道草しながらふと出会う様な楽しい事への感想をつづります。 大人計画、グループ魂、阿部サダヲさん、あと黒バラが多め。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/29(土)12:02
ウーマンリブ第九回公演「七人の恋人」の戯曲集が発売。

七人の恋人
七人の恋人


出演者アンケートと
宮藤官九郎さんのシナリオ仕立てあとがきも収録。
ポップな装丁を見ただけで舞台で見た恋のトキメキ☆が蘇る様な。
スポンサーサイト
2006/04/29(土)02:05
「カラフルメリィでオハヨ」
NYLON100℃の公演見て来ました!12日昼公演。
(って感想アップするの遅すぎだ自分。)
この作品は今回で四度目の上演ですが、私は映像も含め初見です。

以下ネタバレ含みます。






OPの映像は毎回楽しみなのですが、今回も格好いいし、驚きました!
実際のセットに上手く映像が乗る変わった趣向です。毎度洒落ています。

役者さん皆さん素敵でした。
ケラさん独特の台詞の遊びが心地いい。粋で笑わされました。


家庭と病院のシーンの交錯する構造が面白いです。
「老人」であり乍らみのすけさんの少年姿で
医者と話すというユニークさ。
なんとなく高野文子の漫画「田辺のつる」を思い起こしました。
こちらも大好きです。

絶対安全剃刀―高野文子作品集
絶対安全剃刀―高野文子作品集


患者達のシーンは和んで可愛いです。
杉田可笑しい。先輩かっこいい!全員それぞれ魅力的。バランス絶妙。
でも話が進むに連れ笑いに切なさも混じり、寂しさも味わって。
賑やかさの分静寂の孤独感に変わるというか。


笑えるのに切ない。
父から祖父への思い遣り。1人になって声を抑えて泣く
大倉さんの演技に心打たれます。

山崎さんは本当にこういう老人に見えて凄い。リアル。
突然奇行が露になる場面は衝撃でした。


一番笑った場面は柵にハマった祖父の頭を抜こうとした父が
(暗くなっている中も動きは続いていてなんとか抜こうとして
いるんですよね)
自分迄ハマってしまい、そのまま娘の部屋の異常事態に
混乱して…と言う場面。
峯村リエさんのとぼけたやり取り大好きです。
大きな体躯をフルに動かして舞台を走り回る大倉さんが最高!
流石に息のあった組み合わせ。
丁度大倉さんが滑り込んで来るのが目の前で迫力でした。

大倉さん、久々に舞台で見られて嬉しかったです。
実際に見てその喜びを想像以上にひしひしと感じました。
台詞の発し方、動き、佇まい、表情の1つ1つに惹き付けられます。

少し残念だったのが座席の位置の関係で、お茶の間のシーンに
見づらい部分が出てしまったところ。仕方ないんでしょうけど。
自分の席からは時折座った人物の表情が見えない時がありました。
映像で確認したいです。

三上市朗さん生で拝見するの初めてなのですが
映像で見て凄い存在感だなあと思っていたので嬉しいです。
怪しさ満点。



↓小ネタ。
古いセーターを出すシーンで舞う白い粉は龍角散?
前目の列の上手寄りの席なので香りが漂って来た様な気がするのですが。
(単に服用している人が近くにいただけだったりして…。)

2度目のカーテンコールで幕が降りて行くのに合わせて
大倉さんが顔を下げていって隣の市川さんになんか言っていた様な
気がするのですが何だったのだろう?とか気にしてみる。
2006/04/29(土)00:36
「まとまったお金の唄」稽古場潜入記事が。
阿部さんのカツラ!これで決定でしょうか?
大人しめで可愛いです。チラシの羽生生純さん
(この方の絵は吸引力が凄くて見ずにはいられないっす、好き)
のイラストで向かって左から市川さん荒川さん阿部さんってかんじかなと
もっとファンキーな髪型かとイメージしていました。勝手に。
遠景に見えるのは宮藤さんだろうか?これ又カツラ。

