道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/30(金)01:53
いよいよ最終回。
にして、木原先生にこれだけ心が釘付けになるとは…

木原先生と予想外の霧島先生との友情の芽生え?
「名前を覚えてくれていたから」もうお友達になっちゃえよ!

朝田先生に手術を頼むマスクの上から覗く目。
悲しい瞳に心が動かされる。
なので回復後の後日談が見たかったんだけどなあ。
霧島先生の手を握るところ、
木原先生かと一瞬思っちゃったよああそれにしては細い手だが。
池田鉄洋さん素敵。

霧島先生がチームを作ると言った時
1人は決まったんじゃないかとも思ったんだがなあ。
その直前にチームドラゴンに入れてよ~がなければ。


岸辺一徳さんの表情にいちいち心が躍りました。
野口先生最高…


荒瀬先生。手術中に下からカメラが撮る画面。
一番反応して、動いていて面白かった。瞳もキョロキョロって。
木原先生が朝田先生を呼びに来た時、
意見を求められる迄黙って見ているのがツボ。


手術を成功させ皆に歓声で迎えられるチームドラゴン、
誇らしげに胸を張るメンバーのなかで
荒瀬先生だけ居心地の悪そうな反応をするのがいかにもで凄く印象的でした。
阿部さんはこの役を咀嚼して自分の物にしているよなあと
最終回に改めて。感慨深く。
続編まだあるんじゃないかと思ってはいるんですが。

朝田先生を見送る表情が凄く素敵でした。
充実した、邪気の抜けている眼差し。
くるっと振り返ったら、またすぐ伊集院をからかいに戻りそうではあるが。
スポンサーサイト
2006/06/28(水)21:37
阿部サダヲさん、7月からの新ドラマ決定ですね。

「誰よりもママを愛す」
http://www.tbs.co.jp/daremama/

キャストに、まだ名前は載っていませんが
この公式の「記者の目」のコーナーに写真があります。
2話目かららしいですね。
今度の役はおかまちゃん!またまたハマりそう。

嬉しいですね。ここのところ連続ドラマに出ずっぱりで
本当に見る方としたら切れ間なく楽しめてありがたいです。

7/2 スタート
毎週日曜21:00~(初回は15分拡大)

日曜ドラマ…なんか日曜に阿部さんって新鮮な様な気分。
2006/06/27(火)02:34
テレフォンショッキングが荒川良々さんだそうです!
柄本明さんからのご紹介。楽しみ!
前回出た時はニンゲン御破算のあたりだったかな?
タモリさんとのやり取りが絶妙でなかなかない空間で面白かったです。


医龍が終わる迄に阿部さんに出て欲しいと思っていた訳ですが。
できれば金髪のままでと思っていた訳ですが。回らないかなあ…。
2006/06/25(日)21:50
チケットが本日発売なわけでしたけど
皆様如何でしたでしょうか。

私はぴあ店頭で吐夢さんのイベント購入(喜)、
でも次に取ろうとしたバー椿は売り切れでした。
入場者に対してキャパ少なそうだしやっぱり激戦…。
バー椿入れる方、楽しんで猫背さん伊勢さんのおもてなしを
受けて来て下さいませいいなあ。(羨望速い。)
2006/06/24(土)01:59
茂木健一郎博士の提唱するアハ!体験。

前から興味津々で世界一受けたい授業とかで取り上げられた日にゃあ
テレビに真剣な眼差し飛ばしちゃ一喜一憂の私。
大好きなんですよこういうの。苦手なクセに。

で、それがPSPソフトになるって言うCMがここ連日流れて
つづきはWEBで!なんて言われて。
CMの答え合わせや体験版を楽しむ日々ですよ。
http://aha.sega.jp/

ソニーコンピュータサイエンス研究所 茂木健一郎博士監修 脳に快感 アハ体験!ソニーコンピュータサイエンス研究所 茂木健一郎博士監修 脳に快感 アハ体験!


