道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/27(水)03:40
火曜日ムゲンダイは、チュートリアルの90分。
もう最近、一週間の楽しみで。
だってCMなしで1時間半もたっぷり話が聞けるんですもの。
で、今週の無限大で話題に登っていたのが「脳内メーカー」なるサイト。
http://maker.usoko.net/nounai/

名前を入力するとその人の脳内の成分が分かる…という
遊びの様な占いの様な物らしいのですが
番組内でチュートリアルとピースの4人をはじき出してみた所
結構どよめく結果に。(特に綾部さん!)

有名人は初めから結果がリンクしてあって

阿部サダヲさんを見てみましたよ。

http://maker.usoko.net/nounai/r/%B0%A4%C9%F4%A5%B5%A5%C0%A5%F2



おおおおお。
スポンサーサイト
2007/06/25(月)01:35
阿部サダヲさんゲスト。

「ムカつく女の人の行動」の質問の話が可笑しかった。
そんなに傷付けなくても…っていう。
阿部さんの、こういう心の微妙な動きをつく話、好き。

「舞妓Haaaan!!!」の撮影現場、ラーメンを配るシーンで
本当に勘違いした一般の人が群がった話、実際に映像もあって面白かったー。
外国人の方、本当関係者のように立派な出で立ち。

横浜で魂と御一緒した時のお姿も記憶に新しいTHE ALFEE高見沢さん。
流石にグループ魂を御存じで「バイト君」って単語が
話題に自然に流れて来た時ちょっと嬉しかった。映像も流れたし。
って、叩いた方だけ白髪…。

堂本光一さんが普通に「グループ”た”ましい」って呼んだ時
ちょっと感動したぞ。最近「だ」に慣れていたのか自分。自問。

魂はロック歌謡なのか?あの流れと一緒のボードなのか。
パンクコントグループならまだしも。
しかも例に出されていたのが嫁とロックだし。

堂本ベストヒットたかみーは松田聖子の1984年「Rock'n Rouge」
は、と気付く。破壊じゃなくて阿部サダヲさんの歌う姿と言うのは新鮮。
ハンチングにTシャツの装いの阿部さんが。
いつもの破壊キャラに入っていないから表情が全然違う。
歌も(持ち歌じゃないと言うのも勿論あるけど)いつもよりぎこちない。
でも(「目を伏せたー♪」だっけ?)サビの前の高い所もちゃんと声出て歌い上げて格好いいーッス。
「pure pure lips♪」可愛い。
2007/06/24(日)04:55
夏目漱石の「夢十夜」を十人の監督が映像化。
比較的原作の流れに沿った物から「元はどんな話だっけ?」と言う物迄。


目当てにしていた物が期待通り、
いや期待を飛び越えて面白かった時の嬉しさ/なぜか誇らしさ。

見ている間松尾ちゃんやっぱり凄いー!の思いに溢れました。
のっけからもう格好いい!

岩場を奔り抜けて来る男。
モノクロでアップの阿部サダヲさん。迫力。
阿部サダヲさんならではの迫力。
ああ大画面で見られて嬉しい。
ああ松尾ちゃん、私はあなたの描く阿部さんが大好きです。

阿部さんの文章の読み方がナゼだか凄く可笑しみを誘う。
本当にこういう装い、阿部さんは着こなすなあ。
撮影風景を写真で見た(以前リンク張りましたけど)
時の色彩も美しかったですがモノクロも美しいですね。

音楽がかっこいいーと思ったらヨタロウさんが絡んでいらっしゃるんですね。

TOZAWAさんは私は今回の事で初めて知ったのですが凄いなあ。
あの身体の動きにただただ圧倒される。同じ人間とは思えませんでした。

伊勢志摩さんの「moe!」が残ります。
字幕が可笑しい。DVDでゆっくり見直したいな。

熊のところで場内から笑いが。あははは、ああするか。

そして石原良純さん!!本当だよ、良純!なんであんな夢を。と、こっちが言いたい。
本当はキャストに名前載せない方が効果あるんだろうなしかしそうも行かないんだろうなという位のオチ人選に思えました。