市川実和子さんと、松尾さんのコメントあり。


大人計画フェスティバル特集第二弾。
大人ちゃんと松尾ちゃん対談。ああこんな口調なのか大人ちゃん。
平岩紙ちゃんもゲストで、現在の個人的催し物の状況を。
2006/04/29(土)00:21
W杯が近付く昨今サッカーのCMが増えておりますね。
そしてキャッツの公開も確実に近付いている
って事を思い出させる嬉しいCM。
http://www.cocacola.co.jp/aquarius/index.html?category=afs
FREE STYLEという飲料のCMに岡田義徳さんと佐藤隆太さんが!
サッカーしてます、かっこいい!
2006/04/28(金)05:54
阿部サダヲさんが居酒屋のCMに御出演されていて
http://www.chanto.com/news/cm/index.html
もうご覧になられた方も多いのでしょうがHPでも見られます。
報われないというのに笑顔、悲痛さを感じさせない横分けさんです。
そのイニシャル「S」はサダヲの「S」でしょうか。
2006/04/28(金)05:43
佐々木蔵ノ介さんの表情に見とれた。目が潤んだ。

今回の荒瀬先生は眠いところカーテンひっぺがされてアイマスク取って
無理矢理起こされた猫のような。逆切れ気味の不機嫌。
でも主人公には興味ありな様。
体重当て凄い。43キロで「そんなにないわよ!」ってぇのもすごい。
2006/04/27(木)21:55
山賊ツアーのDVD26日に届きました!まだ見ていません。
M-ON特集番組でのインタビュー、
暴動が「石鹸は楽しいって言ってそう」って言った後
本当に「楽しい!」って言う石鹸、笑ったっす。

バイト君が「疲れた」連発して
凄い暗くてああバイト君カメラの映像楽しみ。
2006/04/26(水)05:01
港カヲル in 都会の山賊ツアー~演奏・グループ魂~港カヲル in 都会の山賊ツアー~演奏・グループ魂~
グループ魂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


港カヲル in 都会の山賊ツアー~演奏・グループ魂~
本日4/26にいよいよ発売です!
グループ魂、通算3作目にして初の2枚組DVDです。



M-ON!TVでのツアースペシャル見たら
ステージそのものは勿論、バックステージも
凄い楽しそうで期待大です。

自分の所には今日届く予定です。
2006/04/25(火)01:13
昨日の日記の続きと言うか。

松たか子さんゲストの宮藤さんのラジオで、
松さんファンの宮藤さんの元マネージャーさんの話が出ていて
ああ、男性唯一のマネージャーさんって言う方の事かな、
と「大人計画社長日記」をパラパラしながら
面白くてつい他の部分も読んでしまっていたら

社長さん、巻末の方に「今の夢は大人計画で学園祭の様な物をやること」
って仰っていたんですね。「フェスティバル」って言葉も出ているし。
うわあ読んだ筈なのにスルーしていた。遅いよ自分…!
ちゃんと実現させるって事ですね。凄いなあ。

ぴあでは隔週でフェスティバルの特集も組まれていますね。
寄せ書き楽しかった。このメンバーで1個の祭りを
立ち上げるのかと思うと…チケットとれるかな。いやとらねば。

ところでこの本
大人計画社長日記
長坂 まき子
4872338731

凄く面白いです。ラジオで以前宮藤さんも絶賛していましたけど。

大人計画の全てを内側から見つめて、支えて来た
社長さんの書く本ですから、面白くない訳がない。
大人計画の歴史、チケット入手困難な劇団になって行く過程、
社長さんの見つめた役者達の素顔、
マネージャーという仕事…
社長さんが大人計画に打ち込み、役者やスタッフと共に歩む様が
貴重な当時の写真とともに綴られて行きます。

昔の事も臨場感タップリに書かれていて
記憶に鮮明に残っているのだろうなあと。


様々なエピソードが綴られて行きますが、例えば、
阿部さん遅刻エピソードは何度も他の方から
語られていたのを聞いていたのに、又別の目線で
息を飲んで読み進めてしまいました。
(怒りで手が震えて煙草に火が付けられなかったとか、リアル…。)
その後の
役者としての魅力を発見→熱心な売り込み
→ドラマの役決定(躍る大走査線等)
も併せて、夢中で読んでしまう面白さです。

マネージメントと言う仕事、社長と言う仕事。
その視点で描かれると言う事が凄く新鮮で面白かったです。

「大人計画の半分は長坂まき子である」と松尾さんに言わしめた
彼女の立場ならではの目線で
描かれて行くと言うのが本当に貴重で興味深いです。
2006/04/24(月)21:04
ゲストはメタルマクベスに御出演、松たか子さんです。
イイ声だなあ。
カヲルさんの「松クン~」が面白かったです。


以前の舞台で古田新太さんに練習でカンチョーされて
本番ではされなくて「古田さんて素敵だなあ」の言葉に
「なんで?意味分からない!」と2人で反応していたのが笑いました。
(いいともに松さんが出演された際、タモリさんが矢鱈ここら辺の
話題に食い付いていたなそう言えば。古田さんファン?)