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さて問題はPSP持って無いって事だけだ。




それがこうじてWEB上で何か無いかな~と探索。
最近FLASHゲームにハマり中。
面白い。
2006/06/22(木)22:55
「諸君」だ、「のだよ」だ、「打て!」だ。
カントナ様に魅了させられざるを得ない本年今日この頃。


そしてブラジルバージョンがとんでもなく。

このCM私はまだブラジル戦の地上波放送の
ハーフタイムでしか出逢っていないんですが
恐ろしくそして魅力的なセレソン。
アドリアーノのキスとかさ。スパイク取ってとかさ。
サッカー興味ない人でもきっと楽しくなっちゃうロッカールーム。
凄くチャーミングなCM。

ナイキフットボール
http://www.nikefootball.com/
さていよいよこのとんでもない方々と決戦な訳ですが。
…「ウテ」!日本。
2006/06/21(水)01:40
レディ・キラーズレディ・キラーズ
トム・ハンクス ジョエル・コーエン イーサン・コーエン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ネタばれ注意








ブラックだけど肩の力を抜いて楽しんだ作品。

この作品のカメラを引いた画面が好き。
警察署に向かって歩いて行くおばさんの図とか。

おばさんがなまいきな若者にビンタし捲る光景に笑った。
後からトラウマ聞いてちょっとかわいそうになったが。

マウンテンガールが激しくツボ。おさげ!
姿も映らないまま当然のように一緒に投げ捨てられるのが
乾いてブラックで悲しい図だった。

ラストの、橋からぶら下がるトム・ハンクス。
頭に像が当たり、橋にぶら下がり、落下して行く迄の間、
彼の表情を一切映していないのが好き。

紳士振っているんだけど何より自分の頭脳を過信し
回りの仲間を見下す主人公が感情を露にし
自己主張したあと無言で落ちて行く。表情も映らない。
皮肉なそのシーンが心に残っている。

外国はああいうゴミ収集の舟が巡回して走行しているんでしょうか。
死体をあっさり回収し
ぐるぐると今日も変わらず川を行く姿が静かで無常。
2006/06/20(火)00:03
wowowで。

ケラさんの演出はオープニングからどう来るのかワクワク。
そしてその期待を上回ってくる格好良さ。毎回。
今回も迫力。薄暗い蒼い空間に浮かび上がる人々。歌。


異なる時の異なる舞台を同時に描いているのに
事務所、喫茶室、寝室と
同じセットを使っているのが面白いです。

衣装が素晴らしい。黒の管理職軍服!

その直前に医龍の録画を見ていたばかりなので2連池鉄さんが嬉しい。
包帯を脱ぎ捨てる場面が本当に格好良くてうっとり見とれた。

イヌコさんのサキ絡みがツボで何度も笑わされた。

松尾さんの動きがやっぱり面白くて。色っぽくて。
あと笑い方に注目した。なんか。

現代編の閉塞感、人間の嫌な感情の流れている空間
から目が離せなかった。


ラストは「エッ終わり?」と呆気に取られました、が。
その後のケラさんのインタビューに
今迄あまり見た事のなかった事を提示された気持ちがして、
それも含めグイグイと惹き付けられ、面白かったです。




余談。
そういえばこのテーマ曲(の筋少版)、
最近過去の伊集院さんのラジオを聞き直したりしているのですが、
そこで流れていて笑ったばかりなので何か嬉しい。
(善意でリスナーにCD焼きの作業を手伝ってもらう最中に
「じゃあ、仕事のBGMとして」流されていて「働け~♪」
作業する皆さんをゲンナリさせていました)
いい曲だなあ。
2006/06/18(日)01:07
今回は立場の違いを描く為になんだろうけど
スローモーション→すれ違いの瞬間が多かったような。

その為って訳でもないんだろうけどテンポ前半ゆっくりに感じた。

臨床工学技師の彼はなんでよりによって荒瀬先生の側で待機していたのか。
その間ずっと寝転ぶ荒瀬を見ながら佇んでいたのか。
…いいなあ。
じゃなくて。
なんでこの方はいつも飲み会や写真撮影に誘われないんでしょうか。

