道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/31(月)23:59
ゲストは三宅弘城さん&阿部サダヲさん。
ダブルハンチングズ。
いつも阿部さんのハイテンション登場には
宮藤さんと一緒に笑ってしまいます。
対照的な緊張三宅さんにも。

「今阿部さんドラマやっているんですよね?」
「やっぽぉv」
ピンコちゃんが。たったさっき迄ドラマ見ていたばっかりなんで嬉しい。
でもタイトル紹介の時
「誰よりもママが好きです」
で話が纏まりそうだったので聞いていてどきどきしました。
「誰よりもママを愛すですよね?それは知っていましたよ僕」
宮藤さんが言ってくれてホッ。笑いました。

新曲。ライブ行っていないので私には念願の初お目見えです。
紙みながらタイトルコール可笑しい。
サビの部分が決め台詞と言うか必殺ワザのようでかっこいいッス。
夏っぽくてライブで盛り上がりそうですね。

カヲルさんは破壊さんをライブの後、お叱りになったそうで。
暴動さんが収録前空気が険悪だったんじゃ無いかと思ったとか。
なんだかいつもより優し目な入り方だったそうなのに
「それは言ったよな?」に笑いました。
スポンサーサイト
2006/07/30(日)01:56
新潮夏の百冊。今年は迷わず伊坂幸太郎。かける2。

ラッシュライフ
ラッシュライフ


重力ピエロ
重力ピエロ




ラッシュライフ読了。
元々個人的に大好きな群像劇。
個々の主人公の交わり方の構成が独特で面白い。
それぞれの行く末が気になって一気に読む。
哲学的な言葉。潔さ。

池上冬樹さんの解説に頷く。「清潔な倫理の確立」

求めているのは熱いもの。暑苦しく無い。
伊坂幸太郎は格好いいんだよなあと読んでいて惚れ惚れ。
2006/07/28(金)00:11
7/30のキックザカンクローに
阿部サダヲさんと三宅弘城さんゲストだそうですね。
公式
http://www.tbs.co.jp/radio/arb/
おー。お楽しみが舞い降りました。
2006/07/23(日)01:19
「誰よりもママを愛す」で
田村正和さんにキャストからの質問。

ピンコちゃん就業中?なセットで阿部サダヲさん登場!
「やっぽ~!」
「夏のブランチメイクです!」とサービス。
ピンコちゃんお仕事用なのかメイク濃いめ?唇光っています。
右耳にピアス?イヤリング?

阿部さんは田村さん専用ロケチェアに暫く
気付かないで座っていたそうです。
座り心地は今迄座った中で一番イイ椅子だったとか。

「阿部サダヲという役者をどう見ているんでしょうか?……(間)……
…どんな役者だと思っていますか!(言い直し)←なんか照れて」

田村さんは阿部さんのお芝居をご覧になった事が有るそうで。
何の舞台を観たのでしょう。
「凄いパワーで凄い発想をする人だからね」
「これからもお客として彼の事を見て行きたいと思っていますけど」
凄いパワーも勿論ですが凄い発想って言う言葉に惹かれました。
第四話でダジャレ対決をするお二人ですが
田村さん曰く完敗したとか。「だって阿部さん凄いんだもん」
楽しみになって来ました。

にしてもキャッキャとしていつもよりメイク濃いめの
ピンコちゃん阿部さん華やかさんでしたっす。
2006/07/22(土)02:43
「僕らの音楽」観ました。
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER (初回限定盤)


http://www.fujitv.co.jp/ourmusic/index3.html

暗い学生時代とか、女性への距離とか。
しっくり合って
陰&笑いな対談が心地良かったです。

「この人に優しくされたいと思いました」
「優しくしましょうか」
笑いました。羨ましい空間。

所で大人計画社歌の「ギョウ虫」って伊勢さんが吃驚した所
二番ですか?
2006/07/22(土)00:49
公式より

7月22日(土) 朝 8:30 ~ 14:00
『王様のブランチ』
・田村正和さん、玉山鉄二さん、阿部サダヲさん、劇団ひとりさん、
 小林聡美さん VTRコメント出演
※ 一部地域のみ放送の場合があります。ご了承ください。