鏡の前で汗だくで湾曲しているズミ最高。

そして楽屋の端っこには赤鬼のコスチュームが!
えらいツボでした。松尾ちゃん素敵。

とにかく凄く格好良くて面白かったです。
映画館内の空気をがあっと持って行く迫力。



第一夜の役者の松尾ちゃんはヒゲがなくて若い。

第六夜以外では第十夜が好きです。
漫☆画太郎好きにはそりゃ堪らない。
本当に「ぶべらっ!」って言っているんだもの松山ケンイチが。
船に乗るシーン、なにあの悪夢。
チョコレート工場?と言ってもマリリンマンソンの方の。
本庄まなみさんも石坂浩二さんも可笑しいよー。
そしてパナマ帽を狙う感じがあんな風になっているとは。
板尾創路さんの佇まいは何故あんなに面白いのか。
2007/06/22(金)01:10
とんねるずのみなさんのおかげでした。
食わず嫌い王選手権。
ゲストは阿部サダヲさんと酒井法子さん。
阿部さんの「出たくないくらい好き、大事に出る」っていうのは
いいメッセージだなあと思いました。本気なのが伝わる。
それを取り上げて感謝の言葉を述べた石橋さんにも伝わったようで嬉しい。

この流れで「パーマかけて来たんです」と矢鱈にアピール。
月9パーマ。
なんかでも顔色がいつもにまして白く
疲れているんでは?と思いその後すぐ好きな番組出演での緊張の余りか?とも思いました。
モニタの自分を確認して「だって出ているんですもん」に笑いました。

お土産のシフォンケーキは美味しそうでしたが
酒井さんに続き微妙な反応でしたね。
でも牛乳があれば!きっと!

とんねるずのお二人が阿部さんの事を楽しんでいらっしゃるようで
見ているこちらも嬉しかったです。
独特の間合いとか大切にして、言葉の1つ1つに注目して笑って。
わりかしに両思いだ、きっと。

途中から呼称が「サダヲくん」になったのが可愛い。
酒井さんの嫌いなものはこれだと思います、と言い切った後に否定されたらあっさり「じゃあ違うのかな…」と覆したのに笑いました。

嫌いなもの、当たって嬉しい。
パイン嫌いなの私知らなかったので。
なんかでも変に饒舌だなあ、攻めるなあとか何となく。

でも「わかりづらい!流石役者さん」と誉められた時
「緊張して味分からなかったんです」と言っていて、
それが、好きじゃないものを食べた時逆に分かりづらくさせてよかったのかも知れませんね。て、結局一発で当てられていましたけど。
好きなものも美味しくなかったら可哀想だな。
「参りました」時の泣きそうな感じがスイマセン可愛かったです。
酒井さんも2人でおそろいに涙目でくしゃくしゃ。
罰ゲームもその流れで顔クシャーとさせながら
「そんなの、決めてなかったじゃないですかー!」
でも「説明書読んだ?」ってやりこめられちゃう辺りが又良し。

悔しそうに「一発で当てられちゃう人嫌いなんですよ」
フレンドパークの時と一緒だー!と笑う。
歯がゆい思いですよね、それ。

初登場で罰ゲーム迄見られて嬉しいな。
でも野球を知らない自分を罵っておきました。
似ていたんだろうな。

またとんねるずさんとの共演が見たいと思いました。
食わず嫌いリベンジして下さい。

公式から抜粋。
◆阿部サダヲさん紹介のお土産◆
『シフォンケーキ』
店名:秋田「野の花シフォン」
価格:1,050円(プレーン・20cmホール)※他の味は値段が異なります。
住所:秋田県南秋田郡大潟村字西2-4-13
地方発送:あり
問い合わせ先:0185-45-2622

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/minasan/
2007/06/20(水)02:38
http://www.excite.co.jp/season/other/sid_00171182128955.html
そのネプ理科でも映像が出ていた、ドブの輝きでも取り上げていたでおなじみ。

今日来日らしいです。ビリーズブートキャンプのビリーさん。
2007/06/20(水)02:24
リンカーンの説教先生、今回は堀内健さん。
面白かったー。
ラテ欄見た時から期待していましたが期待通り。

ところでネプチューンでは地雷喫茶のネタが好き。

ホリケンさんは勿論凄いと思っていたけど
枠組みのかっちりした、サクサク進行しなきゃ
成らない番組だと「それを壊す、妨げるもの」として
異端さが番組の求めているだろう以上に際立つ事もあると
思うんだけど、こういう自由にさせる番組だとハマるんだなあ。