岸辺一徳さんに釘付け。野口先生の会議室での叫び。

前半の沈鬱な空気から一気にひらける展開。
「行くぜ!チームドラゴン!」(だっけ?)には
正直少し噴きましたが。
すいません。
横1列のGメンかよなスローモーションとか。

荒瀬先生、電話が鳴った時の俊敏な動作。
目がパッと見開かれて。
「ニャニャア~ツ」の後の目が優しかった。

霧島先生の過去がさらされた時に限って
伊集院君に騙されたりして普通~に可哀想になったり。

ラスト、霧島先生と対峙する野口先生の口の形がなんだか好きだ。


そう言えばもう最終回なんですね。
それは残念と思ったんですが
このドラマって続編作ろうとしているように
感じるんですが。チーム結成で話数消費しているし。期待も込めて。
2006/06/18(日)00:51
此処此処最近。


そう言うつもりもなくて聞いていたのに
カンニングの竹山さんのラジオを聞いていて涙出る。
人生相談の2人目。
元々好きな芸人さんだったんだけどその好きさ以上に
芸能界で希有な存在なんじゃないかと
率直で飾り気のない言葉を聞きながら思う。

豪雨の中雨宿りしに寄って来た蜘蛛。


あ、あとアルゼンチンが凄くて涙出た。


端麗グリーンラベルの新CMが!おおお。すごい。
ラストのアンカーの「オーフ!」に反応する様に笑った。
つうかやっぱり表情が凄いよねえ。この方…。
2006/06/16(金)00:59
http://www.wowow.co.jp/stage/rodo/

さっき松尾さんのブログでああそうだと思い出したのですが
今日16日は「労働者M」ですよ!WOWOW。
そして次の日は「イン・ザ・プール」
楽しみ。

あと今日猫背椿さんが「吾輩」に出るんですか?予告だと。
わあああ面白そう…!
2006/06/13(火)23:54
伊集院さんのラジオ。

予想と違う雰囲気。あんな展開とはなあ。

中村のFKがーそのままーそのままー渡辺君俺の柿ピー食ったでしょ!
とか爆笑したけど。

真心ブラザーズが心にしみて
普通に有難いなあ。
明日はどっちだ!
明日はどっちだ!



あ、月曜日分の「吾輩は主婦である」が
冒頭から最後迄素晴らしく面白かった!(明るい話題)
温水さんもずっと関わっていたり
岡田義徳さんも出て来たし、ファンなので嬉しい。
2006/06/12(月)01:27
良純さんとクレッシエンド指し棒の競演がすばらしくて撃沈。
爆笑しました。3人の弄びっぷりが堂に入っていてもう。

なんかこう、「反応させよう」と思われて弄られて
思惑通り敏感に反応しまくるんだけど
本人に確固たるポリシーや芯があるせいか
その反応の方向がまた変な方向に捻じ曲がる人だよな。
と、改めて思ったり。
(ラストの、「誰が悪いんですか?」と言わされて
素直なので手を挙げるのだが、それでも最後の意地で
悔しそうに中井さんの方に低く手を示すとか、
棒を折りながらもポケットに何故か
「貰って行く」とクレッシェンド君を入れたりとか)

知ちゃんやら中井さんやらがあちこちから指し棒でつっ突いて
さいとうさんまで素手で参加する展開に笑いました。何も持っていないのに。

棒を折り曲げた時、「これ直して下さい」の有無を言わせぬ言葉。
中井さんのこういう時の
「反対側に折り曲げるとポッキリ折れるだろう」と見るや
更に煽って誘導し良純さんを追い込んで行く反応の俊敏さは
本当に素晴らしい。有難い。何に?視聴者として。




もう大分前に「来週良純さんのブモン式やるよ」と予告がありながら
それがいざ、その週に実行されなかった際
まあ黒バラではよくある事だと分かっていながら、
自分でも予想以上に心が挫けて以来、
生来の不精と相俟って、疎遠スパイラル(by改蔵)に陥って
久々の黒バラ感想ですが、

毎週、とは決めずに書ける時に書いて行こうかと。
好きかってに決心。なんとなく。ローテンションな目で。
2006/06/11(日)02:23
やな家、うたばんをご訪問。観ました!