後チャンネル☆ロック出るかどうか分からないけど一応、最近毎回録画…。
色々な番組の情報が流れますので。
この前は玉山鉄二さんが髪の毛を切っていた個性的な女性は誰?って
特集が。「大好物」のなんしぃちゃんというお笑いの方だそうです。
http://www.fandango.co.jp/talent_prf/action/TalentProfileDetailSearchAction?unitId=20233&talentId=0
写真見れないスけどタレントプロフィールリンク。(意味無い?)
2006/07/21(金)00:49
木更津キャッツアイで回っていますねー。
他局だしハッキリと言わないものの「キャッツだ!」なつながりが嬉しい。

古田さんの和服がカッコよかったです!
阿部さんも出る来年の舞台のポスター持って来ていましたね。
早いなあ。
阿部さんの写真が斜め向いて舌をちらっと見せたお茶目なもので
こんな所でもぐっと惹き付けられておおお。
「ぼくがいれば」の言葉にも、ぐっと。


「ロボっぽい」「磁石がくっつく」に笑いました。

次回は桜井翔さんに回していて、電話の時
「バンビ?」と呼び掛けに観ていて微笑む。

2006/07/20(木)00:40
面白かったです。
薄いピンクの和柄シャツ可愛い!に、ハンチング!

「キレイ」DVDじゃなくて魂関連と大人計画社歌でしたね。
「どん、どん、どどん、どん」と阿部さん添削しつつ(こだわり)
一緒に歌詞を読み上げて、タモリさんの「社歌なの!?」が絶妙。
キューンからの花環、流石に「破壊さん」に宛名がなっていて
「?」な人もいるだろうなと。
「あかしろ」って。

普通は小さな声で喋っているのに「double!」とかだけ
芝居の時のテンションのように、お馴染みのよく通る声がピーンと響いて
タモリさんをビクッとさせるのがよし。
「パゴォー」って音、「ああ分かる」って擬音表現でした。
見かけた女の人のクールな感じも同じく伝わって来て。

「肌綺麗だね」「今の顔可愛いね」とか言われて顔かくして照れるし。
「可愛い」なんて言われ捲っているのだろうけど
タモリさんに言われるとまたひと味違うのだろうと思う。よし、タモリに嫉妬。
「何で肌綺麗なの?」
頑張っているからじゃないですか、だそうです。笑った。

静かに頷きながらも
ダーツの話題を延々した後「そんなにしないです」とか
「話変えていいですか」とかテンポがきゅっと変わる感じが毎度ツボ。

首はお大事にして欲しいですね。何者かに引っ張られて、
は吸引力のある事情ですけども。

紹介は古田新太さん。
阿部さんがびびっとなりながら、もう一度受話器渡されたり
「いいとも!」が爽快で笑った。明日も録画しなきゃ。
木更津で回っていますね!

そして田中邦衛が家にいた状況が気になったままで明日へ。

宮藤さんお誕生日(7/19)おめでとうございます。
2006/07/19(水)00:26
笑っていいとものテレフォンショッキングにゲスト出演ですね!
録画!

この時期に来るとは。医龍の最中は気にかけたのですけど。
因みに塚本高史さんからのご紹介らしいです。
今日はチェックしていなかったので電話聞き逃し…。
でも明日見られるだけでも嬉しい。

当日発売のキレイDVDタモリさんにプレゼントするかな?
あ、ミュージカルだ。
2006/07/18(火)00:52
2005年版、7/19、発売だそうです。
キレイ-神様と待ち合わせした女-2005キレイ-神様と待ち合わせした女-2005
松尾スズキ 鈴木蘭々 高岡早紀