私にとっては「面白い!」と同時に「ヤバいよね?」と言う
危うさを常に感じさせる存在なので
松尾ちゃんの「俺はホリケンの生理が分かる」って言葉を見た時
すげえ…!と思った。対談とかして欲しいです。
春子ブックセンターの宮藤さん対談も面白かったですが。
「ゴルフするんだよ!がっかりした?」



ネプチューンつながりでネプ理科。
特に書きませんでしたが前々から思っていましたがこの番組面白いですよね。

精神的な傷付きは、実際に肉体的な痛みと同じ様な痛みを受けている
事が最近の研究で証明された、でもその人の持つ心の素質によって
その痛みには差が出るって言う話(あー忘れてる。不確かな表現だと思いますが聞いた時は感動したのだスイマセン)にぞくりとしました。

様々な人の肌をすっと刃物で傷つけた時より
様々な人に1つの罵りを投げた時の方がダメージに差が出るって事で。
なんか鳥肌。
2007/06/19(火)00:34
私の阿部サダヲさんのイメージと言えば

「Laox以外は器用」

役者、歌手のみならず、バラエティの
ゲーム系の番組に出た時もその運動神経を発揮して活躍。


ということで、今回はあるイミ新鮮な映像が!
いやあ珍しくダメダメなん。グデグデなン。んで、にこにこなン。
なんだか愉快なテンションに。
リハーサルで練習とかしなかったのかな?
弓使う役ってまだしていないんだっけとか思う。

三文字流鏑馬のコーナー。
弓の持ち方間違えて、当てるどころか放てない状態。
指摘された通り指震えちゃっているし。
出来ない時はおもいっきり出来ないんだなもう気持ちいいというか。
笑いました。なのに本人「面白い」とか呟いちゃっているし。
可愛いぞ。
なんだか周りの空気が妙に阿部さんをもり立てる感じに。
中居さんとの絡みが個人的にツボです。

「公家ですよね」と言ったのは木村さんでしたか。
おお、いいね。公家上等。役で見たい。なんかムカつくやつ。


なんて笑っていたら突然三回目で凄く惜しい所に放つ。
そして思い出す。阿部さんは凄くのみこみが早い。
ベッキーさんと出た時のフレンドパークでも似た事があった様な。

え、何それ結局格好良くないか?
ダメっぷりに愛おしさを覚えていた気持ちをおいてけぼりにさせて、
いちいち驚かせて貰って有難いや。

公家も野武士も見たいぞ。
2007/06/18(月)01:43
フラガール メモリアルBOX
フラガール メモリアルBOX


WOWOWで。ネタバレあり。

炭坑の仕事も行き詰まる暗い北国に、南国ハワイが降って沸く。
実際の話ってのが。今の価値観からしたら耐えられない
エピソードも当時はこうだったんかなあと思うと暗い霧が。

蒼井優さんが魅力的。どのシーンでも目が行く。
「花とアリス」の時も思ったけどダンスシーンがひたすら美しい。

早苗が殴られるシーンは本当に痛ましい。
生涯で一番高橋克実さんが憎くなった瞬間かもしれない。誉めていますよ。
ベタかもしれないけど、早苗が紀美子に小包で髪飾りを送ったっていうのが本当にいじらしくて可愛くて感動した。

男湯に乗り込む松雪泰子さん演じる平山先生、
「お前かー!」格好いい!
早苗との別れの日に、向こう向いて小石を投げる先生最強。
実際の先生が未だ現役と言う最後の字幕にも溜め息。

豊川悦司さんの兄ちゃんは格好いいなあ。一見弱気な感じなのに
スコップ持って車に立ち塞がる佇まいなんて。

しずちゃん可愛い。その分だけ涙が出る。

池津祥子さん、素敵。
眼鏡を外した時とのギャップがぴったりだと思った。
息子からの声援に「当りめえだ!」とピースで返すの場面格好いい!