皆川さんにもチャンスのシーンがあるよ!って
宮藤さんの無理目の提示に躊躇するカヲルさんが可笑しかった。

新アルバムが発売されるそうです。
僕らがいた
僕らがいた


心あらわれる歌声に前後の話題を恐縮する宮藤さん。
松さんとカヲルさんの掛け合いは素敵でした。
稽古場では全然違った関係だから更に可笑しい。
2006/04/23(日)03:39
阿部サダヲさん誕生日4/23おめでとうございます。
そんな破壊さんからプレゼント。自分におめでとう。
今夜はM-ON!TVでグループ魂の都会の山賊ツアーの特別編。
2006/04/23(日)03:35
富豪刑事の続編嬉しい。
深田恭子さんのお嬢様っぷりをみているだけで楽しい。
衣装や桁外れのお屋敷での生活。
雑誌で見たけどハウステンボスなのですね。ロケは。
で、その富豪っぷりに歯がみする警察の方々も面白い。

個人的に一番好きなシーンはおじいさまが
「わしの金を良い事の為に、使ってくれるなんて…
まるでお前は天使じゃ!」とか感涙する辺り。

ここの寺島進さんは野に咲く花のようだ。
何を言うか。でも本当に。

平岩紙ちゃんが出ていらして
不気味で怖くてかっこよかったです。
あのけたたましい笑いとかさすが。

個性的な面々で楽しいです。
2006/04/21(金)05:02
ゆるキャラ大図鑑
ゆるキャラ大図鑑


ゆるキャラの本
ゆるキャラの本


みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー
みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー


ゆるキャラ。ああ愛おしい存在。待っていましたゆるキャラ日本一決定戦!
全国から選りすぐられたゆるキャラ達がしのぎをゆるく削る戦い。

きぐるみ達がみてくれにかけっこに地元愛に大奮闘!
それを見守る地元の方達との愛も泣かせる。

みうらじゅんさん、糸井重里さん、安斎肇さん、坂下千里子さんといった
審査員のコメントがいちいち面白くてずっと笑いっぱなし、
顔ゆるみっぱなしでした。

気になるキャラは数多くっつうか殆ど目が釘付けにされたのですが
私は個人的にい~ねくんに吸い寄せられました。
デザインも勿論、途中で幾度も萎むんだもの。ガムテーピングだもの。
風に向かって走ると凄いビジュアルだもの。
「蛸はいったい何の関連が…?」
「蛸関係ないですよ。稲の妖精です!」
とか笑いました。
さあい~ねくんののんびり村に遊びに行こう!
http://www.i-ne.jp/

決勝戦は某好戦的キャラの快進撃に
「これって寧ろ一番にオチたキャラのほうが
ゆるいって事なんじゃないか?」とも思いましたが
決着は巨木は動かずの勝利、きぐるみが脱げかけて…の決着が
とてもゆるくて相応しいと思いました。スギッチおめでとう!ゆるいよ!
http://www.pref.akita.jp/kokutai/index.htm
http://www.pref.akita.jp/kokutai/index2.htm

第二回も決定だそうで、是非集えゆるキャラ達!
面白かったです。
2006/04/21(金)04:40
キックにアンタッチャブルさんがゲスト。

シカゴマンゴのラジオドラマを宮藤さんが
脚本書き下ろしすると言う話について。

山崎VS柴田で宮藤さんは山崎さんの脚本を。
柴田さんの分はおぎやはぎの小木さんが書くそうです。
「リチャードホールで芸人さんに企画持ち込んで下さいって
言っても小木さんは持って来なかったのに…」
と宮藤さん。アンタッチャブルも言っていましたが
小木さんはネタを書いているイメージがないそうです。