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



作・演出・出演 松尾スズキ
音楽 伊藤ヨタロウ
出演 鈴木蘭々、高岡早紀、阿部サダヲ、片桐はいり、橋本じゅん、
宮藤官九郎、大浦龍宇一、秋山菜津子、岡本健一

正直映像はwowowの録画して持っているのですが

[特殊内容/特典]
特典映像:31分

出演者インタビュー他


が気になる……!
収録日を見ればもう1年前の映像なんですね。
その1年程前。この舞台を見られる喜びに私は打ち震えていました。

大人を好きになるのが遅かったので、
初演はシアテレで観たのですがその衝撃ったら。
3時間半の作品なのに飽かず心奪われ世界に没頭し
観終わった後暫く動けず、同日すぐに見返しました。

初演DVD。
キレイ 神様と待ち合わせした女キレイ 神様と待ち合わせした女
奥菜恵 南果歩 古田新太


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



惚れて惚れて、戯曲買って
キレイ―神様と待ち合わせした女
キレイ―神様と待ち合わせした女



サントラ買って
キレイ~神様と待ち合わせした女 ― ミュージカル・オリジナル・サウンドトラック
キレイ~神様と待ち合わせした女 ― ミュージカル・オリジナル・サウンドトラック


映像見られない時も、聴いて世界に浸って。
ハリコナの歌を暗記したりしたなあ。(何の為に)


ああ何故この頃私はその存在を名前くらいしか知らなかったのかと
楽しみながらも自分なじりをしていたところ、再演の話。
熱中し捲ったその作品を舞台で生で見られるなんてと。

大好きなオープニングの歌を生で聞いた時は感動しました。

そんな思い出。
2006/07/17(月)23:25
今週のピンコちゃん感想。
道歩いていてぶつかって「だれだっ!」笑った。知り合いだし。

その後のカフェのシーンも
必要も無いのにぶつかり捲りでやって来るし。
迫って来る様が弟君に驚異だろうなという事は容易に想像出来ますね。
油断すると巻き付いてるし。
お下劣って久々に聞いた。面白い言葉だよなあ。確認。
目を見開いて恋に落ちる様がかわいかったです。
髪型も変わるしファッションも楽しい。ピチッとしたピンクのシャツ。

今回は川島さんも大活躍。

「実はお笑い芸人なんです!」

「そんな!じゃあ何かやってよ!」
の台詞の流れは「ねええよ!」と思ったけどその後のお楽しみが
有ると思えば。
持ちネタだよね。フリ-でなんかやってみてって言われたのだろうか。

しかしこの家族って前々から思っていたけど恋愛等赤裸裸というか
「初めて男の人の部屋に誘われた時…」って。
小学生の弟の前で言っていいんか。


次週ピンコちゃん大活躍。予告面白そうだし格好よかった…!
大活躍するだけしてフェイドアウトとか無いよね?(ネガティヴ)
2006/07/13(木)01:06
主題歌。
惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)
 惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)


惑星タイマー (通常盤)
惑星タイマー (通常盤)


いよいよ第2話。
いよいよ阿部サダヲさん演じるオカマのピンコちゃん登場!
可愛いです。予告、事前番組で見たシーン。
じっと見上げる視線がステキ。
まだ2シーンしか出ませんでしたが魅力先制攻撃。

公式のギャラリーに行くと写真がアップされていますよ。
あと、相関図の写真もこれまたいいですなあ。

内田有紀さん、ラストのブタ鼻に笑いました。
デンジャラスビューティーかよ…なんて。
2006/07/10(月)00:45
もうすぐですが0:55からBS1でやるんですね。
スカパーの録画とDVDも持っている好きなお芝居だけど
インタビューとか有るのかなー?一応チェック。
2006/07/09(日)03:50
七夕に。
グループ魂公式に、初の阿部さんと言うか破壊さんからのメッセージ。
こういう、文少量で心掴むところがまた好きだ。


さて、3決!

スポーツニュースで決勝の話題ばかりで
ドイツ×ポルトガルの情報が中々見られない。
まあ仕方ないんだけど。
私のCHの周り方が悪いのもあるんだろうが。


すぽるとの構成に笑う。



リッピ采配(予言)大当たり!「デルピエロは決めると思っていた」

「それに続け!とばかりに」
トッティも予言。「決勝はイタリアとポルトガルだと以前、夢をみたんだ」

ポルトガル×フランス試合結果


王子大好き。では試合を見ます。
2006/07/08(土)03:17
さよなら絶望先生 4 (4)さよなら絶望先生 4 (4)
久米田 康治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゆ、ゆるこりん…!!