ちゃんとあの衣装。可愛い。
トークあるのかな?歌だけだったら寂しい…
と思っていたらちゃんとスタジオに登場で過去のVTRまで。

ミッチー初登場→ぶっとばすぞ!に笑う。
斉藤由貴さんの過去の映像。懐かしい~。可愛い!
おかげですの映像で締めの構成に笑った。
斉藤さん、喋りも不思議な味わいで面白かったです。

歌は、竹下景子さん他、やな家友情出演で、(豪華!)
セットも出て来て、歌のバックで演技していると言う
ドラマファンの私には本当に嬉しい作りでした。

たかしさんがドラマとはひと味違った
ウインクばちばちのセクシーさんの流石ミッチーっぷりで
テレビの前でかってに照れてみました。だって格好良いものたかしさん。

「♪待ちあわせは、わが家♪」のハートが嬉しく可愛かったです。
後ろの方々もニコニコとして可愛い瞬間。
ほのぼのしたドラマをそのまま現して素敵な作り。
2006/06/09(金)23:14
先週のピンクシャツも思っておりましたが
荒瀬先生の私服はハマっていてステキ。
赤いTシャツ似合う。
阿部さんは暖色をがっつり着こなすと思う。

加藤先生の言葉に、じっと目を見開いたり手を置いた時の表情とか
静かに見ているこちらを引き寄せる。

主人公達と動向を共にして画面に共に映り込む、そこが嬉しい。

天才っぷりを発揮する手術の場面、
マスクをして表情は半分隠れているのに
けたたましく笑うそこからは
マスクの下が窺える様な。


予告でラストシーンの朝田先生が言った
大事な台詞を見せちゃったのは残念。
でも、とか言っても伊集院先生の意向が気になる。
2006/06/08(木)01:10
予定では今日のうたばんに
「やな家(斉藤由貴さん&及川光博さん)」が登場。
「家庭内デート」を歌います。6/7に発売しています。

「キック・ザ・カンクロー」で聴いてすぐ耳に馴染んだいい歌。
OP何回見ても飽きないです。「言っちゃった♪」可愛い~。

でもキックで聴いた時はフルだったので(確か)
冒頭にみどりさんからたかし君への愛を語ったあと
負けじと、たかし君もみどりさんへの愛を語ったのに
ドラマでは(勿論時間の関係上しょうがないんだけどね)
その部分他がカットされていたので
「良いなあ~」と思っていた分、
ちょっと勿体無いっていう思いもしていました。

なのでうたばんでは長く流してくれれば良いなあ。

ドラマの此処最近は
先生が手当りしだい回りの人にあだ名を付けて行く所とか
自分の行き過ぎた行為を振り返って後悔してみたりとか
母性が芽生えつつある自分を実感している所とか
魅力的で目が離せません。

あと霊媒師を呼んだのがたかし君も折り込み済って聞いた時の
先生の表情が何か印象的でした。
裏切られた感があったっていうか。愛着沸いて来ているんだなあと。
家族が「吾輩」って呼んだり周囲の人々との関係も笑えます。

みどりに戻ったり先生にまた戻ったりが不安定なのも可笑しいですねー。
台詞が、一個一個挙げて行けない程沢山ツボ。
2006/06/07(水)23:59
カンフーハッスル コレクターズ・エディション
カンフーハッスル コレクターズ・エディション


ネタバレ含みご注意。






「食神」と「少林サッカー」も見ましたが
チャウ・シンチー監督の作品は面白い!だけでなく快い。
奇抜でぶっ飛んだ世界なのにツボは王道だから、かと。

格闘漫画の爽快さ抽出。
ベタ上等。
何度気持ちよさに笑いが漏れたか!
主人公と追いかけっこして
トラックの上をクルクルと優雅に飛ぶ大家のおばさん!
アパートの上空に舞う無数の悪役!

