていましたが、アドリブの応酬だったらしいです。


以下、それぞれの理由でピックアップしたい回と、その時の誠ちゃん。本当に主観で。

個人的に一番好きな話
第9話
私立探偵 濱マイク 9 中島哲也監督「ミスター・ニッポン~21世紀の男~」
私立探偵 濱マイク 9 中島哲也監督「ミスター・ニッポン~21世紀の男~」

最も好きな回。面白いです!
「あなたのヒーローは?」
誠ちゃんのヒーローは「ワム!」
まこちゃんは電話の向こうの林家ぺーパー情報に大興奮。
「奇しくも」は阿部さんのアドリブ。
ぶっ飛んでいて突っ走って笑えて、なのにせつなく、感動する回。
人それぞれ心に抱くヒーロー。
マイクが凄く格好良く見えたし、忠志のキャラが魅力的に思えました。


ゲストキャラに心惹き付けられた話
第10話
私立探偵 濱マイク 10 竹内スグル監督「1分間 700円」
私立探偵 濱マイク 10 竹内スグル監督「1分間 700円」

浅野忠信さんの存在感!ユキオと言うキャラクターの設定が、話の筋が面白い!やまだないとさん脚本です。
「神様に許されていると感じる」為に取る行動…そしてあのラストシーン。目に残っています。
誠ちゃんは水掛けられて夏っぽい。


誠ちゃんがクローズアップされているかな?な話
第11話
私立探偵 濱マイク 11 アレックス・コックス監督「女と男、男と女」
私立探偵 濱マイク 11 アレックス・コックス監督「女と男、男と女」

TVシリーズは、マイクを取り囲む人々から毎回それぞれ、
持ち回りのようにクローズアップされる人物が出るのですが
誠ちゃんがシリーズ中1番取り上げられた回がこの回かなあ、という印象だったのでご紹介。…それでも他のキャラに比べたら少ない感じだったのですが。
茜ちゃんのイイお姉さん的な顔を見せるまこちゃん。ブランコのシーンが素敵。茜ちゃんもいい笑顔だ。


ベストオブ誠ちゃんビジュアルな話
第7話
私立探偵 濱マイク 7 岩松了監督「私生活」
私立探偵 濱マイク 7 岩松了監督「私生活」

さよこママのお留守番ってことでマツモトのママ役で奮闘する誠ちゃん。
花を頭に付けてお給仕。…この姿を予告で見た瞬間からもう次週が待ち遠しくて仕方が無かった思い出。
岩松さん有難う。

「阿部サダヲ過去作品」の括りなので一部ご紹介なのですが、第1話の香川照之さんの役とマイクのやり取りとか、好きだし感動したし、それぞれの話に見どころがあって面白いです。


関連商品
私立探偵 濱マイク オフィシャルコンプリートBOOK
私立探偵 濱マイク オフィシャルコンプリートBOOK

「全貌をこの1冊に完全収録」と謳っただけあって内容がぎゅっと詰まって痒い所に手が届いた濃い本です。
作品を味わい直したい人ならぜひ。便利だ有難いや、な本。
こだわりのディテールの数々は映像だけじゃ振り替えれない部分をじっくり味わえるし。
監督のインタビューもあるし。各話を写真で追って、それぞれのレギュラーメンバーのその回の模様迄。
永瀬さんがインタビューで阿部さんを語っていて、絶賛です。
阿部さん発信で出演者の間に流行した言葉があるとか、愛されていますね。
この後、永瀬さんが阿部さんを撮影した事があって、当時「東京カレンダー」買いました。怪しくてぞくり。
永瀬さんの公式で一部見られたんだけど今現在リンク切れているのかな?

『私立探偵 濱マイク』写真集
『私立探偵 濱マイク』写真集

本屋でぱらぱらしましたが誠ちゃんのドアップ、手のアップもあったかな…でも誠ちゃんのページ数少なかったんでこちらは買いませんでした。すいません。時を越えて独白。



当時、第2シリーズやってくれないかなーと夢想したものです。
その暁には誠ちゃんの出番をもっと!…と、夢想したものです。

……長い!(自分で言う)


http://sotome.jp/mike/top.html
2007/07/15(日)02:30
阿部サダヲさんの役は井上真央さん演じる主人公福永美緒の兄・加納和樹の友人で、彼と同居している二階堂 勝(30)。スタイリストと言う事で毎回の衣装も楽しみ。
月9パーマも決まって言う事ないや。