増々画面が独特の世界を構築。

かってに改蔵のころから、読者のイラスト評でも
「上手ですね。省く線を知っている方ですね」
みたいな言葉が印象的で、そういうところに興味と言うか
目線が行き届いているかたなのだなあと思って読んでいたけど
黒と白で構成された画面には最早凄みを感じます。
物質の質感表現とか。
デザイン的でしかも見易くてすごい。

今回も背景、小ネタ気になります。ゆっくりみます。

ペンギンに夢中で、最近、macの読み込み待ちのあれ
(なんて言う名称なんでしょう、winで言うところの砂時計?)まで
それに見えて来ました。かぴってなっているの可愛い。

wowowでは来る「皇帝ペンギン」ファーストランに向け
CMを打っているのですが、可愛い子供のペンギンの画をみても
真っ先にハッと、あの物体の画像が浮かぶ自分。

もう、この先ずっとこんな反応しちゃうのかなあと絶望した!
2006/07/08(土)02:24
ニンテンドーDS Lite アイスブルー
ニンテンドーDS Lite アイスブルー

漸く購入しました。Nintendo DSLite!
アイスブルー。可愛いです!

もう持っているひとは「エッ?」と思うかもしれない。
でも中々売っていなかったんだよー。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング

と、
ニンテンドーDS Lite専用 液晶保護フィルムLite
ニンテンドーDS Lite専用 液晶保護フィルムLite


も買っていざプレイ。

脳年齢十歳オーバーの衝撃の幕開け。ううう。
2006/07/07(金)05:09
スポーツニュースサイトやgettyimages他で写真見捲って夜更け。(見過ぎ)
カンニング竹山さんのラジオを聞く。
彼女とお昼に一緒にいたときに
いつも観ているから6チャンネルにしてと言われたらしい。

「吾輩は主婦である」がやっていて、
竹山さんも観ていて面白く、流石クドカンさん!と思っていたら

劇中の台詞。
「その女カンニングの竹山みたいな顔しているんですよ!」
(ああ、あったよね)

彼女オレンジジュース飲みながら硬直だったとか。
「ヒドいですよ!彼女とのお昼のほのぼのした時間ですよ」
でも、不細工の代名詞みたいな使われ方したのは
有難いですけど!とも言っていたり。


たしか宮藤さんはカンニングについて好ましい発言をしていたと思う。
きちっと計算されて作り込まれたコントより
がーっとカンニングみたいの観たいなーって思うときがある、みたいな。
(↑どこの発言だっけ?台詞不確かですがたしかこんな感じ。)

魂のCDのネタでも「嫌いな人は使っていない」って言っていますよね。


ので、大丈夫。何が。
2006/07/07(金)04:55
この2人が共にいる姿が、なぜだか大好きでした。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/special/2006world_cup_photo/0705/KPhotoNormal20060706010_p.html

2人とも大好きな選手です。
この場面感動したなあ。
2006/07/06(木)00:08
サッカーって楽しい。

FIFA公認、実在のクラブ、選手、大会が登場すると言う
たまらない仕様でお送りするこの映画。
以下ネタバレ含む。

http://www.goalthemovie.jp/




この作品を見ている最中の私は百面相だったろう。
無表情でいる時間は少なかったんじゃなかろうか。 (暗くてよかったね。)
もう、始まってすぐ、ジプシーキングスの曲に載せた
サッカーシーンで既に顔がにやける。ああ楽しい。

「バランスが悪い、周りが見えていない(←後々問題になるのだが)」
「皆そう言う。」

「でも決める」
GOAL!