主人公と友人の、ナイフ投げようとしてんのに
刺したり…の場面、笑いました。
悪役のアイツは竹野内豊さんにちょっと似てないすか。

アパートが凄くかっこいい舞台だと思っていたので
最終決戦を再びそこで行うと分かった際には嬉しかったです。
主人公が前半ちょっと目立たないかな?とは思ったり。

あと、チャウシンチーさんは凄く主人公面ですよね。
自分で主演して監督する人がこういう顔って言うのは
凄く丁度いいんじゃないだろうかと。かってに思いを馳せました。
2006/06/06(火)00:06
どん、どん、どどんどん!

阿部!サファリパークで!!


見ました。聴きました。大人計画社歌。
改めてこの集団が好きだ。
阿部さんのレコーディングに顔を出して
指示出した時の、松尾さんの表情がいいなあー。
それを聞く阿部さんの笑みも。

宍戸さん笑いました。
やっぱり宮藤さんの学生っぷりはハマり過ぎ。

映像は怖素敵でした。

放映回数減っても、相変わらずPJは大人計画を愛している。
製作中の光景や社歌フルで流してくれたりして。
ありがとう。私はそんなPJを愛そう。
2006/06/04(日)12:52
>6月5日(月)NHK総合 プレミアム10「POPJAM DX.」 22:00~23:30
>『POPJAM DX.』で「大人計画社歌」の制作風景、PVの紹介をします!!
(大人計画公式より)

明日です!ああ楽しそう。
2006/06/04(日)12:34
まとまったお金の唄
まとまったお金の唄


で、その舞台の戯曲本。
舞台見たあと、すぐ味わいなおせて嬉しいですね。

(以下舞台内容と共にがっつりネタバレしています御注意。)






初めのヒカルちゃんと蝶子さんの掛け合いが好きです。
「この子喋れるやん!」って舞台で追加なんですね。

登場人物が秘密を持ちまくりの話なので
筋をひと通り見た上でもう一度最初から見ると
初めて分かる事が多いですね。

「この子刃物あかんから!」とか、
それを言っているのが馬場さんだとか。
神木君の傷を見つめたり。

ヒトエさんの「あのときヒカルを助けて
あげられへんやったあたしのせいや」
って言いながら走る所とか、舞台初見の時は
事情を知らないから「?」って聞き流してしまったと思うけど
改めて読むと心打たれ。

「スミレが襲われた時に押したのが博子ちゃん」
が、脚本の時点で、なかった所に驚きました。


あと、歌詞をゆっくり読み直しました。

松尾さんにしか書けない言葉を堪能。
後書きのスミレに対する言葉が印象的で読み返す。

読後暫く「イマジン」の節が離れませんでした。
(勿論歌詞は♪まとまったお金欲しいな♪で。)
2006/06/03(土)02:35
本多劇場、5/21(昼)

ばっちりネタバレしています御注意。




今迄の大人計画の公演の世界とひと味違う
独特の時代の空気で面白かったです。
私はその時代、その地をしらないけど。
「おおちゃか」って、こういう松尾さんの言語感覚が好きだ。

脇にメイクするテーブルが設置されていて
実際そこで役者さん達がメイクしているのが面白かった!
最後にも繋がって、ああ…!と口が開いた。



ヒカルちゃん可愛かったです。
冒頭、暫くの間意味不明な言葉ばかり発するのが面白くてツボでした。
「む、むへらま!」とか、松尾さんの書く言葉に
阿部さんは、やはりよくハマると感じました。