でも小木さんは早速宮藤さんにライバル意識を燃やしているらしいとのこと。

魂との笑点時代の共演思い出話とか面白かったです。



で。さっき聞いたシカゴマンゴ。

宮藤さんは事前の打ち合わせの流れを組み乍ら、
予想を裏切る設定で、驚きました。こう来たか~と。
ラジオドラマと言う特性を生かして「見えない」、吸引力。
可愛い女の子の声で柄が悪いべらんめえ口調ってドキドキですね。
しかもそれはお馴染みの柴田さん役ってとこがまた。

小木さん脚本の主演女優は光浦さん。
終了後よってたかって解説する様に笑いました。
正直聞いている最中は何処ら辺を走っているのか
見失いそうにもなったのですが、
柴田さんと光浦さんの賛辞を聞いているとなんか本当によく聞こえて来る…。
不思議な味わいでした。台詞回しとか独特ですよね。

ゲストの小木さん光浦さんとのやりとり面白かったです。
3対1のパワーバランスも。

小木さんは普段ネタを書いても発表はしないそうなのですけど
今回発表して、当然の事なのでしょうが
人それぞれ世界を持っているのだなあと実感。それを面白く感じました。

番組終盤皆さんも仰っていましたが
又ラジオドラマ企画聞いてみたいです。
色々な人の世界を覗いてみたいと思いました。
2006/04/18(火)03:46
タモリのTOKYO坂道美学入門
タモリのTOKYO坂道美学入門


で。そのタモリさんの本。

「日本坂道学会副会長」タモリさんおすすめの坂達を
御自身の解説/写真でご紹介。
美しい写真に愛情溢れる紹介文、
地図も付いていて、ついすぐ掲載されている坂を訪ねてみたくなる
ゆったりのんびりと楽しい、上品なのに肩の力張らない、粋な本です。


ご自分の坂道好きっ振りについての文章も面白いです。
タモリさんの文章ってあまり私は読む機会無かったんですけど
やっぱりお上手で魅力的ですね。

幼少時代坂道に魅せられた描写、
飽かず坂道を眺めた毎日…そしてある日…。
当時の情景が目に浮かび、なんだか切なくなりました。

坂道好きの同士、後の日本坂道学会会長に出逢うくだり等、
心地よく、なんか胸に小さな灯のともる様な嬉しさと言うか。

この本を読んで、月~金曜日普通にお昼にこの人が見られると言うのは
幸せで凄い事なんだなあと改めて実感させられました。
2006/04/18(火)03:21
「マチベン」
大倉孝二さんがゲスト出演していらしたので見ました。
暗闇の中、差し込む光が顔に当たり、
秘密を抱えた男の叫びが浮かび上がる、その
表情が本当に素敵でした。
静かで渋い役で存在感に釘付け。

新選組!なキャストが多い感じでちょっと嬉しかったり。
飛脚はまだですかを思い出してちょっと悲しくなったり。

筋的には実名・写真報道がされた時点でなんか萎えてしまう。



「SMAP×SMAP」
タモリさんが満を持しての「ビストロ」ゲストで見る。
普段と違う感じは司会でなくゲストで出ているからですね。
あまり聞けない話を聞けて貴重。

イカスミ、変態論、デビューに至る細かな話。どれも興味深くて
普段しない「TVに向かって相槌を打つ」をやってしまいました。
「へええ」「ふううん」「うんうん!」とか。それだけのめり込んで。



「ガキの使いやあらへんで!」
のOPが面白くて!
今もヘイポー謝罪文のフレーズを思い出してにやけてしまう。
笑いました。
「とんでもないおサセがやってきた」
「史子が」
「アラ、いいですね」
「このタレントレベルでも」
西川史子さんのあの不快感をあらわにした睨み最高!
よく笑わなかったなあ。
2006/04/18(火)03:05
医龍メイキング

本編リアルタイムに見た後に、録画しておいたメイキング。
プラチナ金髪の阿部さんが素で喋っているのを初めて見ました。
荒瀬先生のあんな姿を見た後なのでマトモに喋っているのが不思議な感じ。

役者として魅力的な役って仰っていらっしゃって観客的にも楽しみです。
金髪は監督さんが「染めますか」って言って下さって…の嬉しそうな言葉に
すとーんと素直で素敵な方なのだなあと改めて。



カウントジャパン'05グループ魂特集

年末魂。「ロックの先輩」はやっぱり格好いい。
「TMC」を分担して歌っているのが、ライブならではで、いいなあ。
破壊さんの喋りが面白い!ダメだあんなの!って
何があったんだ。でも頷いた。ダメだ!
そのアドリブに暴動が爆笑しているのが面白かった。

最後破壊と暴動がダーと走って行って交差するのが
凄く格好良かったと思いました。シビれた!