三宅弘城さんはほんとに健気で可愛いかった。見る度和んだ。
心に素直にすっと入って来る役柄だった。

富司純子さんの「仕事とは暗く耐えるものだけだと思っていたけど、
明るく皆を笑顔にさせる仕事があってもいい」みたいな言葉が好き。

何度も涙が。

「ウオーターボーイズ」とか「スウィングガールズ」とか
この手の役者さんが実際稽古する作品って、クライマックスの
発表のシーンはドキュメンタリー的要素も入ってそれも面白いんですよね。
三宅さんなんか本当に「優勝は白組」「やったー!!」って感じだったんではと思うとそこら辺メイキングとかで映っていないかなあと思う。

常磐ハワイアンセンター、今迄興味なかったけど単純に行ってみたくなっている。
2007/06/18(月)01:10
M-ON!TV、グループ魂の慰安旅行その3。

伊豆ぐらんぱる公園
http://www.shaboten.co.jp/guranpal/
でカヲルさんが延々とパンダのコイン入れて動くやつにのっている映像。
「迷子の迷子のミュージックオンティーヴィー♪」
M-ONのテーマ曲もばっちり。

嬉しそうに写真を撮る遅刻とやっぱり大爆笑の暴動が楽しそう。
当のカヲルさんは追い詰められた感じで素敵。


テレビ東京でJAPAN COUNTDOWN。
破壊暴動バイト君カヲルさん。きつめにイスに座る。
ゆったり紹介するカヲルさんに苦笑の暴動。
「彼が脚本書いて、彼が主演して、我々は…仕事がなくて」

とりあえず、破壊のTシャツ!
はじめ映画のグッズかと思っちゃったらとんでもねえ。

暴動は「破壊さんくらいになると」って言い方割と使う気がする。
なんか笑えてすき。
柴咲コウさんについて「まず本当に来たので吃驚した」と暴動。
よく言われる柴咲さんと破壊のレコーディングの仕方の違いに付いて。
カヲルさん、「飽きちゃうから」
本当に魂ベースでレコーディングして下さったんですねー。

破壊が来る前にカヲルさん、バイト君がいた所に
柴咲さんが入って来た時が一番困ったって話が可笑しかった。
カ「今は何を話せばいいんだ?」
暴「下ネタじゃない?」
カ「下ネタかぁー……バカかお前は!」
暴「ノリツッコミされたよ…。ちょっとショック」

皆ニコニコして楽しそうだ。
2007/06/16(土)03:33
金曜日は阿部サダヲさんラッシュでしたね。
録画してまだ見ていませんが。
宮藤官九郎さんのZEROだけリアルタイムで見ました。
柴咲コウさんの等身大舞妓はんと共に登場。

映画の内容そのものというよりは様々な面を持つ宮藤さんに迫る内容でしたね。
あ、あとラーメン。あれはでも考えてみたら今迄なかったの?という位
いいアイデアなんでは?と。買いたくなりましたもの。

以下、東宝のページより抜粋でございます。

TV・ラジオ
6月16日
NTV 舞妓Haaaan!!!もスッキリ!! そうだ京都へ行こう スッキリとの映画コラボ特番

CX
脳内エステIQサプリ
サプリ出題(柴咲コウ)

6月17日
TFM
カンクロード・ヴァンダム
映画紹介

6月18日 CX
SMAP×SMAP
ゲスト(堤真一、阿部サダヲ)
NHK
スタジオパークからこんにちは
ゲスト(阿部サダヲ)

6月19日 CX
男おばさん
インタビュー(堤真一、阿部サダヲ)

6月20日 NTV カートゥンKAT-TUN
ゲスト(阿部サダヲ)

6月21日 CX とんねるずのみなさんのおかげでした
食わず嫌い王ゲスト(阿部サダヲ)

6月22日 NTV ウレセン! 映画紹介
NTV 未来創造堂
ゲスト(宮藤官九郎、小出早織)

6月24日 CX あっぱれさんま大教授
ゲスト(阿部サダヲ)、コメント(柴咲コウ、堤真一)

CX 新堂本兄弟
ゲスト(阿部サダヲ)


目白押し!嬉しい。
2007/06/15(金)02:27
5コ前の日記の続き。これ位一息に書きゃイイとも思う。

6/9はろっくのひ。orbit blender vol.14 にいって来ました。
サケが出るよ、て友人に誘われあまり情報も入れずのこのこと行ったのですが
いやー吾妻光良トリオが格好良くて痺れました。
演奏は勿論トーク面白く。
客席に向かって改まって「皆さんは、どういう方なんですか?」に笑いました。
途中で弦が切れるアクシデントに「牧君よろしく!頑張って」
とメンバーに声援を送りながら弦を交換。「御迷惑をおかけしました」
ステージ上でいつのまにか酒盛りが始まっていたり。
渋くてチャーミングで素敵でした。
その後、トイレにいったらスタッフルームから出ていらして脇を通って。
「格好良かったです!」と訴えました。目で。