阿部さんの両足キック(2人同時にヒット)がかっこよかったよー!
格ゲーで使いたいもの。
↑→←+Lボタン(大キック)とかか。とかか、じゃねえよ。


伊藤英明さんと劇団ひとりさんとの男三人のやり取りが可笑しい。
結構その場面多くて嬉しいし
なんかいつもわちゃわちゃしているよ。やつら。
想像していたより出番多くて満遍なくいて嬉しいです。
メイキングで川島さんが「アドリブとかを結構カットしないで拾ってくれる」的な事を言っていたので今後も期待出来ますね。
お三人ものって演じているようですし。

そのメイキングも色々な所に視線送った作りで楽しかったです。キス顔撮影とかひとりひとりやってくれたし。


「我侭な女の人」って書方によったら愛せないと思うんだけど
この脚本は魅力的に描いていて上手いなあと思いました。
変に可哀想可哀想しないし。ちやほやしないし。
涙涙に入りこまないと言うか。
二階堂も一流も早めにうんざりしたり。
番場もコントみたいにアシスタントぶったりしなかったり。
お兄ちゃんの「健康な人だって悩むんだよ」とか。

ん?と思った所。
・激高して猛然と出て行く心臓に爆弾を抱えた患者を追いかけもせず
 ポジティブな電話をかける医者。未熟とは言え。
・あの状況で兄妹のちゅうはなんでだ。ちょっと無理目。

突然の我修院さんにびっくり。
阿部さんの「その靴商品……!」が可笑しかった。

進藤一流とか結城秋生とか男性陣の名前が格好いいな。
結城はかっこいい相手役(候補)なんで当然かもしれんけど
「いちる!」って台詞聞いた時「川島さんずるい!かっこいい!」って思いましたよ。


初回見て、予想以上に入り込めそうです。
好きな役者さんが出ている作品が面白いのは幸せな事だ。
2007/07/14(土)03:42
松尾スズキ演出ミュージカル「キャバレー」
ぴあのプレリザーブ当選しました!
なんとか先行で、チケット確保。

うわープレリザーブ当たったの初めてだ。
嬉しい。
2007/07/12(木)22:24
グループ魂の三都市ツアー横浜ブリッツ
スペースシャワーで、やっと観ました。


んーやっぱ1時間に縮めるのはなー勿体無い。
盛り上がったAKIRARETAがカットとか
高見沢さんの歌の前のやりとりとか
なにより中村屋のアンコール部分が無いのが!

でも初めと終わりの破壊暴動カヲルバイト君のピースは可愛かった。

カメラアップで嫁とロックのネグリジェの想像以上のレースふりふりや髪のカーラーが事細かに見られて楽しい。
2007/07/10(火)01:46
舞妓Haaaan!!!
舞妓Haaaan!!!


映画オリジナル作品の原作シナリオ本。
映画を見ている最中から「買わなきゃ!」の焦燥感にかられ
一気に読みました。
映画と異なる部分を探してアレンジを知るのも
その後再び見直すのも面白そう。
木更津キャッツアイの猫田のときも宮藤さんは言っていましたが
阿部さんは脚本に書いたまま本当に口にする、を確認出来ます。

公彦の富士子への別れの言葉ににやり、
公彦の駒子への愛の言葉にそんな予定も無くぐっ。
「傘をしまって下さい」あっさり書いてあって好き。



巻末には阿部サダヲ×堤真一×宮藤官九郎対談。
堤さんの初めての撮影があのシーンからだった…という事実に笑いが込み上げました。
2007/07/09(月)01:43
見ましたよ。本当は公開してすぐに。待ち切れないもの。
阿部サダヲ主演作品。いやー楽しい映画。
「全く感情移入出来ない」主人公が舞妓への思いのみで突っ走る!
なのに、なんて魅力的。
途中何回も「なんで阿部さんてこんなに面白いんだろう。」って思いました。
台詞の話し方、表情、間合い。身のこなし。

もう好きになって結構経つのに、未だに。



以下ネタバレ注意です。



前半が特に好きです。笑い捲って暇が無いくらいなのに
ミュージカルが始まるあたりに
「ああ、阿部さんはこの映画の主役なんだなあ」って思って
なぜだか鼻がツンとしました。

そして見ている再中に早くシナリオ集買わなきゃ!との思いにかられました。
だって本当に「おぬっ!」「ぎぃやあああー!!」って言っているんだもの。
終わり次第、一連の書物(脚本、裏表公式本)、予習DVD(先に余り内容を知りたく無かったので宣伝番組等も作品シーンは飛ばしていたんです)注文。
2回目見る時は脚本を踏まえて、又違う味わいになりそうです。


公彦は本当に自分勝手で、自分の夢だけしか見えて無くて、
「京都出身じゃ無かったら嫌いになるに決まっているじゃん」のあたりとかもう最高。観客が嫌いになれないのが絶妙。
宮藤脚本の台詞を最高の形にしているのが伝わって来ます。