かっこいいーー!!台詞不確か!
実在の頼もしいストライカーの顔が、幾人か頭に浮かんだ。

即、三部作一挙に見たい!と言う欲望に支配されるが
GOAL3は今現在行われているワールドカップが舞台なんだから仕方ないか。
ちなみに
1:プレミア(ニューカッスル)
2:CL(レアルマドリード)
3:ワールドカップ(どこの代表で出場かまだ不明)

だそうで。三部作で1人の主人公、サンティアゴのサッカー人生を描いて行くと。
因みにadidasが協力なのでユニがadidasのチーム所属、らしいです。


はじめは主人公と夢を繋ぐ糸は頼り無く細い。
それを自分の実力、努力で太くしていく様が心地よく、爽快。

監督がボールを回さない主人公に
パスを出す事の重要さを分からせる方法が
すごく分かりやすく一緒に納得感心。

途中交代で「俺?」と納得できずに自分の胸を指すスター選手。
有名になる事で近寄る人たち。甘い誘惑。それを狙って起こるスキャンダル。
ああ、あるある、頷き。
一方で、一緒に闘って来た仲間の故障。優しく主人公を力付けていた彼。
こう言う選手は実際も多いんだろうなあと暗い思いに。

数有る候補の中でなかなか主人公に目を向けない監督。そのジレンマ。
ベテラン先輩選手に疎外される新入りの主人公。
困難な道を辿りトップチームに合流の場面。こちら迄嬉しくなる。

街ぐるみでサッカーを愛する描写が面白い。
空港のシーン好きだ。どきどきしたじゃないか。もう。
ボール遊びの子供達、タクシーの運転手、
怠けていたらスター選手でも冷たい街の人々。

ラストの試合のシーンには息を呑む。迫力。
実際の試合では中々見られないカメラアングルが楽しい。
実在の選手と闘う主人公!

父親が試合を見に来た事が第三者から伝わる演出が心憎し。
お婆ちゃんが泣かせる。弟もいい子。

レギュラー選手もサブの選手も家族も恋人もチームスタッフもサポーターも。
熱狂するサッカーフィーバー。
たっぷりドラマを堪能、して、今の時期、家に帰りゃそんな世界中の人々が夢見る
最高峰の舞台のガチンコが見られるんだから楽しさ倍。
2006/07/05(水)02:31
「誰よりもママを愛す」先日のPR番組、
阿部さんインタビュー中心にもうちょっと。


阿部さんクランクイン。
美容室で「お兄ちゃんの謎の男(←何この気になる肩書き)、
阿部サダヲさんです」と
スタッフさん、役者さん達に紹介される。
(黄色のTシャツ+白いパンツ、金髪)
(何かはじめの方、俯いて手首の時計かアクセ?か弄っている。)
「よろしくお願いします」と細かく頭を下げる阿部さん。

「カット!」と声が掛かり玉山さん
「長いよー」(←多分スタッフがカットかける迄が)と笑っちゃう光景あり。


その後ピンクっぽいシャツ+茶パツで屋外ロケ、
(多分役柄について聞かれて)
「ちょっとまあ、謎に包んでおきたいところもあるんですけど。
見た目とこう言う(女っぽい手付き)仕種で分かると思うんですけど」

「あのお家の中に入りたいですね。田村さんに『ウッ、キモッ』っていうくらい
思ってもらえればいいかなと思っていますけど」と仰っていました。


キモッて思ってもらいたいのか…。コメントも相変わらず気になりましたです。
2006/07/05(水)02:21
そういやスーパータイム内で見たかも。
アペリティフ大使。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2006aperitif02_01.html

先に予告でその部分を見ていた事もあって
変な(誇らしげな?)笑いを漏らす良純さんの有り様を見て
早いとこ棒でツッ突いてもらいたいと思いました。
ああ、下がった。溜飲。(ひでえ)(いや、好きなんですよ?)