エモリハルヒコ&NOB(エシバイ)はなんだか衝撃でした。
一本目終わった時ざわめきが起きてたぞ。
手拍子に合わせて踊る鳥の様が。ゴルフするおっさんの絵が離れない。

SAKEROCK。ああ慰安旅行気持ちいいー。
ハマノズブートキャンプ、麻疹が蔓延しましたとさ、に撃沈。
YO-KINGのまね、っつってハッピーバンクデーツーユーにやられました。
前の方で見ていたらハマケンさんが飛び込んで来る。タッチしときました。
最後、アンコール「生活」で星野さんの眼鏡が飛んで
かぱっと口を開けて笑い乍ら爪弾く様がああ青春。なにが。
星野さんの着ていた「INSTBAND」Tシャツが可愛かったので買って帰る。

色々聴けて楽しかったです。
ガツガツしてなくゆったりした感じを楽しみました。
上手前の方で偶々見ていたのでメインもサブも見易かったし。
ライブってたのしいね。ってあらためて。
2007/06/15(金)01:58
「舞妓Haaaan!!!」6/16(土)公開前日。
今日金曜日は阿部サダヲさん出演チェックが欠かせません。
まずめざましTVと、あと日本テレビ系は終日気にしておいた方がイイかもですね。
録画して出勤します。
2007/06/14(木)01:30
第2回目。

移動
カヲルさんのおともだち「えんどうくん」と合流。
かんぱーい。

こんな短い映像の間に、
始まりと終わりで一般人の方に「魂知ってる?」と聞く。
それぞれ破壊とカヲルさん。
若い男性に、知ってる!紅白出ていましたよね、といわれはしゃぐ破壊。
若い女性店員さんに、知らない、ホームメイド家族が好き、と言われ、
「そこと一緒の出なんだよ?」と吹くカヲルさん。

ところでM-ON!で魂のプロモ集も放送。
実は嫁とロック初めて見られたんです。感動。
バイト君もカヲルさんも魅力的。
カヲルさん演じる嫁、見ているうちに、一瞬可愛く思える。

ローテンションガールも。いい歌だなあ。
映像は映画のを再編集した感じなのですね。でも華やかでいい感じです。
2007/06/13(水)01:38
ドブロクの唄再開。わあい。
セックスアンドザシティ面白かったですか?

hon-nin vol.03
hon-nin vol.03

hon-ninvol.3発売。
ビートたけし×松尾スズキ!
2007/06/12(火)03:06
阿部サダヲさん2回目の御来園!
アンフェアで共演した濱田マリさんと。
蓮見と小久保のそんなに仲良くない2人はこちらでは仲良くいいコンビ。
お揃いのユニフォームでチームA!

壁に引っ付くやつ(←覚えようとしない)早速クリア連発の阿部さんに惚れ惚れ。あれさあ、一番格好いいクリアの仕方じゃないすか?2段ジャンプのやつ。

漢字変換、濱田さん、回転早いですね。いいコンビ。

阿部さん膝で光止めたり、カンで独自の戦法を持っているのが素敵。濱田さんに怯えて己が腕を抱えたりする辺りがキュート。

クイズでは大人計画の問題も出て来て嬉しいな。
なぜ松尾ちゃんの名前が出て来ない!とは思いましたけどな。

「グループだましい」を司会者ご両人に連呼されお客さんクスクス、多分会場の気持ちは1つだったんではと。阿部さんも流さず訂正。逆に嬉しかったりな展開。

いきなりダーツ三本ゲットのハイペースでどうなるかと思いましたが
取れた商品は水とジャージと言う辺りが。
て言うか阿部さんの希望商品が水とジャージって言う辺りが。
実際にその場でその量を目の当たりにした段階で「こんなにあると思わなかったんで…」と動揺する辺りが。
事前に十万のダーツ一本以上の値段と言う説明は受けているだろうにと言う辺りが。

でもなんか、阿部さんは賞品を持って帰りそうな感じというか。なんとなく。
別にイイスよ、てテンションなのに賞品当たってと言う感じ。

自分の品外した時はけらけら明るく笑っていたのに
視聴者の品外した時は、顔が固まっていたのが印象的。
後に「自分で家でTV見ていて、視聴者のかたの賞品の時にタワシ取る人嫌いなんですよ!」って言っていたの聞いて納得笑った。ああ分かる。