新ナニワ・サリバン・ショー
魂短いッ!曲名って公式に載っていたけど歌放送されていないって。
でも最後とか見てライブ自体は楽しかったんだろうなあと。
2006/04/17(月)01:55
グループ魂のステーションIDのため色々録画していたら
山賊ツアーの映像特別編のお知らせで、
破壊さんがCMやっているんですね。

俺の誕生日、僕からプレゼントって一人称変わっているのが可笑しいな。

スリッパが飛んで演奏に繋がるのが綺麗。
2006/04/15(土)02:42
ゲームセンターCX DVD-BOX 2ゲームセンターCX DVD-BOX 2
TVバラエティ 有野晋哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


待望の第二弾!
【収録内容】
DISC 1(Vol.3):
有野の挑戦『スーパーマリオワールド/高橋名人の冒険島』
たまに行くならこんなゲームセンター「相模湖編」
特典映像:有野の挑戦『いっき』 [新撮影・TV未放送]

DISC 2(Vol.4):
有野の挑戦『たけしの挑戦状/ソロモンの鍵/ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』
たまに行くならこんなゲームセンター「妙法湯 のんびり温泉編」
特典映像:有野の挑戦『ゼルダの伝説 神々のトライフォース ~DVD限定 ディレクターズ・カット~』



スーパーマリオは未だに燃える。
2006/04/15(土)02:29
4/15
後 11:00~翌 0:30
忌野清志郎 35周年スペシャルライブ
NHKBS2

「ナニワ・サリバン・ショーのテーマ」
「トランジスタ・ラジオ」
「愛の行方」
「スローバラード」
「パープル・ヘイズ音頭」
「500マイル」
「ひとつだけ」
「パンチラ・オブ・ジョイトイ」
「芸術家」
「雪どけ」
「君が僕を知ってる」
「雑 踏」
「世界中の人に自慢したいよ」
「キモちE」
「JUMP」
「君が僕を知ってる」
「ドカドカうるさいR&Rバンド」
「雨あがりの夜空に」
「夜の散歩をしないかね」

忌野清志郎/矢野 顕子/山下久美子/BEGIN/仲井戸麗市
/グループ魂/GO!GO!7188/斉藤 和義/ハナレグミ
/間  寛平
                              
~大阪城ホールで録画~

参加できなかったンで嬉しいッス。                 
2006/04/14(金)18:44
見ました。CM開けに登場した荒瀬先生=阿部サダヲさんの衝撃。

予告でちらっと見てはいましたが予想以上のヤバさですね。
正に「足下が覚束ない」動きが凄い。
表情。白目を向く様な目つき。
本当にそう言うラリっている人に見える。
しかもそれなのに魅力的ってどう言う事。

襟首掴まれて猫かって感じで退場する時も手を放したらズズズと下がって
途中で止まるし。気になって仕方ないです。
最後、夏木マリさんが遠くから主人公を
見るシーンの荒瀬先生も見たかったよ。

お話はこれから個性豊かな面々がチームを組んで行くのかな?
池田鉄洋さんが出ずっぱりで面白かったです。
最後嬉しそうにキーボードに向かう姿が嫌な役なのに笑える。
2006/04/13(木)03:00
愛のささやき
嶺鶯 嶺輝子 前田俊明
B000BVMD62


駄洒落商品、社長からの挑戦状シリーズ大好き。
下らないのに懸命に考えていて当たると結構嬉しいんだよねえ。
かぶと虫さいとうさんがクレッシェンド君に迄
「さいとうのバ~カ」呼ばわりされているのは笑いました。

タキシードセーラー目撃情報も下らなくて脱力系でイイです。
トリノに行くのかと驚きました。
徳光さん迄協力させて何処へ行くタキシードセーラー。
これリアルタイムで目撃したいなあ。