爆発力の凄い、パワーの溢れる弾けた役、
でも細かい阿部さんの仕種はいちいち女の子で可愛かった。内股だし。
靴下の生足も黒いストッキングの足もベットで寝転ぶ裸足も綺麗でした。
…スイマセン、アシばかり観ていた訳ではないです。

阿部さんの目がキラキラ輝いていた…。
市川さんの目も輝いていた。凄く大きかった。
舞台の端とかでも、姉妹2人が、目線合わせて微笑みあったりする
とこが凄く優しくて可愛くていいなと思った。

阿部さんの動きが凄く面白かったです。生霊とか。
連続回転キック凄い!感動とともに笑いました。
ヒトエさんの上を滑り降りたり
新宿さんと同時にジャンピング座り着地とか
痛みを恐れないって感じで
(勿論、痛めない様上手く動いているんだろうけど)
思いきり動いていて圧巻。
これ毎公演やっているんだよなあ…と改めて感動。

ヒカルが実は男で、度々話にのぼった
過去の事件と関係して…っていう話の展開が鳥肌。
さまざまに張られた伏線、回収。
広げたおっさんの両手が太陽の塔に。
上手くできているなあ…。

心の中で憧れていたおっさんは、会いたいんじゃなくて自分がなりたくて
でも成長しておばちゃんにしがみついて
だけどやっぱりスミレちゃんのお姉ちゃんで…って凄く
じいんと来ました。

格好いいよヒカルちゃん。


荒川さんの「まるねん」、市川さんが仰っていた通り凄くよい!と
始まってすぐ感じました。
本当にああいうおばさんに見える。
記憶を失って「メメント」みたいな事になって
(筆跡がそれぞれ違うのが書いた状況を伺わせて又切ない)
それでも旦那さんへの愛を呟き「情けない」って泣く所が悲しかった。

伊勢さん格好良かった…フライパン持って登場する姿が凄くて
馬場さんじゃなくても惚れた。

村杉さんが衛生サックを拾う時の足が、爪先立ちで
プルプルなっていてすごく面白かったです。
後、荒川さんが途中で村杉さんの足を「今こきッとなったで」(?)
みたいな事呟いていて笑った。

衣装替えして現れた村杉さんのスカートがまくれていて
阿部さんが横からスッと直してあげたのが
お姉さんな感じで素敵でした。(毎回?)
あと、「クヒオ」の名前に笑う。


馬場さんの神木君との対峙、
ふとシリアスになった時の「え?」って言い方にドキッと。怖かった。
演奏もしていて、ギターを弾く手が綺麗だなあ。
うんことカレーはくだらなくて笑いました。汚ぇよー!
でもその際お尻のポケットにスプーン突っ込んでいたのが
何かかっこよくて悔しいぞ。

蝶子さんのために、研究対象を、食→排泄へと
まるっきり逆にしたって言う設定がゾクリ。
後エロ目線が本当にエロくて最高でした。
宮藤さんは、植物っぽくもあるのに、
色気を出すと、非常に色っぽくて凄いと思う。
「涙を催涙弾で薄めるな」みたいな台詞のシーンは切なくて
緊張感張り詰めて見とれた。


松尾ちゃんのレザーの警官姿が素敵。
ちょこちょこ色々な役で出ていて登場の度に嬉しい。
にしきのの赤シャツステキ。

近藤さんなんとなく顔が赤かった様な。
今回渋くて素敵な役でした。新幹線で泣く所が静かに印象深かったです。
神木君とのキスシーンが普通に美しくて参った。
カクマルはなんだか心に残る役でした。

「やさしすぎるおまわりさん」の話が凄くツボで笑った。
ハンカチ取ったり鳩出したりの音とやり取りが面白くて好きです。


最前列で観て、迫力でした。
ヒカルちゃんが土下座する時の阿部さんの開いている目を見たり。
紙ちゃんのスイッチを消す手がこちらを指す様でどきりとしたり
松尾ちゃんの飛ばした水が掛かるんじゃないか(でも実際は絶妙な距離感)
と怯んだり臨場感満載。
舞台からはみ出る様な動き、感情のこもった熱気が伝わります。