ポップコーン大量に買ってそんなに食べないとか合間合間の話も面白く。
ゲームがどんな展開でもいつも柔らかいのが素敵でした。
又出て下さい。
2007/06/12(火)02:43
6/9(土)
昼間に「アートで候 会田誠・山口晃 展」上野の森美術館
http://www.ueno-mori.org/special/aida_yamaguchi/
お二方とも好きなのでそりゃ行く。
ああ至福。ヴィトンが豊作じゃあ!
絵の前で顔が緩む。

会田さんのジューサーミキサーの絵は紙面で見た事しかなかったけど
想像より大きかった。でも後からあの描き込みから言えば当然かなあと
言う気も。下の方の女子の表情に目が行く…!
上の方ももっと見たいけど届かない。

リミックスされた映像の部屋から暫し出られなくなる。
ギャラリーを使った部分の作品も面白かったあ。

山口さんの下絵、文字が書いてあるのがならではで面白い。
達者で柔らかい。何処にもスキがない。驚嘆。恍惚。
細かく見る程面白くてお客さんはじっくりじっくり見て行く。
1つ1つの絵にかける時間が長い。1つの絵にお客さんがすずなり。
これから見に行かれる方はたっぷりと時間をおとりになられてどうぞです。
図録になるとあのサイズで見られないのが当然だけどああ惜しいよ。

並んで入った小部屋で嬉しくなる。

絵画、映像、立体、インスタレーション…色々な素材の作品が見られて楽しかったです。


山口さんのTシャツ(切腹女子高生も欲しかったんだけど)と図録とポストカード買う。

キャンペーン中なのかキムタクのCMでお馴染みのサンケイエクスプレスを同封して下さり、「図鑑にのってない虫」の記事があって嬉しい。

かえす刀でこれ注文。こんなの出ていたんですね。有難いや。
MONUMENT FOR NOTHING
MONUMENT FOR NOTHING


午後はライブ。orbit blender。又別の曜日に書く。
2007/06/04(月)02:17
三都市ツアー、なんばHatch終了後のグループ魂の楽屋。
粋にタバコを指に挟みグループの諸君の労をねぎらうカヲルさん。
その様に指をさして笑う暴動の後ろ姿。
指に火が届きそうなくらいのタバコの短さを指摘する破壊。
遅刻が冷えピタを頬にはっているのはカヲルさんのビンタの為でしょうか。

カヲルさん曰く魂はこれでもう今年仕事納めだ!
一泊の慰安旅行に連れて行くと言う話。
石鹸が映画の撮影で不参加と告げられ狼狽えるカヲルさん。
「この間フラガールやったばかりなのに?」
「そこに食い付くんだ」と暴動。

でも別の日にすれば…。との案に
「俺がその日しか空いていない、バイトがあるから」
「年中魂やっている訳にも行かないんだから!この短いタバコも吸うよ!」

というわけで伊東への一泊の慰安旅行が決定したとの次第です。




で、そこで紹介していたのですが
6/6発売のテレビブロスの表紙は「グループ魂に柴咲コウが」ということで
破壊、暴動、柴咲コウさんの三人です!わあい。格好いいです。

慰安旅行の模様も記事になっているそうです。
2007/06/03(日)01:14
映像では一番早いかな?
ドブの輝きの模様が少し流れていました。
インタビューとか稽古風景はなくて残念。
でも紙ちゃんver.の「ひもじくて」が聴けましたよ。

つい先週見て来た舞台がもう映像で見られて喜ぶ。

池津さんの弁護士が立ち上がるけど上半身しか映していなくて、
その下の方を見て驚く阿部さんの表情のアップ、
のカメラアングルの気遣いが最高で笑いました。
舞い踊るゴミはやはり可愛い。
2007/06/01(金)01:00
見て来ました。
宮藤作品も松尾作品も紙ちゃんverでした。
ネタバレあります。





「涙事件」はじめは宮藤官九郎作品です。
法廷の中央に立ちすくむ村杉さんの背中を見るだけで期待に胸踊ります。
途中迄暫く背中向けているんだよね。素敵。
舞台下手で見ていたのですが近藤さんの横顔が美しい。