「良純さんはどこいってもこのままなんですね(詠嘆)」
の中井さんの言葉が面白かった。

笑い袋欲しいなあ……。嶺鶯のイベント行きたいなあ…。遠いよ…。
勝俣さんの「実在するのこの人は!?」笑った。


さてSMAPつながり、話題のホットペッパーのCM。
http://www.hotpepper.jp/doc/scm/index.html

元々ホットペッパーのCM好きなんだけど今回は驚いた。
笑ったなあ。
映像を見てどこからの引用か分かる程詳しく無いので調べたところ
「がんばりましょう」内のドラマ「Going Nuts」の映像だそうで。


Wikipediaリンク

ああ、懐かしい。深夜の帯のね。割と見ていた様な。

ホッぺ君バージョン今のところ特に好きです。
2006/07/05(水)01:25
時間経ったけど、昨日の事。一昨日か。


某ドラマ。面白そう。見始めてすぐニュース速報の衝撃。
そりゃ見ちゃうよ、報道ステーション。

夜中に公式に繋げる。
心情を綴った文章に胸が痛くなる。

http://www.nakata.net/


ブラジル戦の後、見せた事のない様な感情の吐露。
そしてその後のインタビュー。

「泣いていたように見えたんですけど」
(あのインタビュアーは何だ。苛めっ子か。聞いてどうする。己の目を信じろ。)

その言葉に、口角を上げる。


彼は「笑顔」で防御した。





「勿体無い」「まだできる」「あのW杯で最後にしちゃっていいの?」
こっちにしたら色々色々ゴチャゴチャモヤモヤなんだけど、
本人はサッパリキッパリしているのだろう。

こっちのモヤモヤとあっちのキッパリ
この差。
分かっているのでなんもしようのない空虚な気分。

本人にしか分からない事がある。数々のスポーツ選手が経て来た道。
コメンテーターの引退体験談を縋るように聞いたのは初めてかも。
なんもしようのない空虚を少しでも埋めるべく。


今日のいいともでタモリが何かわーわーした状況の中で
「中田は頭がイイから大丈夫」つってたから大丈夫だよ。になれ。私が。


ああくそうやっぱもっとみたい。(↑駄目じゃん)。


お疲れ様でした。ありがとう。

2006/07/02(日)18:14
金曜日のドラマ後のお知らせで見ましたが
発売だそうです。
吾輩は主婦である (上)吾輩は主婦である (上)
宮藤 官九郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もうそろそろ、長く見られる!と
思っていたこのドラマも最終回ですね。寂しい。


始まる間では「宮藤さんが昼ドラ!」と思っていたのに
今ではキャラや世界に愛着が出て来て愛おしく
元々こう言うホームドラマを手掛けていた?と錯覚させるくらいの
上手さ面白さ。

この前見た時、吾輩が少しみどりさんに戻ったんですが、その理由が
すごく自然で、説得力があって感動させられましたです。

現実には遠い奇抜な設定なのに感情を至近距離で揺り動かして来ます。


サントラも発売中↓
TBS系愛の劇場「吾輩は主婦である」オリジナル・サウンドトラックTBS系愛の劇場「吾輩は主婦である」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 福島祐子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2006/07/02(日)16:15
「医龍」が終わって寂しいと思っていたら、
もう今日からなんですね。早いな。新ドラマ「誰よりもママを愛す」。

今日の事前広報番組に(ちなみに昨日のチャンネルロックには特に出ませんでした)
阿部さんインタビュー出演!

なんとその際は、荒瀬髪。劇中で(玉山鉄二さんは美容師役)染めるのかな?
何か公開引き継ぎ(何だそりゃ)みたいでオモシロイ。

普通のインタビューの時も、何か(もう気持ちが入っちゃっているのか)
仕種が女っぽい。
凄い。クネッとしていてたおやかでおおお。また別の阿部サダヲ出動。
と見る側も気持ち切り替えモード。

結構重要な役の様な?扱いでした。
長女の内田有紀さんに影響を与える運命の出会いが劇団ひとりさんで
長男の玉山鉄二さんに  ~   同    ~が阿部サダヲさん
的なVTR。

ちらっと出演場面を見ただけですがかなり面白そう!
もう既に笑いました。
オープンカフェにいる玉山さんのところに駆け付ける場面とか。弾けてます。

後かっこよさそうな役の予感です。
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。