なんと言っても今回は嶺鶯さんだ!
歌謡祭ネタ待っていました!
良純さんもタイトルの時点でああこれね!と忘れるはずもないインパクト。

新曲PRの為勝俣さんがなんと「嶺鶯大使」任命!
ポジティブ映像集、「広がって行くのよ」60回以上も使っているのか。
「誰もが慎重に言葉を選ぶ中…」って表情笑った。
「アメリカンタンゴ」に合わせて勝俣さんの映像とコラボは爆笑&撃沈。
やっぱりこのPVは必見。

ミスター前向き、さすが、早速それなりにやる気を見せるのに脱帽した。
「嶺は~」って身内扱い。凄い。

前向きパワーでブレイクするかも。
2006/04/12(水)04:38
テンプレ色を背景だけ変更してみました。

季節の感じに。桜な感じに。

♪ソーケンビチャッ。
2006/04/12(水)03:51
ドッグヴィル プレミアム・エディション
ドッグヴィル プレミアム・エディション


画面に広がる灰色の床。
その上に白い線で描かれることで表される建物、畑、道路…。
そして一匹の犬。 「ドッグウィル」と呼ばれる村。
無機質で異様な光景の中、この村の人々は日常を送っている。
ある日、1人の女性グレースが、村に逃げて迷い込んで来た…。

以下ネタバレ。




ラース・フォン・トリアー作品は
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と「キングダム」しか見ていませんが
あの悪趣味な、水分はらんでいるのにカラッとした様な暗さがなんか癖になります。
キングダムはハマりました。笑えるし。


暗くて、ひたすらヒロインが不幸な目にあって…ってだけで終わらず
最後には驚きが待っている。

白い線のみで村を表現する方法は
斬新で無機質な印象を与えますが、それだけでなくて
最後に白い線をさっと消し村の全てを無にする、という効果を知った時、鳥肌が。

貧しく閉鎖的な人々。自分は善人だと信じている人々。
集団心理と慣れで、エスカレートする悪意。

(又途中で一瞬、上手くやっていけるのかな?とか
ヒューマニズムな感動に一歩踏み入らせたり微妙に錯覚させるんだよなあ)

物語を追って見たら、増長する村人に苛められ抜いて
最後に立場を逆転させる主人公の図にスッとしたのは事実。でも


許して許して最後に裁く主人公。
この村の命運を握る彼女は傲慢ではないのか。
カタルシスを感じてよいものか。

炎の中彼女は泣く。
酷い仕打ちを受けたから。村を消失させなければならないから。

何より傲慢な涙の図なのではないだろうか。


巨大なスケールで物語を覆すラストに驚き
とりあえず「ヴェラの眼鏡かっと飛ばしてェェ」程度の事思っていた自分は
小せえなあと思うのでした。

斬新で面白く色々考えさせられました。

ドッグヴィル コンプリートBOX
ドッグヴィル コンプリートBOX


ドッグヴィル スタンダード・エディション
ドッグヴィル スタンダード・エディション


ドッグヴィルの告白
ドッグヴィルの告白
2006/04/11(火)04:28
4/9分キック・ザ・カンクロー。
稽古の情報とか大人フェスの情報とかが入って来て嬉しいです。
台本今回もいち早く手放す阿部さん、
自分の所以外を飛ばす村杉さんの話は笑いました。

フェスに自分だけ沢山の案を出したんでは?と
宮藤さんが懸念していたら
その上に顔田さんがいたって話は面白かったです。
伊勢さんの間違い探しは見たいなあと思う。
個人差が色濃く出て案を出さない人は全然出さない
阿部さんも何も書かなかったという話は個性が出ておかしい。
確か荒川さんも検討中だったのでは。


ところでTBSラジオを聞いていたら
アンタッチャブルのシカゴマンゴのCMをやっていて
4/20にラジオドラマをやるのだそうですが
その脚本をクドカンが手掛けたとのこと。

CMにも宮藤さんが一緒に出て、山崎さんに
「宮藤さん、ラジオドラマは甘くないですよ!」とかいわれて
「やるの初めてでしょ?」と返していました。

宮藤さんは好きな芸人にアンタッチャブルを挙げたり
リチャードホールでも一緒にお仕事したりなので面白そうですね。
2006/04/11(火)01:41
「医龍」チームで阿部サダヲさんは出ませんでしたが

中居さんと良純さんの絡みが面白かったです。黒バラファン的にうれしい!
アーチェリーをしようとする直前の良純さんに
「良純さんは天パーですか?」とか「能登半島って何処だっけ?」とか
「明日の天気は?」まで。因みに良純さんの予報は(もう今日ですね)
「昼から崩れます」だそうです。皆さん傘の御用意を!