堤真一さん演じる内藤が獄中の公彦に会いに言って最後「い~~」って言葉にならない所が可笑しい。異常性「公彦>内藤」が明白になった瞬間。
最後、駒子が自分の衣装を選んでくれて感極まっている所とか、いいなあ。

小出早織さん(時効警察のマカデくんだよね)演じる駒子は凄く、凄く可愛い。富士子が「かわいい…!」って言っていた時一緒に本当にそう思った。

京野ことみさんが美しかった。舞妓も芸妓も、似合うなあ。

北村一輝さん最高。なんで見る度に驚かすか。

内藤をたぶらかす女性に、秋山菜津子さんと知った時の喜び。
なんて説得力。

柴咲コウさんが駒富士に決まった事によって駒富士側の話をもっと広げた、と宮藤さんがインタビューで仰っていたのが分かりますね。舞妓を目指す話、そっち側だけでもこれとは別に青春物で一本作れるんじゃ無いかと思うくらい興味が傾きました。


おめでたい楽しい作品に、期待度が高かったと言うのも含め。
本当言うと音楽の使い方は余り好きじゃ無くて(EDは別)
ミュージカルシーンも余り心持って行かれませんでした。
いつもミュージカルシーンを見ると「音楽って、ずるいよ!」って
「音楽全体への力」に圧倒されるのですが。
阿部さん、真矢さん、って役者さんが素晴らしいから
演出、音楽にもうちょっと…と期待してしまう。
でも阿部さんの足の上がりは事前情報通り凄く上がっていて素敵だ。

阿部さんが「宮藤さんの作品の中でももっとも弾けている方」って
仰っていた実際をこの目で確認。本当だ。冒頭からずっと笑わされました。

ストラップ、Tシャツ、ライター(ピンク)うきうき購入。
又見に行きます。
というか他の人に誘われたら何回でも断らずに行くと表明。
1人でも行くよ。
2007/07/09(月)01:00
阿部サダヲさん出演「ファースト・キス」本日開始!
http://www.fujitv.co.jp/first-kiss/index2.html

14:07~
必見!今夜9時スタートみどころ満載SP
が放送されます。

あと、めざましTVは録画しておこうかな。
2007/07/08(日)10:39
問題VTRで「ファーストキス」チーム出演。
阿部サダヲさんも出演。
「幸せであるように。」
心で祈っています。


普段見ないエンタの神様、小島よしお(平仮名にしたんだね)
目当てで見た。松尾ちゃんのブログにも名前があるなあ。

桜塚やっくんが「舞妓Haaaan!!!」ネタを。
タイトルロゴが上手いな。
公彦の絵が矢鱈に凛々しいぞ。
2007/07/05(木)02:09
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森



ばかりやっています。だって、赤かぶに水上げないと!

あだ名はバンチョーです。よろしく。
ビバスローライフ。

いいなあ。まず引っ越して、アルバイトから始めるのがツボ。
さぎょうぎは可愛いと思う。

このゲームの存在が気になっていますよ未購入ですよの頃、
デパートに映画の宣伝で、きぐるみが来ている事があって、子供に大人気で囲まれて。
でもゲームをよく知らない私の心は騒がなくて、
「ああゲーム購入したらこの時をもう一度味わいたいと思うくらいキャラが好きになるんだろうか」と思っていたら本当になったよ。

そう、その時来ていたキャラでした、たぬきちが可愛いよー!
目が青いのが可愛いよ。「だなも」が可愛いよ。
買うんだも?の時に手を頬に当てるのが可愛いよ。
他の皆もやっているけどもよ。
店歩き回るとお腹ゆさゆさして追っかけて来るのが可愛いよ。
わざと逃げ回ってみるよ。
店の中にいたままゲーム閉じて23時になって開けたら外に追い出されているよ。
コンビニからスーパーになると裸エプロンの様だよ。(汚い大人)

あと、ペンタは離したく無い。筋肉好き男に惚れた事のない私がやつには夢中だ。

何故急に日記にかいたのか。
それは今日シーラカンスを初釣りしたからですわーい。

虫追っかけて魚釣ってお金稼いで家具買って洋服着替えて花育てて新種の花が生まれて家改築して好きな色に屋根塗って友達に手振って今日もおやすみ。
2007/07/04(水)02:09
small planet
small planet


この方の写真を初めて見たのは芸術新潮かなんかの記事だったか。
わああ、とおどろいた。今迄にない新しい驚きの感覚と感動。
それから結構経ったけど、日々ゆるやかふつふつと、
私の「手に入れたい」「手元に置きたい」感覚は積もり。
この前購入しました。
ひっそり手元に抱いて置きたい気持ち。なんだろうな。