池津さんがすっと立ち上がったときの下半身は強烈。今回もやってくれます。
フラッシュは1回目は何か光った?で2回目であ!と理解し、次池津さんが立つ時は阿部さんチェック!と思ったらそのチャンスはなかったですね。むう愚図。

阿部サダヲさんは精悍な青年検事。斜に流した前髪が凛々しいぞ。
泣き乍ら書類を掻き集める辺りが凄く可笑しかったです!
「あーあー」「触らないで!」最高。

池田成志さんは出て来ただけで笑ってしまう破壊力でした。
今も残っている感じ。また、伊勢さんとコンビなんてこゆい。
猫背さんにいちいち睨みを聞かせるのが可笑しかった。

良々さんの「あっそ」が凄く好きだ。
舞台奥でいつも可笑しい。
たがめちゃん可愛かったなあ。

顔田さんが気になって仕方がなかったです。喋らないし。でもいるし。
目で追ってしまいます。この居させ方がタマらないです。宮藤さんの愛を感じます。

阿部さんから顔田さんへの殴打→ビンタは凄かったですね。
この潔い勢いに自分との距離を感じて憧れるのだなあと感じる。
憧れとは距離。そんな事を改めて実感。

紙ちゃんは可哀想でいたましい感じがハマり過ぎ、可愛い。
そして皆川さんには笑い、打ちのめされるしかない。

最後の最後にもやーとさせられたまま刑が執行される主人公、軽い執行人の空気がたまりません。又この2人と言うのが。

ああさすが村杉さん。村杉さんを書く宮藤さん。



「えっくす」
井口昇監督の映像作品。
面白かったー。たっぷり笑って悲鳴上げて、でも優しさに溢れている作品。
阿部さんのつぶやきには心がぎゅっといたみ。
贅沢に色々詰め込まれた作品。

今回も玉子にはやられました。しかも今回は宮藤さん!

パンフのインタビューで皆口を揃えて「楽しかったー!」と答えており、本当にそうだったんでしょうねと窺わせますね。
井口さんの恋愛の描き方は少女漫画っぽい、と言った阿部さんの言葉にうなずく。

松尾ちゃんの映像を見た瞬間自然に「好きだあ」の気持ちが沸き起こる。



「アイドルを探せ」松尾スズキ作品。
宮崎吐夢さんの主人公。
一見静かでまともそうだけどひっかくほどにぼろっぼろと闇が見える。本人は空虚な面。
こういう人いるよなあとリアルに思う。
佇まいが絶妙に心をつかむ。

ゴミ、可愛いな!コンドームの喋り方ったら。

風吹きすさぶ樹海で自殺志願者とゴミがまみれると言う世界が、もう既に胸をぐう。

下手の通路側の席だったので村杉さんが背泳をし乍ら通ったのですが身体鍛えているとは、知っていたものの間近で裸体を見ると凄かったです。
カッコ良く引き締まった身体で、これで40は凄いよ40歳!親父の得意料理はポップコーン!おかあ様のキャラメル美味しかったです!
男女の親友はBまで大丈夫、って関係が凄く強烈で可笑しかった。

こちらも成志さんが面白すぎる。

阿部さんの中尾彬喋りが可笑しいよ器用だよ。

ミョンミョンに注文する辺り等、役者さんが皆笑っていた事が多かった様な。

松尾ちゃんはどこら辺迄脚本を作っていたんだろう?
最後迄行かなかったのかな、とは思いました。
でもあの合唱の絵面は可愛い。色合い綺麗。阿部さんの灰色のポリバケツの色とか。
皆川さんのバナナ段ボールッぷりがなんだか似合っていました。
歌が終わった後阿部さんがにこっと笑ったのが可愛いかった。

ブログを分単位で更新するアイドルを探して行くと言う設定。そのアイドルが必死に身をはらきゃ、と言うギリギリな感じがまた、好き。
猫背さんはこういういたましい役がいたましく、でも悲惨すぎずでハマるなあ。


珍しいそれぞれの作家の三部作構成が新鮮で面白かったです。
三人で分割する事で、パンフにありましたがいつもと違う心持ちで作品を作っている楽しさがこちらにも伝わって来る味わいでした。

えっくすの良々さんとお揃いな金色のパンフレット1000円。
20周年おめでとうございます。

アンケートに松尾さんへのメッセージをひとこと書いて提出。
お大事に。
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。