ぶーぶー言いつつイチイチこなして見せた律義な良純さんと
いじって笑う中居さん。

後、良純さんや竹山さんも一緒に出ていた
「くりぃむナントカ」のSPで
見事「小学生が選ぶバカだと思うタレント」に
(黒バラのに慣れているので直截的な表現だなあーと感じてしまう)
若槻千夏さんが選ばれ、電話で有田さんに「九九出来ないって本当?」等と
言われていました。
因みに若槻さんの答えは「七の段とか苦手ですね」ってこれも笑った。
2006/04/09(日)02:04
夜見た「ガンリキ」。

そのリアクションを本気で取る人と、演技している人を眼力で見破ると言う、
クイズ形式の番組。
面白かったー。特に芸人3人ニセ番組の。

ふかわりょうさんが格好良かったです。
「お菓子を投げるのは…」っていきなりのきちんとした反論とか
女の子への庇い方とか。
顔面から血の気引いていたんで演技じゃないなと思ったけど
間違っている事に対し黙っていられない人なのだろう。
「空気読まない」とも言われていて、笑い乍らああ成る程と頷かされたが
それを含めてちょっとグッと来た。素敵。

劇団ひとりさんの不貞腐れっぷりも笑った。殆ど顔下向けちゃっているし。
「俺いなくなった方がいい?」の質問の後の
「とんでもないッスよ」の言い方とか、
怒りと馬鹿にし加減が含まれていてツボ。
壁際の立ち尽くしには、スタジオで非難されまくりで可笑しかったけど、
ネタばらしの後の「適当にハイハイいっときゃ良いのに」って辺りに
対当にやり合いたくもねえと言うスタンスが見て取れた。

2人の「馬鹿げた面白くない事」への対応のちがいが
それぞれ面白かったです。

「きちんと反応のある感じ」で、演技しているのは
塚地さんかなと思ったんだけど、上手いなあ。

皆さん演技上手くて、だから最後の大立ち回りは勿体無い印象。
やりすぎというか。何故ふかわさんの反論はスルーで
さっさと切り上げるのに塚地さんには矢鱈に突っかかるのかとか。


番組全体を通して。
クイズこの他にも何問かありましたが、正解しました。
最後の竜ちゃん以外は。

上島さんやっぱり凄いなあ。
2006/04/08(土)22:44
8/28の記事で事実と異なる記述をしてしまっていた事が
ご指摘(ありがとうございます!)により判明しました。
もう記事を読んで下さっていた方&ご本人様方申し訳ありません!
記事訂正いたしました。
2006/04/08(土)02:18
ニャ夢ウェイニャ夢ウェイ
松尾 スズキ 河井 克夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


松尾さん&河井さんの最新作。オロチ可愛い!

2006/04/08(土)01:58
この前のSMAP×SMAPビストロスマップで
中居正広さんがダウンロードをフランボワーズと
間違えて覚えていると言うその現場。
スマスマで前も間違えていて、未だそれでインプットされているようで、
刷り込みの威力を見せつける。因みに、正しい言葉を導き出したのは吾郎ちゃん。
流石SMAPの穴の住人。
中居さんはメールできる機能の電話は買ったのですが
ほんの1文送信でも、まだ何時間も掛かるらしいです。
液晶画面を時間ぐっと押す映像が忘れられないですねっつうか忘れない。

同じく今週のみなさんのおかげでした。
食わず嫌いのお土産の練り製品に食い付いた石原良純さん。
勝俣さんも出演されていて、「練り大使だからねえ」の話題に。
でもじゃんけんで負け食べられませんでした。
「練り大使はこの局じゃないからね」とは良純さんの敗戦の弁。
黒バラメンバーが揃うと、すかさずこういう嬉しいツッコミ入ったりして。

余所の番組で時折見られる黒バラテイストは、番組好きには思わぬ嬉しい機会。
大人計画 関連
最近の記事
カテゴリー
グループ魂
ブログ内検索

最近のコメント
最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
プロフィール

昼

  • Author:昼
  • 演劇、映画、本、テレビ、色々見るのが好きです。

月別アーカイブ
RSSフィード
 | 道草に花TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。