ラストシーンは明るくて力強くて。
阿部さんの唄は流石の迫力。
おっさんになったヒカルちゃんは素敵でした。

ヒカルを守り切れなかった事への悔やんでも悔やみ切れない気持ち、
秘密を抱え、記憶を失いながら、家族への愛を持ち続けるヒトエさん。
張り合ったり喧嘩したりイガイガをはらみながらも
それでもお互い、やっぱり思いやりと愛情一杯の姉妹。


贖罪。過去の因縁に囚われ生きて来た人々。

チン切りされた者、自分が何者か、何を求めているのか知ったヒカル、
チン切りした者、愛する人の為に罪を犯しその罪の意識を抱えて
家族を見守って来た馬場。
最後には一緒に演奏してって言う構造を噛み締める。

傷付いた体で、大きな声を上げる蝶子さん。
再び育った場所に戻って来たスミレ。

瓦礫の中に唄。力強いラストシーンが印象的でした。
時の流れ。毎日毎日明日も逞しく生きて行く。

松尾さんのカーテンコールの言葉は
「沢山のまとまったお金を有難うございます。伝わりましたよ」
でした。(と思います。)

最初にも書いた通り私はその時代を知らないし
ある意味ちょっと離れた世界の話って感じだったんだけど、
でも、その離れた世界の人々の心に寄りたい、って思いました。
台詞を言った人でなく言われた人の表情を普通に見遣ったり
(こう言っているよ、みたいな気分)、入り込みました。


早く映像で見直したいな。
2006/06/02(金)22:26
遂に来た荒瀬フィーチャー回。
小出しにされて焦らされて。

まず待ち合い室での見事なこけ乱入登場から度胆抜かれる。
凄いなあ。ゴミ箱への当りっぷりとか。
舞台の時も思うけど、毎度体を使う時は
何をも恐れない様な動きをするよね。

「俺猫じゃないよオ~」って、原作にもあるんですか?
そのあとの絡みつきっぷりとか骨の抜けた様な動き。


当然の事なんだけど役の度に印象は変わる訳で
見た事ない様な表情が見られ。

香ちゃんを救急車の中で見下ろす顔とか
病院でブラインドに凭れた姿とか
手術後の朝田先生の言葉を聞く毒気の抜けた表情とか

いちいち書き切れませんがいちいち驚かされ
心奪われた。


ずっと好きなはずなのにやっぱり凄い役者さんなのだなあと
もう一度念を押される様な。



奥菜恵さん!「キレイ」ファンの私には嬉しい組み合わせ。
ケガレとハリコナだー。

今迄人外の様な姿ばかり見せた荒瀬先生の
人間臭い素顔が描かれ心打たれ

でも手術のシーンはやっぱりトリッキーで格好良く
(お立ちだ~い!とか最高だ)
朝田先生に惹かれてチームドラゴンに入り
今後は過去を抱えたまま新たな道へ踏み出す荒瀬先生。
主人公の仲間と言う立場になっての今後も目が離せないです。

そしてラストの岸辺一徳さんの表情にも目が離せないのでした。
2006/06/01(木)00:37
「吾輩は主婦である」ここのところの感想をまとめて。
おもしろいですね。こう来るとは。

開始前、みどりさんの意識は、
漱石が乗り移っても残っているのかな?と思っていたんですが、
まるっきり先生になっちゃうんですね。
先生のキャラが愛おしいです。心の声が本田さんって言うのがまた!

あと池津さんやっぱり素敵。いつも登場する度笑っています。

少し前の回の話ですが。
手紙の主「K.SHIMIZU」さん。
今迄テレビを観て来た中で、私は多分、
彼が画面に現れて、初めて拍手をしたと思う。
いやあ笑いました。


あと「タイガー&ドラゴン」ギャラクシー賞受賞おめでとうございます。

http://www.houkon.jp/galaxy/43rd.html
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。