もしまだ見た事ない方がいたら新しい気持ちで見て頂きたいので
余り語りませんが、なんだか好きなんですよ。
2007/07/04(水)01:49
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/07/02/0000433232.shtml
ボウリングSP当日、制作発表がありました。
この写真の立ち姿がすてき。
めざましTVでは阿部さんはほんの一瞬映っただけだったよう。
「劇団ひとりさんや阿部サダヲさんもいたので会場は笑いで盛り上がって」的な事を仰るなら映してくれよ軽部さん。と思った録画の夜。
この記事によると阿部さんは伊藤さんや川島さんとともに井上真央さんに振り回される役らしい。困る阿部さん…いいなあ。早くもワクワク。
2007/07/03(火)02:19
胸に「ABE」と刻まれた黄色いボウリングシャツを見に纏い阿部サダヲさん生出演。ああドラマの喜び。

そして9ピンゲット。すごい。
そう、阿部さんはこうなんだよなあ。格好いいんだ。

中居さんが阿部さんをいきなりいじって嬉しかったです。
今迄も何回か共演してアンフェアの時もこのボウリングに出たけど
ここ迄ではなかったのに。(なんか気になってはいたようでしたが)
SMAP×SMAPの流鏑馬で何かを掴んだのだろうか。
いきなり因縁つけたようにばしばし叩いてかまって時間とって見ていて嬉しかった。
あと、最後の1ピン対決でも「阿部ちゃんか伊藤君とかじゃないの?」と言ってくれて。

前に中居さん「阿部って名前の人は俺、皆阿部ちゃんって呼んじゃう」って言っていたけど本当に阿部ちゃん呼びでしたね。

後半画面の後ろの座席ではしゃいでいる阿部さんの姿が。
立っているときも他の人のプレーにいちいち反応して楽しそうで見ている方も楽しい。
仕草がねえ、最近より一層可愛らしい気が。


あと余談ですが、この番組では中居さんのバランスを取る感じが
個人的に好きなんですよね。
空気に敏感に反応してそれをそのまま言葉に吐き出す感じが。
MCっぷりを皮膚に曝け出すような。
最後、スタッフロールが流れ出して、真矢さんが失敗して
もう時間がない、成功しなきゃ落ちがつかないっていうときに
顔つきがスッと変わって1ピンゲットしたように見えて、凄い格好良かったです。
流石「スター」。
2007/07/02(月)02:35
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/0702bowling/index.html


「ファースト・キス」
 井上真央・伊藤英明・平岡祐太・劇団ひとり・阿部サダヲ・松雪泰子

阿部さん生放送御出演。こういうのが嬉しいんですよねドラマって。
2007/07/02(月)02:21
慰安旅行二つ纏めて。
#3
路上ライブを始める魂。
何の歌を演奏するのかと思ったら
暴動ギター、カヲルマラカス、遅刻タンバリン、小園ペットボトル
破壊手拍子アンドコーラス、でバイト君ボーカルで
「ともかず」!

バイト君の振り付けは歌詞とリンクしている。
こーすーりーつけるだけー♪
道行く少年の方を抱いて「体は40、心は中2さ~」
パケット通信中♪
のんびりまったりゆるやかで歌詞が不穏な風景。


#4
最終回

山喜旅館に到着。
http://www.ito-yamaki.co.jp/index.html
と、玄関を見るや手を叩いて爆笑してひらひらと飛んで行く暴動。
なんと石鹸とそればかりでなく御両親がお出迎えサプライズ!
破壊携帯手にしているのは写メ撮った?
これでようやくメンバー集合の喜び。

浴場ではしゃぐ魂の諸君。カヲルさんマーク大活躍のオープンさ。
カヲル破壊バイト君のくんずほぐれつ。

宴会。お風呂上がりの髪が、皆可愛いぞ。
石鹸父の乾杯の挨拶の間にナチュラルにビールをフライングして飲む破壊。
すかさず暴動が「スイマセンもうひとり飲んじゃっていますけど…」
破壊は自分で注ごうとしていたけど
そう言いながら暴動がすぐお代わりを注いであげる所が優しいです。

寝室。
まだ3/30だけど今年の魂の活動はお開き宣言のカヲルさん。
えー。
しかし破壊の足を抱える様は可愛いなあ。なんなんだ。やっぱり肌白いなあ。
突然遅刻に「なんだよー!」(なにが)とじゃれつく石鹸、
(この間破壊がその方を全く見ようとしないのがなんか凄い)
巻き添えを食う破壊。この後石鹸にワザかけようとしていたかも。
中学生かほんとう。

てところでめでたく旅行の模様はおわり。


スペースシャワーTVのライブの模様はまだ全部見ていませんが
冒頭見ただけで以前書いたライブレポと違う部分ありで
スイマセン。修正しておきました。
カヲルデザインのTシャツの話題の部分。
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。